特集
カテゴリー
タグ
メディア

長期休暇のストレスを減らす5つのヒント

長期休暇のストレスを減らす5つのヒント
Image: Andrey_Popov/Shutterstock.com

ホリデーシーズンは、楽しく笑って、愉快に過ごすためにあるはずですが、必ずしもそうなっているとはかぎりません。1年でもとくにこの時期は、やるべきことが多すぎて気持ちがいっぱいっぱいになってしまうことがあります。

毎年このシーズンになると、あまりの忙しさに、まるで別人のようになって、普段なら絶対にやらないことをやってしまったり、言わないことを言ってしまったり。

今年は、そんなことにならないようにしましょう! 今回は、ホリデーシーズンのストレスをなくす、あるいは、少なくとも減らすためのヒントを紹介します。

1. 出費の計画をたてる

多くの人にとって、ホリデーシーズンに出費が増えることが、大きなストレスとなっています。この時期は、パーティーを開く、ギフトを買う、休暇旅行に行くなど、なにかと費用がかさむもの。一年で最もエキサイティングなこのシーズンは、最もお金がかかるシーズンでもあるのです。

ある時点までくると、残高を見るのが恐ろしくて、銀行口座のアカウントにログインすらしなくなります。大変なのは、そうした期間が長くなるほど、ストレスも増えてしまうことです。

ですので、雪だるまがコントロール不能になる前に、出費の計画をたててください。ホリデーシーズンが始まるまでにはまだ少し時間があります。不安を取り除くには、お金をしっかりとコントロールすることです。お金に関する不確実性こそが、ストレスが高まる原因です。

ポイントは、予算をつくることです。これは、あなたが思っているほど大変なことではありません。ただ、ホリデーシーズンのためにどれくらいのお金をとっておく必要があるかを見積もるだけでいいのです。予算が明確になり、お金を借りる必要がないことがわかれば、大きな安心感が得られるはずです。

以前紹介したシンプルな予算作成アプリを利用して、予算づくりをできるだけ痛みのないものにしてください。信じてください、絶対に後悔はさせません。また、早い時期からホリデーシーズンの買い物をしておけば、お金の節約になります。

2. Googleリマインダーを使用する

ホリデーシーズンのもう1つの大きなストレス要因は慌ただしさです。

パーティーの計画をたてる、ギフトを買う、スケジュールを調整する、旅行日程を決めるなど、やることがありすぎて、いつ何をすればいいのかわからなくなります。

こんなときこそToDoリストの出番です!

すでにOneNoteを愛用しているという人は、こちらのOneNoteをToDoリストとして活用する方法をご覧ください。

とはいえ、ToDoリストアプリを使うのが面倒なときもあります。

リストに新しい項目を追加する作業には、それなりの時間がかかります。ただでさえ忙しいときに、リストに項目を追加するためだけに、ボタンをいくつもクリックするのは、時間の無駄と感じるかもしれません。そんなときは、Googleリマインダーが役に立ちます。

スマホに向かって「OK、Google、リマインダーを設定。いついつ(時間)に、なになに(タスク)をする」と声を掛けるだけで、リマインダーが自動で作成されます。

指定した時間が来たら、スマホが通知で教えてくれます。通知が表示されたら、その場で完了マークをつけたり、1時間後に延期することができますよ。

慌ただしいホリデーシーズンには、こうした機能が本当に便利です。

こちらの、Googleリマインダーでできることも参考に。

思っている以上にできることがたくさんあります。通知からリマインダーを自動生成することも可能です。

3. 「感謝の日記」をつける

誰かから、一日わずか5分の努力でもっと幸せな人間になれるかもしれない、と言われたところを想像してください。あなたはその言葉を信じますか? もし信じられないとしても、少しだけ試してみてはいかがでしょうか? たった5分の努力で幸せになれるかもしれないのなら、やってみない理由はありませんよね?

