特集
カテゴリー
タグ
メディア

塩麹を使ったポークステーキの作り方

塩麹を使ったポークステーキの作り方
Image: Lifehacker US

2018年個人的な大ヒット調味料、それはなんといっても塩麹です。日本古来の調味ペーストなのですが、発酵させたお米(いわゆる麹)に塩と水を混ぜ合わせたもので、食材に深みと味噌を彷彿とさせるような旨みを足してくれる優れモノです。

塩麹の活用法

塩麹の魅力を充分に引き出すコツ、それは"じっくりと時間をかけて食材に塩麹を付け込んでおくこと"です。食材の旨みを最大限に引き出すには、最低丸一日は必要です。

24時間付け込んでおくことで、肉が柔らかくなり、風味が増し、ほどよい塩加減と甘さになりますよ。時間がないときは豚ヒレ肉を塩麹1カップにしっかりと漬け込み、麹をつけていない側を高温に熱したフライパンで焼いてみるとよいでしょう。

塩麹を使ったポークステーキのレシピ

塩麹は食材店で手に入れることができますし、1~2週間時間はかかりますが、自分で作ることも可能です。今回は塩麹を使った、自宅で手軽に出来るおいしいポークステーキの作り方をご紹介します。

準備:

約1キロ弱の豚肉に対して塩麹はカップ1杯ほど用意してください。肉全体にしっかりと麹を擦り込み、フリーザーバックに入れてから冷蔵庫で寝かしておきます。

調理法:

準備はたったそれだけ!1日経ったらペーパータオルで塩麹を落として、120~130度の余熱でしっかりと温めておいたオーブンにクッキングシート敷いて肉をセットします。オーブン内の温度が余熱よりも15度ほど高くなるまでじっくりと熱を通していきます。

じっくりと火が通ったら豚肉をオーブンから取り出します。

同時にスキレットなどの鉄製のフライパンを用意し、その上にバターを乗せて、ぶくぶくと泡立ち、焦げ始めるくらいまで待ちます。そこに先ほどの肉を加えて、バターソースによく絡ませましょう。フライパンから肉を取り出し、ソースと一緒にアルミホイルにくるんで、5分か10分ほど経てば食べ頃です。

ぜひ次に豚肉を手に入れたら塩麹を試してみてくださいね。

あわせて読みたい

ハサミで切って煮るだけの手間なし調理。保存もできる旨味たっぷり「オイルさんま」

フライパンで作れ、時間がたってもカリカリ。黒コショウがきいてお酒がすすむ「フライドポテト」


Image: Lifehacker US

Claire Lower - Lifehacker US [原文

訳:saori

swiper-button-prev
swiper-button-next