特集
カテゴリー
タグ
メディア

性格別お金管理術:捨てられない・先延ばし・完璧主義・現実逃避タイプへのアドバイス

性格別お金管理術:捨てられない・先延ばし・完璧主義・現実逃避タイプへのアドバイス
Image: HomeStudio/Shutterstock.com

2014年9月12日公開記事を再編集して再掲しています。

お金に関するアドバイスは巷にあふれていますが、どれが合うかはあなたの性格次第です。そこで、完璧主義者、先延ばし主義、捨てられない性格など、あなたのお金の人格に合わせた4つの戦略を紹介します。

楽しい午後の出費よりも、お金の管理の優先順位が高いという人はあまりいないのではないでしょうか。

でも、ここで紹介するToDoリストは、クローゼットの掃除やガレージの整理などと同じぐらい大切なこと。いくら先延ばしにしたところで、いつかは必ず取り組まなければならないのです。

一方で、お金を順調に稼ぎ続けることができるかどうかは、あなたの行動だけでなく、あなたがどんな人物かにも大きく左右されます。

つまるところ、ある人にとって役立つアドバイスが、あなたにもそうであるとは限りません。自分に合わないやり方をいくら導入したところで、続けるのが苦しいだけです。

そこで私たちは、一般的なお金の人格4つに関して、その背後にある心理学を掘り下げてみることにしました。そのうえで、お金管理のプロに、タイプ別の強みと弱みをどのように磨けばお金に困らない生き方を送れるか、アドバイスを聞きました。

性格その1:捨てられない・ため込みタイプ

140905money2
Image: Flickr

世界中のコンピュータに蓄積されたデータが、一斉に消えてしまったら。

捨てられない性格のあなたは、そんな「ペーパレス時代のアルマゲドン」にも対応できそうです。あなたの机の上や引き出しには、何カ月も前のレシート、何十年も前の銀行明細、昔の家の電気料金の請求書が保管されているのですから。

でも、そのため込み癖、そろそろ自分でコントロールできるようになった方がいいですよ。

Organize Now!』の著者であるライフオーガニゼーションエキスパート、Jennifer Ford Berryさんは、このように言っています。

ため込み癖の原因は、何を捨て何を取っておくのかについての教育を受けていないことがほとんどです。必要な書類を捨ててしまうことが怖くて、安全のために何もかもをため込んでしまうのです」

お金に関する個人情報へのあなたの慎重さは称賛に値します。一方で、長い目で見ると、昔の書類をため込んでおくのは、人生を難しくしているだけとも言えます。

なぜなら、実際に特定の書類が必要になったとしても、山の中からそれを見つけ出すのは至難の業だからです

「それに、あなたにもしものことがあったとき、相続者は書類の山から必要なものをより分けなければなりません。重要なものを見逃してしまうことだって、十分に考えられるのです」とBerryさん。

捨てられない人へのアドバイス

捨てられない人は、書類の保管期限について大まかなルールを決め、それに従うといいでしょう。

『One Year to an Organized Financial Life』の共著者であり、投資アドバイザーのRussell Wild氏は、次のように説明しています。

税金のためにとっておいた方がいい書類はこちらです。

税金のためにとっておく書類

  • 全保有資産(家や株など)の記録
  • 年金、投資信託、学資保険などの投資口座の明細書
  • 銀行の明細書
  • 課税控除対象商品が記録されたクレジットカード明細書

次に、シュレッダーにかけて構わないものはこちら。

捨ててもよい書類

  • 1カ月以上前のクレジットカード明細書で、課税控除対象商品が記載されていないもの
  • 1カ月以上前の電話、光熱費の明細書
  • クレジットカード明細および銀行明細で照合が済んだレシートとATMの明細書
  • オンラインまたは外部のデータベースに安全に保存済みのファイルを複製した書類

すべての書類を捨ててしまうのが不安なら、ベリーさんの言う80/20ルールを覚えておいてください。

「ため込んだ書類のうち80%は不要なものであり、二度と見ることはありません。ですから、記録の保持は企業に任せるのがいちばん。情報が必要になったら、オンラインでチェックするか、電話をすれば教えてくれます」

性格その2:先延ばし主義

181212money-new
Image: pashabo/Shutterstock.com

先延ばし主義のあなたには、お金を何とかしなくちゃという意識はちゃんとあるようです。

ただ、それに取り組むのは、犬の散歩が終わってから/子どもたちをサッカーに送ってから/見逃したテレビ番組を見てからなんですよね。

気持ちはわかります。『One Year to an Organized Financial Life』の共著者である禅オーガナイザーのRegina Leedsさんは、「先延ばし主義者は、終了間際のドラマが好きな傾向があります。いつも〆切ギリギリに作業を終わらせるのですが、これは心、体、魂にとって、大きな負担となります」

さらに、財布にとっても負担なのは言うまでもありません。お金に関する決断を先延ばしにしていると、支払い遅延が発生したり、確定申告でストレスをためたり、投資のチャンスを逃してしまいます。

Wild氏はこう説明します。

「例えば、私のクライアントの多くが、金利がほぼ0%の口座にお金を預けています。ここにインフレ率を考慮すると、年間約2~3%のお金を失っていることになります。先延ばし主義者は、それだけのお金を支払っているのと同然なのです」

