特集
カテゴリー
タグ
メディア

栄えある1位は、ブルーな話。ライフハッカー[日本版]2018年人気記事TOP10

  • カテゴリー:
  • NEWS
栄えある1位は、ブルーな話。ライフハッカー[日本版]2018年人気記事TOP10
Image: Gettyimages

2018年にライフハッカー[日本版]で公開した約4100本の記事の中から、最も読まれた50本を、5日間にわたってランキング形式でお届けしてきました。いよいよ本日は、TOP10の発表です。編集部員の心の声とともにお楽しみください。

アップデートの度に賛否両論はある。だからちょっと待つ

TOP10:

Appleの最新「iOS 11.3」アップデートではバッテリー寿命を自分で管理できるけど、そうすべきでない理由

これ言われたら、本当に嫌…反面教師な話題

TOP9:

的確に人を傷つけることができるシンプルな言葉

これは価値観次第!だって美味しいコーヒーが飲みたい…

TOP8:

コーヒーのランクを下げると、人はもっと幸せになれる

あくまでも、参考程度に…

TOP7:

Amazonのレビューが信用できなくなった理由

その関係が無理ならば、さっと抜け出そう!

TOP6:

人はなぜ、付き合う人で人生が変わるのか?

嬉しいけれどやっぱり難しいアップデート

TOP5:

Chromeのアップデートに複雑な心境。バグとして報告するユーザーもではじめる

スマホは、気にせず充電します!

TOP4:

「スマートフォンを充電し続けるとバッテリーが劣化する」は迷信か?

読んだ瞬間試してしまった。ああ、便利!

TOP3:

iPhoneユーザーのみなさん、今すぐ2本指でリンクを押してみて

自重トレーニングがわかりやすく捗るイラスト

TOP2:

筋肉ごとに最適な筋トレがわかるチャートが便利だった

栄えあるトップ1は!?

TOP1:

米国眼科学会「ブルーライトは失明させない。PC用メガネも推奨しない」


公開時ツイッターでも大いに話題になった、ブルーライトの影響とブルーライトカットメガネの記事が2018年ライフハッカー[日本版]で、最も多く読まれた記事になりました。

ブルーライトは、直接目に強い刺激(失明につながるような)を与えるのではなく、長く浴びることで睡眠導入を妨げたり、ドライアイの症状を進ませる可能性があったりということを改めて納得できました。


平成最後のお正月を迎え、元号も変わる2019年は、どんな年になるでしょうか?

来年も、皆様の毎日に役立つ、知っていれば、少し人生がハックする、嬉しくなる情報をお届けしていきます。

それでは、どうぞ良いお年をお迎えください!


※ランキング対象記事:2018年1月1日~12月25日に公開された記事 約4100本(Sponsored記事および過去の掲載記事、転載記事は含まない)

Image: Gettyimages

ライフハッカー[日本版]編集部 丸山

swiper-button-prev
swiper-button-next