連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

アプリ割り当てでスマホ捗る。電池不要で貼って使う『Air Button』

  • カテゴリー:
  • TOOL
アプリ割り当てでスマホ捗る。電池不要で貼って使う『Air Button』
Image: Kibidango

カメラやフラッシュライトなど、ロック画面から使えるショートカットボタンは便利ですが、使えるアプリがごく限られているのがたまにきず。スマホにアプリの外部ボタンがついていれば画面を見ることもなくスマホが操作できるのに…。

そんな要望を実現するのが『Air Button(エアボタン)』です。

物理ボタンにアプリを割り当てられるガジェット『Air Button』

AirButton-9
Image: PRTimes

『Air Button』は、Androidスマホの背面に貼り付けてアプリや設定をワンプッシュで操作できるもの。

音楽を流したりWi-Fiをオンにしたり…といった操作をスマホの画面を見ることなく行えます。

クラウドファンディングサイトKibidangoのページによれば、2つのボタンにはプリセットされた機能以外にもたくさんの機能やアプリが割り当てられるようです。

スマホに貼り付けて、複数の機能を割り当てられる

AirButton-7
Image: PRTimes

複数の機能の割り当ても可能で、たとえば、

  • 動画アプリを立ち上げ同時にWi-Fiをオンに
  • Bluetoothをオンにして部屋のスピーカーで音楽を再生
  • Googleフォトとカメラを立ち上げて撮った写真を即バックアップ

…といった使い方ができそうですね。さらに、こんな役立ちそうな使い方も。

  • 音楽再生+エクササイズアプリ
  • サイレントモード+通話転送+録音
  • アラーム音+フラッシュライト+登録先へのTEL(防犯ブザーとしての活用)

電池不要で100万回以上クリックできる

AirButton-6
Image: PRTimes

ランチャーアプリで同じような操作ができるものもありますが、『Air Button』の発明点はNFCを利用して物理ボタンとアプリをつなげたこと。

専用アプリをインストールして、ボタンを同期。アクションを割り当てるだけでスマホの外部ボタンとして機能します。

低消費電力なので電池不要100万回以上のクリックが可能なのだとか。

5色+α展開。好みに合わせて選べるボタン

AirButton-8
Image: PRTimes

対応機種など、詳細情報はKibidangoにてチェック。

現在、Kibidangoで支援を募っている『Air Button』。期間は、12月24日(月)まで、1680円からの支援が可能。目標金額到達で日本へのローカライズが実現します。その際製品は、2019年2月中旬以降に届くそうです。

Image: PRTimes, Kibidango

Source: PRTimes, Kibidango

山田洋路

swiper-button-prev
swiper-button-next