特集
カテゴリー
タグ
メディア

宿泊先のホテルでクレジットカード詐欺の被害にあった。 その手口と対策は?

宿泊先のホテルでクレジットカード詐欺の被害にあった。 その手口と対策は?
Image: Pexels

クレジットカード詐欺がこれだけ横行すると、自分のカードを守るのも大変です。

手っ取り早い対策として、クレジットカードの情報を電話で伝えるのは危険、ということを知っておくといいでしょう。

ATMに仕掛けられた読み取り装置から、カードのデータが盗まれたり、悪用されたりする犯罪については、知っている人も多いでしょう。

実際、私も過去にクレジットカード番号を盗まれたことが何度かあるのですが、これらはすべてこうした読み取り装置によるものでした。

電話で情報を騙し取る手口はまだ生きている

しかし、ターゲットに電話をかけて情報をだまし取るという、昔ながらの手口を使う詐欺師も後を絶ちません。旅行に関する情報サイト「The Points Guy」で体験談を披露したKimさんの場合もそうでした。

Kimさんはマリオット系列のホテルに泊まり、ルームサービスの朝食をオーダーしました。それからまもなくして、キムさんの部屋にホテルの従業員を名乗る者から電話があり、オーダーに問題があったためもう一度カード情報を読み取る必要があると告げられました。

ちょっと怪しい感じはしたのですが、電話をかけてきた人は私の名前と部屋番号を知っていました。私が朝食を頼んだことも、部屋付けになる朝食代の正確な額も知っていました。

私は部屋で仕事をしていたので、わざわざロビーまで降りていって、フロントでカードを見せるのも面倒に思いました。それでつい、電話でカード情報を伝えてしまったのです。

それから数分のうちに、アメックスから電話とテキストメッセージで、食料品店のHickory Farmsで211ドルの買い物にあなたのカードが使われているが、これは不正利用ではないかとの連絡が来ました。

Kimさんの場合は、カード会社がすぐに対応してくれたので、まだ運が良かったと言えるでしょう。

それでも、ほかの人たちも同じ手口で詐欺の被害に遭っているのではと、気がかりで仕方なくなったそうです。

ホテルの人と一緒に被害届を記入した際に、フロントの係員からは、ここだけの話として、「ホテル内の内線電話にアクセスできるのは従業員だけなので、従業員の中に業務のかたわら詐欺行為に手を染めている者がいる可能性が高い」との説明があったそうです。

ここまで巧妙な詐欺の被害から身を守るためにはどうしたらいいのでしょうか?

対策1:まずはフロントに行くこと

一般論として、対面でできる手続きであれば、そうするのが詐欺被害防止の近道です。

前段のKimさんが、もしフロントで手続きをしたいと申し出たら、詐欺師がどんな応対をしたのかはわかりません。

おそらくはKimさんに礼を言い、そそくさと次のターゲットに移ったことでしょう。その場合、Kimさんは被害に遭わずに済んだはずです。

わざわざ受付階まで降りていくのは確かに面倒ではありますが、「万が一」ということもありますから、ぜひフロントに行って直接話をしましょう。

対策2:かかってくる電話に注意しよう

これも一般論になりますが、誰かから電話がかかってきて、クレジットカードの情報を知りたいと言われたら、それはかなりの危険信号です。The Points Guy編集部も、Kimさんの体験談を紹介する記事で以下のようにアドバイスしています。

覚えておくべき原則として、こちらから問い合わせたのでなければ、知らない人に個人情報を教えてはいけません。この原則は電話だけでなく、メールにも当てはまります。

Kimさんのケースでは、詐欺師がホテルの内部情報を握っていたため、彼女は相手を信用し、情報を聞き出されてしまいました。

とはいえ、いかなる場合でも、かかってくる電話に対しては用心を欠かさないのが大切です。問題がないように思えても、電話の向こうにいる人が本当は誰なのかは、話をするだけではわかりません。

たとえほんのささいなことでも、何かがおかしいと感じたら、自分の直感を信じ、相手に対し「この電話をいったん切って、カスタマーサービスにこちらから電話をかけて問題を解決したい」という旨を伝えてみましょう。

もし相手が反対してきたら、これは間違いなく、詐欺師が誰かになりすましている証拠です。

あわせて読みたい

クレジットカードの素朴な疑問と6つの正解

資金0円からはじめられる、クレカポイント投資とは?

Image: Pexels

Source: The Points Guy

Aimée Lutkin - Lifehacker US[原文

訳:長谷 睦/ガリレオ

swiper-button-prev
swiper-button-next