特集
カテゴリー
タグ
メディア

スマホ・タブレットでの指紋認証や顔認証、セキュリティーは万全ですか?

  • カテゴリー:
  • TOOL
スマホ・タブレットでの指紋認証や顔認証、セキュリティーは万全ですか?
Image: charnsitr/shutterstock

ここ最近、アプリを使用する際に指紋認証顔認証を利用する機会が増えてきましたね。

例えばスマホを落としたり盗まれたりした際、ロックが解除された状態で他人の手に渡ってしまったとしても、この機能があれば大事なアプリにログインされることもないため、安心ですよね。

ただ、近年この機能を逆手にとったスキミング被害が多く発生しているのです。

スキミング被害の実例

iOSのアプリ、「Fitness Balance」を例にとってみてみましょう。このアプリは起動させるとすぐに"指紋を認証してください"というメッセージとともに、カウントダウンが始まります。

アプリを起動させてすぐにこのようなメッセージが現れ、カウントダウンが始まる時点で非常に怪しいアプリなのですが…。指示通り指をホームボタンに合わせて指紋を認証すると、アプリ内での課金支払い画面が現れます。ホームボタンに指を合わせたままの状態のためそのまま決済されてしまい、あっという間に約15,000円の決済が完了してしまう、という仕組みです。

今回はこのようなスキミング詐欺に引っかからないためのルールをいくつかご紹介します。

怪しいアプリへの対処法

まず、アプリを操作していて「何かおかしい」と感じたら指紋や顔認証を求められても対応してはいけません。普段からスマホを使い慣れていれば、アプリの購入やアプリ内課金をどのように支払うか、指紋認証や顔認証がどのタイミングで、どのような用途のときに要求されるものなのかは、大体分かると思います。

もし少しでもおかしいなと感じたら、その時点ですぐに操作をやめましょう。

また、指を指紋認証センサーにあてるような指示が出たり、指紋をきちんと認証して登録するために数回角度を変えて指紋を押すような指示が出ることがありますが、そういった場合は大抵数秒で認識するはずです。不自然なくらい長く指紋を認証させようとしている場合は注意が必要です。

またアプリを使用する際にはレビューを参考にするのも1つの手でしょう。単に星の数やコメントを鵜呑みにするのではなく、レビューを1つの参考情報として捉えてください。

もしそのアプリをダウンロードするのであれば、そのレビューに書かれていたことに注意しながら使用しましょう。

無料コンテンツをちらつかせておいて、アプリ内で高額な課金をさせようとするものなど、悪質なアプリには充分に気をつけてください。

それぞれのアプリへの課金状況をチェックし、理不尽な条件、また高額な金額の支払い履歴などがないかどうかを定期的に確認しておく癖をつけておくことも非常に重要です。また、何か支払ったときは、登録しておいたアドレスにメールが届くようにしておくとなお安心ですね。

返金を求めることも可能

もし不本意な支払いをしてしまっていたら、Apple社やGoogle社に返金を求めることも可能です(問題を報告する、もしくはその他の意見問い合わせ窓口にて対応が可能です)。

両社ともに明らかに悪質なケースでの支払いの場合には、返金をしてくれます。万が一そのようなことが起こったらなるべく早くに問い合わせをしてみましょう。

最も確実にこういったスキミング被害に合わない方法、それは課金の際に指紋認証や顔認証を一切使用しないことです。

パスワードを設定し、都度入力する手間はありますが、逆に言えば購入する前に一息おいて、本当にその課金が必要かどうかを再考する時間ができる、ということにもなります。

指紋や顔認証の使用有無は設定画面から簡単に変更することができますから、一度検討してみてはいかがでしょうか。


Image: charnsitr/shutterstock

David Murphy - Lifehacker US [原文

訳:saori

swiper-button-prev
swiper-button-next