先延ばし主義者へのアドバイス

お金の整理を、恐ろしいタスクと思うのをやめて、楽しいもの、もしくは、少なくとも耐えられるタスクだと考えるといいでしょう。

Berryさん曰く、「部屋の隅っこの硬いイスに座って請求書に目を通すのはやめましょう。そんなことをするぐらいだったら、ろうそくに火を灯し、音楽をかけ、ワインをグラスに注いでください。さらに、カラフルなフォルダーやスタイリッシュなプランナーのように、見た目に美しいツールを使うのもいいでしょう。気に入ったものは、どんどん使いたくなりますから」

Berryさんはさらに、お金の整理プロジェクトをひとつコンプリートするたびに、自分にご褒美をあげることを勧めています。

例えば、予算の収支を合わせ、その月の請求書の処理が完了したなら、ディナーを食べに行くとか、映画を見に行くとか。楽しい終わり方をしておけば、次の作業に取り掛かりやすくなります。

これにより、先延ばしを回避できるのです。

性格その3:完璧主義者

140905money4
Image: Flickr

積極的で細かいことが気になる完璧主義者のあなたは、手を抜くことを知りません。ですから、お金のことをするにしても、きちんとやらなければ気が済まないのです。

ファイルフォルダはアルファベット順に並べ、収納ケースはしっかり色分けをするのでしょう。そんなあなたは、物事をきっちりと整理することが大好きで、必要なタスクをリストアップすることも得意でしょう。

でも、その性格が災いすることもあるのです。「すべてを完璧にこなせるだけの時間を確保できないと、どんどん先延ばしにしてしまい、最終的に何もしなかったなんてこともあります。それに、すべてをそつなくこなそうとすればするほど、不要なストレスをため込んでしまいます」とBerryさん。

例えば、ファイルキャビネット用にかっこいいラベルを作ることにエネルギーを注いでしまい、本当に大切なことをするエネルギーが残っていないなんてことにもなりかねません。

また、レシートの保管方法に凝りすぎて、欲しいレシートを見つけるのに30分もかかるようでは意味がないのです。

完璧主義者へのアドバイス

過剰な分析が麻痺状態をもたらすのですから、シンプルを貫くのみです。

「私のモットーは、『"まあまあ"こそ新しいパーフェクト』。忙しい人生、カリスマ主婦を目指している暇はないのです。とりあえず、お金の行先を把握できていて、遅延料金を払っていないのであれば、それで十分ではないですか」とBerryさんは言います。

完璧主義者は目標重視の傾向があるので、お金に関するタスクの期日を決めて、カレンダーに記入しておくのが効果的。

「厳密な境界線を定めておかない限り、〆切をどんどん延ばしてしまうでしょう」とLeedsさんは書いています。

性格その4:現実逃避

140905money5
Image: Flickr

お金の問題への対処なんて、あなたのレーダーにはひっかからないのでしょう。いや、それどころか、あなたの成層圏には、そんな概念は存在しないのかもしれませんね。

先延ばし主義者の場合、モチベーションの後押しさえしてあげればいいのですが、現実逃避者は目隠しをしている状態なので、常習的な支払い遅延や債務増加など、より大きな問題になりがちです。

そんなあなたは、「現実から目を背けるとどうなるかを知る必要があります」とWild氏。

「短期的には、お金のことを考えない方が楽しいかもしれません。でも、その状態を続けていれば、楽しさよりもずっと大きな心配がやってくるでしょう」

現実逃避者へのアドバイス

あなたの言い逃れの根底にあるものを見つけることで、自分を制御できるようになり、状況を変えられる力が生まれます。

「あなたの現実逃避癖は、育ちと関係があるのかもしれません。お金が正しく管理されていないカオスな家庭で育ったのでは?」とLeedsさん。

Berryさんによれば、「残高を見たくない、請求書の支払日が迫っている現実から目を背けたい」など、恐怖が現実逃避の原因になることもあります。

「どこから手を付けていいかわからない場合、お金の管理をすること自体が恐怖になることも」

その結果、何もしないことを選んでしまうのです。

現実逃避の真の原因を見つけたら、お金のことをきちんと考えられるようになるための、系統的なアプローチを考えましょう。

「習慣にしてしまえば、タスクを回避することは減るはずです」とBerryさん。

例えば、毎月同じ方法で請求書を支払うという方法はどうでしょう。毎月決まった日の決まった時間(15日の午後8時など)にアラームが鳴るように、携帯をセットしておきます。

そして、必要なものをすべて(コンピュータ、小切手、ファイルフォルダー、切手)、1ヶ所にまとめておきましょう。

他人の手を借りても構いません。配偶者と一緒に請求書の支払いをするとか、タスクをやらなければならない日の翌日に、友人に確認メールをしてもらうとか。プロのオーガナイザーを雇ってもいいでしょう。

最後に、現実逃避者は、作業の終わりに集中する傾向があります。

そこで、携帯などで、目に見えるタイマーをセットしましょう。そうすれば、時間が刻々と過ぎていく様子を見ることができます。

「15分や30分など、短い時間でいいのです」とBerryさん。

いちばん大変なパートは、着手するまで。ひとたび手を付けてしまえば、たとえ設定した時間より長くかかっても、たいていは最後まで続けることができるはずですよ。

あわせて読みたい

裕福な人に共通する、「お金の習慣」を身に付ける8つのステップ

年収300~500万円台でも貯金上手になれる。「めちゃ貯まる人」の特徴


Clear the Financial Clutter: 4 Ways to Organize Your Money Based on Your Personality|LearnVest

Molly Triffin(原文

Image: HomeStudio/pashabo/Shutterstock.com Joel Bez,Images Money, and Mitch Altman (Flickr).

訳:堀込泰三

swiper-button-prev
swiper-button-next