特集
カテゴリー
タグ
メディア

冬の風物詩、ホットワインを電気圧力鍋で作る方法

冬の風物詩、ホットワインを電気圧力鍋で作る方法
Photo: Claire Lower

私は温かいアルコールは好みではありませんが、ホットワインだけは例外です。

ホットワインはコンロでも作れますが、鍋を火にかけている間、ずっと気にしていなければならない点が厄介です。

とにかく手軽にホットワインを作りたいなら

でも、いったんセットしたら、もう忘れて放置できるインスタントポット(電気圧力鍋)を使えば、とにかく簡単。

通常、インスタントポットはアルコール飲料を作るのには向いていませんが(アルコールが発火するかもしれないから)、ワインはアルコール含有量が十分に低いので、圧力鍋を使って冬らしいスパイスを抽出させても大丈夫です。

インスタントポットで作るホットワインは、私が考案した圧力鍋のレシピの中で一番スピーディーなレシピ。なにしろ、調理時間を文字通り0分にセットするから。インスタントポットに圧力が発生するまでに、ワインにスパイスの風味がしっかり抽出しているはず。

主な材料としては、ワインとスパイス以外に、アップルジュースとオレンジジュースが必要です。

あと、甘くてスパイシーなカルダマロリキュールは、発火するといけないので、圧力調理が終わってから加えます。

インスタントポットで作るホットワインの材料とレシピ(作り方)は次の通りです。

インスタントポットで作るホットワインレシピ

<材料>

  • 赤ワイン 750ml(私は安いブレンドワインを使っています。高いワインだと熱や風味を加えるのはもったいないので)
  • アップルジュース 2カップ
  • オレンジ 1個:皮をむき、汁を絞る。
  • シナモンスティック 2本
  • クローブ 4個
  • 八角 1個
  • 軽く砕いたグリーンカルダモン 1個
  • カルダマロリキュール 1カップ
  • ハチミツ 大さじ2

<作り方>

  1. ワインとアップルジュースをインスタントポットの中に入れます。
  2. ピーラーでオレンジの皮をむきます。このとき中皮についている白い部分はなるべく残しましょう。
  3. クローブをオレンジの皮の細切りに突き刺して、そのオレンジの実を絞って作ったオレンジジュースと一緒にポットに入れます。
  4. 八角とカルダモンも入れ、インスタントポットの蓋を絞めて密封します。
  5. 「マニュアル」ボタンか「圧力料理」ボタンを押し、タイマーを0分に設定します。
  6. 調理時間が終了したら、「キャンセル」ボタンを押して、10分間圧力をリリースさせます。さらにマニュアルで残りの圧力をリリースさせます。
  7. 「保温」ボタンを押して、カルダマロリキュールとハチミツを混ぜたら出来上がりです。

可愛いマグに注ぎ、シナモンスティック、柑橘類の皮の細切りや、すりおろしたてのナツメグを添えて出しましょう。

インスタントポット(電子圧力鍋)をお探しなら

Claire Lower – Lifehacker US[原文

Photo: Claire Lower

訳:春野ユリ

swiper-button-prev
swiper-button-next