特集
カテゴリー
タグ
メディア

Mac買ったらしておきたい、バッテリーが長持ちするキーボードの初期設定

  • カテゴリー:
  • TOOL
Mac買ったらしておきたい、バッテリーが長持ちするキーボードの初期設定
Image: Pexels

飛行機に乗る時はいつも、ノートパソコンの明るさをできるだけ低く抑えるようにしています。

ときどき、画面がよく見えなくて、目をしかめなければならないことがありますが、機内で電源タップが使えないときには、バッテリー駆動時間を少しでも長くできるほうがありがたいので、そうしています。

先日、CNETが新たなバッテリー節約術を紹介していました。キーボードのバックライトをオフにするという方法です。

キーボードのバックライトをオフにして節約

基本的なアイデアは、キーボードを操作しない状態が一定時間経過したら、バックライトをオフにするというものです。

常時オフにするわけではありません(薄暗い場所で使うときにはバックライトがやはり必要)。これは、Macを操作していないときにはディスプレイをオフにするという省エネルギー機能とコンセプトは同じですが、設定する場所は少し違います。

この設定を行うには、Macの[システム環境設定]>[キーボード]を開きます。[使用しない状態がXX秒経過したらキーボードのバックライトをオフにする]のチェックボックスをオンにし、オフにするまでの経過時間を選択してください。

20181213-mackeyboard02
Image: Lifehacker US

時間は5秒から5分の間のいくつかの選択肢から選ぶことになります。CNETは30秒をすすめています。それも悪くありませんが、個人的にはもっと短くてもいい気がします。

5秒にすると、短かすぎてライトが頻繁に点いたり消えたりするかもしれないので、あなたの使い方にもよりますが、10秒くらいが適当だと思われます。

いくつかテストをしてみて、自分の使い方に合った時間設定を見つけてください。

この設定だけでバッテリーが大幅に節約できるわけではありませんが、電源につないでないときには、バッテリーが1秒でも長く持つことはありがたいことです。

あわせて読みたい

生産性が高まる予感しかない。MacのFinderはタブ管理ができるんだってさ

「Windows対Mac」「PS対Xbox」など、テック界隈の終わりなき論争6つ

Image: Pexels

Source: CNET

Emily Price - Lifehacker US[原文

訳: 伊藤貴之

swiper-button-prev
swiper-button-next