特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール【新生活エディション】

2018年、ライフハッカー[日本版]の編集部員が使ってよかったライフハックツール:後編【今日のライフハックツール】

  • カテゴリー:
  • TOOL
2018年、ライフハッカー[日本版]の編集部員が使ってよかったライフハックツール:後編【今日のライフハックツール】
Photo: 香川博人

がんばったけどダメだった。

引っ越したマンションは、完全リフォームしてくれたのはありがたいけど、キッチン、リビング、ベッドルームの間仕切りにそれぞれ段差があり、最大段差は4㎝

これまで使っていたロボット掃除機では、がんばってくれたものの乗り越えることができず、スティック型コードレス掃除機『Shark EVOFLEX S30』を購入しました。

購入の決め手になったポイント

家電量販店でデモ体験したあと、購入を決めたポイントは以下の3点。

・パイプが折れ曲がる「MultiFlex」構造

家具やベッドと床面のわずかな隙間に、立ったままの姿勢でもヘッドが無理なく奥まで入り込むので快適に掃除ができます。しかも、完全に折り曲げて自立させると超コンパクト。収納場所に困りません。

・着脱式のダブル・バッテリー

バッテリーは、ワンタッチで本体から取り外しが可能。本体装着のバッテリーが切れたら、充電用ドックで満充電にしておいた予備のバッテリーと交換すればOK。充電切れで慌てることがありません。本体に差し込んだままの充電もできます。

・大小のゴミもサクッとキレイにする吸引力

見た目キレイになればいいかなと、ずば抜けた吸引力は考えていませんでしたが、DuoCleanクリーナーヘッドの2つの異なるブラシでフローリングやカーペットのゴミやホコリを素速く掃除してくれます。モーター音はうるさくないので気になりません。

evoflex_s30_05
S30モデルには、バッテリー2個と充電用ドックが付属。バッテリー1個の運転時間は、DuoCleanクリーナーヘッド装着時の標準モードで約19分、強モードで約12分。充電時間は、約3.5時間。斜めに写っているバッテリーを本体に差し込んでスタンバイ完了です。
Photo: 香川博人
evoflex_s30_03
DuoCleanクリーナーヘッドは、前面のローラーが大小のゴミをキャッチして、後ろのブラシが床面の溝やカーペットの中のホコリなど掻き出して掃除してくれます。
Photo: 香川博人

実際に、こんな感じに使っています

また、S30モデルに付属しているミニモーターヘッドは、ソファーやベッドの掃除を簡単・快適にしてくれるアクセサリー。これまでは、粘着テープのコロコロで掃除をしていたので、よりキレイになっているハズです。

evoflex_s30_04
ミニモーターヘッドで、ベッドマットと掛け布団を掃除。ダストカップにゴミが溜まっているのは、床掃除の後に行ったから。
Photo: 香川博人
evoflex_s30_06
標準装備の重量は3.33kg。スイッチを入れると前に進む自走式なので、重さを感じること無くスイスイと掃除ができます。
Photo: 香川博人
evoflex_s30_07
折り曲げた収納時のサイズは、高さが60.5㎝。コンパクトなので、クロークの隙間に置けますが、目に付く場所にしないと、掃除の習慣が身につかないので、キッチンの目立つ場所に。
Photo: 香川博人

ということで、数年ぶりに自力で掃除をすることになりましたが、使うたびに、パイプを曲げたり伸ばしたりするだけで、こんなに掃除がラクになるんだと実感しています。


Source: Shark, Amazon.co.jp

編集部員:香川博人


ライフハッカー[日本版]編集部員が今年使って、人にもおすすめしたいライフハックツールはいかがだったでしょうか。ライフスタイルや年齢、性別、趣味嗜好などさまざまなメンバーなので、実用的なものから趣味寄りのものまで出てきましたが、共感していただけるものがあったら幸いです。

2019年も『今日のライフハックツール』では、「オンオフ問わず生活を便利に豊かにしてくれるもの」にフォーカスして、さまざまなライフハックツールを紹介していきます。

あわせて読みたい

2018年、ライフハッカー[日本版]の編集部員が使ってよかったライフハックツール:前編【今日のライフハックツール】

2018年「今日のライフハックツール」で注目されたものランキング【今日のライフハックツール・ベスト版】

ライフハッカー[日本版]編集部

swiper-button-prev
swiper-button-next