特集
カテゴリー
タグ
メディア

普段の電球を付け替えるだけでIoT生活。機能もマグネット式で簡単にカスタマイズ可能な『stak』

  • カテゴリー:
  • TOOL
普段の電球を付け替えるだけでIoT生活。機能もマグネット式で簡単にカスタマイズ可能な『stak』
Image: stak

一家に一台あると便利なIoTリモコンですが、リモコン型や据え置き型である必要はありません。普段使っている電球を付け替えるだけでIoT生活ができる『stak』をご紹介します。

『stak』は、ベースとなる本体に、照明リモコンスピーカー…といったモジュールを積み上げて機能を拡張していく仕組み。

部屋に合わせてカスタマイズすることができるので、手軽に生活が快適になりそうです。

遠隔操作によるエアコンや照明のオンオフ

Video: stak / YouTube

IoTリモコンの醍醐味といえば、エアコンの操作。もちろん『stak』もリモコンモジュールで外出先から操作して部屋を暖めておくことができます。

また、一定圏外に離れたときに自動的に電源をオフにできるので、消し忘れの防止も可能。

家電のリモコンをひとつにまとめる

Stak-5
Image: Makuake

エアコン、TV、ロボット掃除機…といった複数のリモコンは『stak』ひとつにまとめられます

一般的な家電のリモコンに関しては、サーバーに登録済みの赤外線データが利用できますし、登録がないものは学習が可能。

また、Google HomeAmazon Echoの音声操作に標準対応。スマートスピーカーが対応しているコマンドで操作ができます。

新たな設置スペースも電源ケーブルも不要

Stak-6
Image: Makuake

『stak』は本体をWi-Fiにつなぐことで機能し、電源供給ソケットから行います。

コンセントやスペースを占有することがなく、モジュールの接続にはマグネットを利用していて、つけ外しも簡単

状況に応じてモジュールを臨機応変に変えることができます。

さまざまなモジュールで好みのカスタマイズを

Stak-3
Image: Makuake

『stak』はモジュールが自在に選べるカスタマイズ性が大きな魅力。

販売の2019年2月14日時点では照明モジュールとリモコンモジュールの2つですが、その後も新規モジュールがリリースされていく予定です。

センサーモジュールが加われば照度・湿度・温度・ガスなどを含めて家電操作の一歩進んだ自動化が実現できます。

ほかにも、見守りカメラフレグランス虫よけといった、便利なものからユニークな機能までさまざまなモジュールがリリース予定となっています。

キャンペーン中でお得なコースがあります

Stak-4
Image: Makuake

クラウドファンディングサイトMakuakeにて支援受付中の『stak』は、本体は480円(月額)、照明モジュールは3500円(税別)、リモコンモジュールは2500円(税別)で販売予定。

現在200名限定の「超早割」だと、本体17%オフの400円(月額)と照明モジュール50%オフの2450円のセットで7000円(税込)のコース、それにリモコンモジュール50%オフの1250円を加えたセットで8500円(税込)のコースがあり、お得に利用することが可能です。

すでに目標金額は達成していますので、開発が順調に進めば2019年2月末には製品が届きそうです。

あわせて読みたい

連休に遠出をする前にチェック! 留守の間に電源を切ったほうがいい家電とは?


Image: stak, Makuake

Source: Makuake, stak / YouTube

山田洋路

swiper-button-prev
swiper-button-next