特集
カテゴリー
タグ
メディア

iPhoneの充電ポートに溜まった埃がとれる! Simキーの斬新な活用法

  • カテゴリー:
  • TOOL
iPhoneの充電ポートに溜まった埃がとれる! Simキーの斬新な活用法
Image: MakeUseOf

iPhoneの充電がうまくいかず、ケーブルを替えても事態が改善しない場合、充電ポートのクリーニングが必要かもしれません。

これは、充電不良のiPhoneが持ち込まれたとき、Appleのテクニシャンが真っ先に確認する項目の1つです。

特別なツールや技術は不要です。家にあるものと普通の腕があればOK。クリーニングしても解決しないときは、修理に出すか、勇気があるなら自力で充電ポートを交換しましょう。

iPhoneの充電ポートが持つ構造上の問題

iPhoneの充電ポートにはカバーがないので、汚れがたまりやすくなっています。ポケットの毛玉、ゴミ、皮膚、毛髪、ペットの毛、その他もろもろ、歓迎しない汚れが蓄積されていくのです。

iphone_x_7
Image: MakeUseOf

そこに何度もLightningケーブルを差すので、汚れが圧縮されます。やがて充電端子の接触が悪くなり、まったく充電できなくなる日が訪れます。

最近のiPhoneではワイヤレス充電が可能になったので、この問題は軽減されつつあります。また、ケーブル側をきれいにしておくことも有用です。汚れや摩耗がないか、定期的に確認しておきましょう。

Lightningポートのクリーニングに必要な道具

充電ポートが汚いときは、自力でお掃除しましょう。

特別な道具や圧縮空気はいりません。多くのオンラインチュートリアルで圧縮空気がすすめられていますが、AppleはiPhoneのクリーニングに圧縮空気やエアロゾルスプレーを使わないこと公式に勧告しています。

これはおそらく、缶から出る空気の高圧により、iPhone内部で損傷が発生するのを恐れてのことでしょう。また、最近の機種では防水への影響も考えられます。ここで紹介する方法では、圧縮空気を使うことはありませんので安心してください。

筆者はかつて、iPhone 5sで充電できなくなったことがありました。幸いAppleCare保証期間中だったので、Appleに持ち込みました。対応してくれたGeniusは、充電ポートから汚れを取り除き、見事に問題を解決してくれました。

そのときのテクニシャンが使っていたのが、古いiPhoneのSIMキーでした。通常、SIMトレーの取り外しに使うものです。

sim_key_tooth_pick
Image: MakeUseOf

それ以降、私もSIMキーを使ってiPhoneの充電ポートをクリーニングしていますが、問題が起きたことはありません。かなり力を入れてポート内の汚れをかき出しても、壊れたことは皆無です。

あのGeniusも、注意深くも徹底的にクリーニングしていました。

端子部分への金属の使用に抵抗があるなら、細めの楊枝や竹串がおすすめです。ペーパークリップや細いピンなどでも構いませんが、鋭利な金属を使う場合は注意が必要です。

汚れを落としながらツールをぬぐうために、ティッシュや紙を使います。それから、クリーニング前後のポートの汚れを見るために、懐中電灯も必須です。

iPhoneの充電ポートをクリーニングする方法

まずはiPhoneの電源を切ります。クリーニング中は電源ボタンに触れないように注意してください。誤って電源を入れてしまうことがないよう、安全第一でお願いしますね。

slide_to_power_off
Image: MakeUseOf

次に、懐中電灯を使ってポート内をのぞきます。奥にある端子だけでなく、側面の溝にも汚れが蓄積しているのではないでしょうか。

inspect_lightning_iphone
Image: MakeUseOf

ここでいよいよ、楊枝、SIMキー、その他の細いツールの出番です。充電ポートに入れて、汚れをかき出しましょう。

ポートをかき出すたびにツールをぬぐい、再びかき出すのがベストです。

clean_iphone_charging_port2
Image: MakeUseOf

固着した汚れを落とすには時間がかかります。ときどき懐中電灯を使って、奥の端子が見えるかどうか、ポートの見た目がきれいになっているかどうかを確認してください。

ツールが楊枝であっても、力の入れすぎは禁物です。楊枝が折れて別の問題が発生につながることもあるからです。また、金属のツールの場合、力を入れすぎると端子を傷つけてしまうかもしれません。

注意:30ピンコネクタのiPhone、iPad、iPodの場合、端子数が多いため、より繊細な注意が必要です。

プロに任せる

自分が信じられない人は、お金を払ってプロに任せましょう。その価値があるかどうかは、上記の手順を読んでご自身で判断してください。

徹底的なiPhoneクリーニングは、スマホ専門の修理ショップに出すのがおすすめです。街角にある、スクリーン修理やバッテリー交換などをやっているお店です。Apple純正部品を取り扱っているお店も、そうでないお店もあります。

smartphone_repair
Image: MakeUseOf

ここで1点、覚えておいてほしいことがあります。修理ショップのテクニシャンにはツールや経験があるとはいえ、実際にやることは上で説明した内容と同じです。

Lightningポートの交換を検討する

Video: iFix video/YouTube

ポートのクリーニングをしても解決しないときは、ポートそのものの交換が必要かもしれません。ここでも選択肢は2つ。自力でやるか、お金を払って誰かにやらせるかです。

自力でやるなら、あなたの機種に合う正しいLightningコネクターと一連のツールを入手してください。iPhoneのカバーを開けるだけでも専用ツールが必要です。開けてからも、Lightningコネクターアセンブリにアクセスできるようになるまでに、たくさんのネジと部品を取り外さなければなりません。

保証期間外でも最高の修理を受けたいときは、やはりAppleに持ち込みましょう。

Appleのテクニシャンはもちろん純正部品を使っていますし、技術的にもよく訓練されています。その反面、サードパーティの修理ショップに比べれば値が張ります。

あわせて読みたい

アップデートした? iOS 12.1の見逃せない最新機能4つ

iPhoneのDockをカスタマイズできる、らしい

Image:

Source: YouTube, Apple

Original Article: How to Clean the iPhone’s Charging Port by MakeUseOf

訳: 堀込泰三

swiper-button-prev
swiper-button-next