その答えは「感謝の日記」をつけることです。

ポジティブ心理学により、感謝という薬を飲むことがストレスや不安に対処する効果的な方法であり、感謝の日記はそれを日常生活で実践する優れた方法であることが、示されています。

毎日、自分が感謝していることをいくつか書き留めてください。大きなことも、小さなこともあると思いますが、事の大小は関係ありません。いずれにせよ感謝は強力なパワーを秘めています。毎日、この日記を何行か読んでから1日を始めるようにすれば、いつの日か、自分の考え方が変わっていることに気づくでしょう。

OneNoteは感謝の日記にぴったりのツールです。

また、ホリデーシーズンに向けて「感謝のボウル」を始めることもお薦めです

家族メンバーそれぞれが、一枚のメモ用紙を手に取り、日ごろ感謝していることを書きつけて、ボウルに放り込みます。そして毎日夜になったら、ボウルの中のメモをすべて読みます。

ホリデーシーズンの間、この感謝のボウルを続ければ、人生、悪いことばかりじゃないということに気づくでしょう。

4. マインドフルネスの訓練をする

マインドフルネスとは、過去に縛られず、未来に支配されることなく、今という瞬間に完全に集中するための訓練です。瞑想を通して訓練することもできますが、必ずしも瞑想である必要はありません。マインドフルネスとは、心の状態を指すことばです。

マインドフルネスと密接な関係にあるものの1つに呼吸法があります。速くて浅い呼吸は不安やストレスの原因となりますが、ゆっくりとした深い呼吸は、心だけでなく体をリラックスさせるのにも役立ちます。

リラクゼーションヨガのような、ストレスをやわらげてくれる身体活動も助けになります。一日の始まりに(あるいは一日を通して)この3つ(マインドフルネス、呼吸法、ヨガ)を組み合わせて実践すれば、ホリデーシーズンのストレスを洗い流すことができるでしょう。

こちらで紹介しているマインドフルネスのモバイルアプリや、心のストレスをやわらげるリラクゼーションアプリYouTubeの人気ヨガチャンネルなどが、良いスタート地点となります。

マインドフルネスにはほかにも、会話中に今という瞬間に集中する、素晴らしいホリデーを過ごすのに完璧である必要はないと気づく、手に負えないと思ったときはNOと言えるようになる、などの効用が期待できます。

5. 季節性うつ病に気づく

病気としてのうつ病と、季節性うつ病には大きな違いがあります。季節性うつ病は、天候の変化や太陽光の総量といった要因で、冬季によく発生するうつ症状です(別の季節に別の要因で発生することもある)。

ホリデーシーズン中に、気分や心の状態に大きな変化が見られる場合は、季節性うつ病を疑ってみてください。一般的な症状は燃え尽き症候群に似て、次のような特徴があります。

  • 悲しみ、不安、虚しさといった感情
  • 絶望感や悲観的な気持ち
  • 怒りっぽい、落ち着きがない
  • 疲労、寝坊、睡眠障害
  • 楽しんでいた活動に興味がなくなる

自己診断はしないこと。 医療の専門家に相談してください! 良いニュースは、季節性うつ病は、光療法ランプで治療できるということです。このような単純ななライフスタイルの変化が、大きな影響を与えることもあります。

また、テクノロジーが心の健康に及ぼす影響も無視してはいけません。テクノロジーの使い過ぎがうつを引き起こすのかどうかはまだわかっていませんが、少なくとも悪化させる可能性はあります。インターネット、スマートフォン、ソーシャルメディア、ビデオゲーム、そしてポルノなどへの依存が、ホリデーシーズンを必要以上に困難なものとしている可能性があります。

ホリデーをシーズンを笑顔で迎えよう

ホリデーシーズンだからといって必ずしもストレスフルな時間を過ごさなければならないわけではありません。とくに過去10年くらいに、悲惨な体験をしたことがあったりすると、そう感じてしまうのかもしれませんが、上記のヒントを参考にすれば、今年のホリデーはまったく別の体験にできるはずです。

あわせて読みたい

神経科学者が提唱。ストレスをプラスに変える4つの手順

ストレスによる脳のダメージを回避する7つの方法


Image: Andrey_Popov/Shutterstock.com

Original Article: Defeating Holiday Stress: 5 Tips to Help You Stay Jolly by MakeUseOf

訳:伊藤貴之

swiper-button-prev
swiper-button-next