特集
カテゴリー
タグ
メディア

便利すぎ!25個の機能を持つ、世界最強のトラベルジャケット「BauBax2.0」

便利すぎ!25個の機能を持つ、世界最強のトラベルジャケット「BauBax2.0」
BauBax
Image: BauBax

Kickstarterで900万ドルを超える、アパレル製品としては異例の支援額を集めたトラベルジャケットの「BauBax」。その多機能ぶりが評価され、日本でも販売されたので、ご存知の方も多いでしょう。

今回紹介するのは、その後継となる「BauBax2.0」。初代をしのぐ多機能ぶりで世界的に注目を集めています。

日本でも、クラウドファンディングサイトのMotion Galleryにて割引価格で展開中(2018年12月17日まで。一般販売は未定)。目標金額の3倍近い成功を収めている、この製品の魅力を紹介します。

最強の理由は、収納するアイテムに合わせた便利なポケット

「BauBax2.0」の第一のメリットは、その収納性にあります。

旅行時に必携のアイテムをしまえる12ものポケットが付いていますが、ただやみくもに縫い付けられているわけではありません。

例えば、右側下の内ポケット。ここには、付属の「トラベル・ボトル」を収納できます(通常の500mlサイズのペットボトルもOK)。

181211baubax_1
専用ボトルからタブレットまで入るサイズの右側下の内ポケット(その上のポケットには、モバイルバッテリーが収容可能)
Photo: 鈴木拓也

「トラベル・ボトル」は、中身が空の時は、コンパクトに折りたたみ可能。また、ボトルにはカラビナ(金属製の開閉式フック)が付いており、ベルトループに掛けて持ち運びもできます。

さらに、このポケットは、タブレットをすっぽり収められるほどの容量があります(男性用はiPad Proサイズ、女性用はiPad miniサイズまで)。そして、Apple Pencilの収納ポケットも別にあります。

その反対側の左内側には、スマホ、イヤープラグ(耳栓)、(AirPodsなどの)ワイヤレスイヤホンが入るポケットが別々に設けられている親切設計。

181211baubax_2
左内側には、スマホなどを個別に収納できる複数のポケットあり(右に見えるのは付属のイヤープラグ)
Photo: 鈴木拓也

パスポートや身分証をしまっておく「パスポート・ポケット」は、すぐに取り出せるよう左外側にあります。その右側の「ドリンク・ポケット」には、缶飲料を1本入れておけます。

181211baubax_3
胸のポケットはパスポート・身分証用と缶飲料用の2つ
Photo: 鈴木拓也

首回りには、ワイヤレスイヤホンの紛失防止にと、ストラップが付いています。

181211baubax_4
外れたワイヤレスイヤホンが落ちて紛失しないようストラップが付属
Photo: 鈴木拓也

ネックピローやフットレストも付属

フード内側にはネックピローが収納されており、息を吹き込んで2秒で膨らませるようになっています(空気を抜くのもワンプッシュでOK)。

181211baubax_5
空気でふくらむネックピローがフード内側にビルトイン
Photo: 鈴木拓也

また空気を抜くとポケットに収まる「トラベル・フットレスト」も付属。

181211baubax_6
機内で両足を預けるフットレスト付き(空気を抜くと左にある収納袋に入ります)
Photo: 鈴木拓也

さらには、超軽量だけど暖かい「トラベル・ブランケット」も。こちらも、畳むとポケットサイズになり、機内で重宝するでしょう。

ポケットからさっとキーチェーンが出せる

外側の右サイドのポケットからは、カラビナ付きのリール式キーチェーンを伸ばせます。鍵をさっと取り出せて、なおかつ紛失する心配もありません。また、先端部にはボトルオープナーとホイッスルが付いています。

181211baubax_8
ボトルオープナーとホイッスルが先端に付いた、ポケット内から伸ばせるキーチェーン
Photo: 鈴木拓也

男女別に4タイプ、サイズ、カラーも充実

「BauBax2.0」は、ベスト、ウインドブレーカー、ボンバー、スウェットの4種類。

いずれもトラベルジャケットとしての役割を果たすだけなく、街歩きの普段使いでも違和感なく使えるスタイリッシュなカッコよさ。

181211baubax_9
バリエーションが豊富な「BauBax2.0」のラインナップ
Image: BauBax

いずれも男性用、女性用の別にあり、ベストやボンバーならブラック、ブルー、オリーブというふうに、カラーバリエーションから選べます。サイズもXS~XXXL(女性は~XXL)と幅広く展開しています。


「BauBax2.0」を開発したのは、シアトルに本拠を置くBAUBAX LLC。

創業者が、一時期サンフランシスコとシカゴを行ったり来たりする必要があり、8時間のフライトのたびにかさばるネックピローを持参するという煩わしさが、「BauBax」開発の動機になったそう。

初代「BauBax」は15個の機能を持っていましたが、「BauBax2.0」の機能は25個と大幅にグレードアップ。

一方で、国内での販売価格は、スウェットとウインドブレーカーが15,200円、ベストが17,200円、ボンバーが19,200円とお買い得(いずれも送料込み、クラウドファンディングの35%特別割引価格)。

旅行・出張の際にいろいろなアイテムを持ち歩きたい方は、購入を検討する価値ありの一品です。

あわせて読みたい

国内・海外旅行の持ち物リスト、荷物をコンパクトにまとめるには? 旅するデザイナーに聞く秘境旅のコツ

預け荷物不要! 小さく詰めて身軽に旅立つためのパッキング術


Source: Motion Gallery

Photo: 鈴木拓也

Image: BauBax

鈴木拓也

swiper-button-prev
swiper-button-next