特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール【新生活エディション】

フレンチプレスでいれたまま保温して、水筒として持ち歩けるコーヒーメーカー【今日のライフハックツール】

  • カテゴリー:
  • TOOL
フレンチプレスでいれたまま保温して、水筒として持ち歩けるコーヒーメーカー【今日のライフハックツール】
Image: ESPRO

レギュラーコーヒーをフレンチプレスで。そのまま持ち歩いて楽しむ贅沢なスタイル。

フレンチプレスとは、レギュラーコーヒーを熱湯で4分ほど抽出したあと、濾し器をゆっくりと押し下げてコーヒーかすを濾すいれ方のこと。

ペーパーフィルターの場合、水より軽い油分のほとんどがフィルターの方に残ってしまいますが、フレンチプレスならこの油分までしっかり抽出が可能。特有のコクが味わえ、コーヒー豆本来の味を最も楽しめる抽出方法だと言われています。

そんなフレンチプレスのコーヒーが手軽に飲める商品をご紹介します。

フレンチプレスでいれたら、そのまま保温して持ち歩ける

Video: Chris McLean / Vimeo

Espro の『TRAVEL PRESS』は、このフレンチプレス方式でコーヒーをいれたらそのまま保温して水筒として持ち歩けるコーヒーメーカー。

コーヒーかすと抽出されたコーヒーはダブル・マイクロフィルター機構で完全に隔離され、後から濃くなることがありません。

また、フレンチプレスの粉っぽさを抑える二重フィルター構造で、かすをシッカリ濾してくれます。よりクリアな味を好む人には、フィルター間にペーパーフィルターを挟む方法も用意されています。

保温機能もしっかりしている

ボディはステンレス真空断熱二層構造なので、中のコーヒーは最後まで温かいまま。これからの季節の強い味方となってくれるでしょう。

重さは345g、容量は300ml。Amazon.co.jpでも販売されており、5000円前後で購入することが可能です。

また、紅茶派には紅茶用の『TRAVEL PRESS』もあるので、こちらを選びましょう。

もっと軽くて大容量を求めるなら

なお、より軽さと容量を求める方には重さ277g、容量473mlの超軽量タイプもあります。

あわせて読みたい

「おいしく飲める量」を保冷・保温するタフな水筒【今日のライフハックツール】

ドリップそのまま電源不要で12時間も保温するポットつきコーヒードリッパー【今日のライフハックツール】


Image: ESPRO

Source: ESPRO, Chris McLean / Vimeo, Amazon.co.jp(1, 2, 3)

田中宏和

swiper-button-prev
swiper-button-next