特集
カテゴリー
タグ
メディア

【読者限定セールも開催!】スタイリッシュでありながら機能的。Joseph Josephのスマートなダストボックスまとめ

  • カテゴリー:
  • TOOL
【読者限定セールも開催!】スタイリッシュでありながら機能的。Joseph Josephのスマートなダストボックスまとめ
Image: Joseph Joseph

シンプルなデザイン。想像以上に利便性のあるトラッシュボックスたち。

「ゴミ箱にもお金をかけたほうがいいよ」というと笑われるかもしれませんが、そこには理由があります。

例えば、ゴミが溢れそうになっても圧縮してくれたり、分別が非常に簡単だったり、私たちが面倒だなと思うこともゴミ箱のおかげで簡単にできるように。

しかも、ゴミに関するちょっとしたストレスから解放してくれることは、毎日積み重なるものだと考えると大きなメリットだと思うんです。

そこで今回は、洗練されたフォルムと機能にこだわったプロダクトを展開するJoseph Josephから、スタイリッシュかつ多機能さを兼ね備えたダストボックス2タイプをピックアップしました。

ゴミの分別のしやすさに特化した「トーテム」

josephjoseph1
Image: Joseph Joseph

分別に自由を与えてくれるダストボックス「トーテム 48L」。上下に分かれており、それぞれに異なるタイプのゴミを収納できることが特徴です。一般ごみとペットボトル、ビニールとビンといったように使い分けられます。

一人暮らしなどでゴミが少ない場合は、下の段にゴミ袋や掃除用のウェットシートなどの収納場所として使用することも。工夫次第でキッチン周りのお掃除グッズなどの保管場所としても活躍してくれます。

josephjoseph2
Image: Joseph Joseph

上段と下段はそれぞれ24Lずつ。引き出しタイプの下段は、仕切りをつけることで、2つのスペースにわけて使用可能です。

上段はタッチで開閉できるタイプ。蓋を直接触ることがないので、手が汚れることもありませんよ。

josephjoseph3
Image: Joseph Joseph

また、生ゴミなどの気になるニオイを除去するための、専用カートリッジを蓋に取り付けることもできます。こういった細やかな工夫も嬉しいところ。

josephjoseph4
Image: Joseph Joseph
josephjoseph5
Image: Joseph Joseph

中のボックスなどは取り外しも簡単で、ゴミ袋の装着も楽々、汚れが気になった時は水洗いしてスッキリさせられますよ。

josephjoseph6
Image: Joseph Joseph

さらに、大容量の60Lタイプのものは、蓋つきの生ごみ用キャディ(4L)も付属していて、料理の際はキッチンに置いて生ゴミを捨て、使い終わったらゴミ箱に戻してあげるだけ。料理中も後片付けの際もスムーズですし、蓋を閉めることで嫌なニオイをシャットアウトしてくれるのは非常に嬉しいですよね。

josephjoseph7
Image: Joseph Joseph

サイズは48Lと60Lの2タイプで、48Lはホワイト系のストーンと、ブラック系のグラファイトの2色。

josephjoseph8
Image: Joseph Joseph

60Lは、上記2色に合わせてステンレスタイプも展開されていますよ。

Video: Joseph Joseph Japan/YouTube

動画もありますので、あわせてチェックしてみてくださいね。

>>「トーテム」の詳細はこちら

圧縮してゴミの量を減らしてくれる「クラッシュボックス」

josephjoseph9
Image: Joseph Joseph

スペースラグジュアリーという発想から生まれたダストボックス「クラッシュボックス」。キッチンに馴染むように、スタイリッシュなデザインが特徴で、2018年度グッドデザイン賞ベスト100にも選ばれています。

蓋は足で開けるタイプで、こちらも手を汚すことなくゴミを捨てることが可能です。

josephjoseph10
Image: Joseph Joseph

1番の特徴は、コンパクションプレートでゴミを3分の1に圧縮できるということ。ゴミ箱がいっぱいになったら、手で押し込む人は多いとは思いますが、クラッシュボックスは最初から押し込める機能が付いているんです。

これで、手を汚したり力をかけることもなく、ゴミを圧縮してくれます。ゴミ捨ての回数を減らしたり、ゴミ袋の節約になるのも嬉しいポイント。

Image: Joseph Joseph Japan

その様子はこちらの動画でチェックしてみてくださいね。

josephjoseph11
Image: Joseph Joseph

30Lの大きめのタイプの他に、スリムな20Lのタイプもありますよ。一人暮らしなら、20Lでも十分でしょう。

josephjoseph12
Image: Joseph Joseph
josephjoseph13
Image: Joseph Joseph

ステンレスタイプの他に明るめカラーのストーン、暗めカラーのペブルがあります。

お値段は20Lで17,280円〜。普通のゴミ箱よりは高価ですが、それに見合った機能とデザイン性があります。

>>クラッシュボックスの詳細はこちら

トーテム、トラッシュボックスどちらのタイプも、中身が見えてしまうこともなく、クリーンなイメージ。

スッキリとしたフォルムとデザインでありながら、多機能さを兼ね備えているので、インテリアとしても機能面でもキッチンで活躍してくれるでしょう。

そして、こちらの記事を読んでくれた読者限定で、今回ご紹介したJoseph Joseph「クラッシュボックス」のペブル(20L、30L)が、10%オフになるクーポンを配布します!

現在、Joseph Josephのサイトにて10%オフセールを開催中ですので、クーポンを合わせることで合計20%のオフの割引が適応されるチャンスですよ。セール期間は2019年1月14日まで

対象商品は、

・クラッシュボックス 30L:ペブル(セール価格で税込27,000円)

・クラッシュボックス 20L:ペブル(セール価格で税込21,600円)

以下の、Joseph Joseph公式ECサイトにてご購入の際に、クーポンコード「CBP10OFF」を入力すれば割引が適応されます。

>>「クラッシュボックス 30L:ペブル」の詳細へ

>>「クラッシュボックス 20L:ペブル」の詳細へ

年末も近くなり、大掃除なども準備を進めていく時期となりました。このタイミングでJoseph Josephのダストボックスを、新たに迎えてみてははいかがでしょうか?

2018.12.14:一部追記を行いました。

Image: Joseph Joseph

Source: Joseph Joseph, YouTube(1, 2

島津健吾

swiper-button-prev
swiper-button-next