特集
カテゴリー
タグ
メディア

ヒントに出会う。本当に読みたい本を見つける本屋の意外な使い方

ヒントに出会う。本当に読みたい本を見つける本屋の意外な使い方
Image: Gettyimages

ネット環境があればワンクリックで本を買える時代。とはいえ、読みたい本がわからないときは、レビューを読み漁ったり、古本の値段を調べたり、といろいろ手間や時間がかかるのも事実です。挙げ句の果てには、買った本が想像していたような本でないことも…。

そんな方におすすめしたいのが、本屋とネット通販の意識的な使い分けです。今回は、本の分類方法に注目した、本屋での思いがけない本の選び方を提案します。

1.ビジネスのインスピレーションを受けたいならスポーツの本棚へ

181206bookstore-1
Image: Gettyimages

誰もが本屋の店頭でまず目にするビジネス書。ビジネス書にありがちなのは、「〇〇すればビジネスとして成功する」という方法論をまとめたパターンです。

しかし、すでにビジネスに携わっている方にとって、ビジネスの方法論と同じくらい重要なのは、それだけではありません。

「何をビジネスにしよう?」「ビジネスを続けていくメンタリティを学びたい」といったビジネスのタネを探したり、こなしていく際の日常的なヒントを欲しい。そんな方もきっと少なくないはずです。

ビジネス本は、あくまでビジネスマン視点の書籍にすぎないので、もしかすると、あなたが求めるようなインスピレーションはあまり得られないかもしれません。

そこでおすすめしたいのが、「スポーツ関連の書籍」です。

注目してほしいのは、スポーツとビジネスのメンタリティの親近性。アスリートの世界はビジネス同様にタフで、また1日頑張っただけで成功するものではありません。そういった部分においては、特にアスリートから多く学べることがあるはず。

さらに、書店の本棚は、カテゴリごとにその業界人をターゲットとした本を並べていることが多いので、スポーツ界隈の人間がどの程度ビジネスをわかっているのか、というのも伺い知れるはずです。

スポーツが興味深いのは、スポーツとしては成り立っていても、ビジネスとしては必ずしも成り立っていない点。だからこそ、まだ誰もがビジネスとして見なしていない業界をどうビジネスとして回していくか、という問題もスポーツ関連の書籍を通じて考えることができるでしょう。

ビジネスマン視点だけでなく、日頃スポーツをたしなむ人がビジネス本を読んでみるのも、いい刺激になるかもしれません。

2.健康を考えたいなら、あえてビジネス教養の本棚へ

181206bookstore-2
Image: Gettyimages

食事や栄養、ダイエット、生活習慣…と挙げればキリがないほどのテーマが詰まった健康関連の本棚は、時としてあまりに冊数や種類が多く、かえって良い本を選ぶのが難しい場所でもあります。

目移りばかりして、結局どの本も買わずじまいという経験も一度はあるのではないでしょうか。

そんなあなたにオススメしたいのが、「ビジネス教養の本棚」です。

ビジネスマンといえば、日々さまざまなタスクに追われ、なかなか健康管理が難しい生活を強いられる環境にあります。ビジネス教養の本棚には、そんな多忙な毎日のなかでもどれだけ健康に気を使えるか、という問題にフォーカスした書籍が数多くあります。

特に注目したいのは、時間管理やストレスマネジメントに関する本です。

健康だけに時間を割けないスケジュールの中で、いかにストレスなく健康的な生活を送り、仕事の効率も上げていくか、という大きな問題を一括りに説明するのが、ビジネス教養本の特長です。

こういった視点で健康を論じる本は、健康関連の本棚にはむしろ少ないでしょう。

そしてもちろん、ビジネス教養本は初心者でも始められるようなコツをちりばめていることが多いので、健康関連の本棚へ進むためのワンステップとしても利用できます。

3.自給自足や農業のヒントを得たいなら、アウトドアの本棚へ

181206bookstore-3
Image: Gettyimages

昨今、若者の新規就農者が増えているそう。彼らのキーワードは、「自給自足」や「防災」「移住」さらには「サステナビリティ」といった環境・暮らしをめぐる大きなテーマ。

もし私たちが、生活スタイルを変えて農業を始めたいと思い立ち、参考書籍を探したとしても、ピンとくる本を見つけ出すのは容易ではありません。なぜなら、こうした話は、さまざまなジャンルをまたがった包括的なテーマだからです。

ネット通販は、キーワードから書籍を探すのには便利です。ただ、タイトルが検索ワードに引っかからないと、読みたい本を見つけることはできません。

一方、本屋はというと、そもそも農業や漁業に関する本棚は、産業としての農業や漁業、そして実際の農法・漁法に関する本を集めているので、個人レベルで始められる工夫といったテイストの本は少なめです。

そこでチェックしてほしいのが、「アウトドアの本棚」です。

アウトドアの本棚は、一言でいうと釣りや山登りのようなジャンルを集めた場所。都会とは異なる環境でいかに生き延びるか、といったテイストの本が集まりやすく、個人で狩猟や自家栽培を営む方々の体験談などもこういった本棚にあります。

本屋によっては「釣り・キャンプ」など呼び方はさまざまですが、一度似たようなジャンルの本棚が見つかれば、ネット検索では見つかりにくい「似たような本」が一望できるはずです。

まとめ

  • 特定の本を探すならネット通販、ヒントを探すなら本屋と使い分けてみよう。
  • ビジネスのヒントを欲しいなら、スポーツ関連本を探してみよう。
  • 健康のヒントが欲しいなら、ビジネス教養本を探してみよう。
  • 農業や自給自足のヒントが欲しいなら、アウトドア関連本を探してみよう。

今回紹介したのは、ちょっとした本の探し方のアイデアに過ぎません。

想像していたのとは違う本棚で出会った本は、往々にして思いがけない切り口で問題を解決してくれます。

それこそがネット検索では見つけられない本屋の楽しみ方であり、ネットと使い分ける効率の良い本屋の使い方だと筆者は考えます。

みなさんもぜひ自分なりの使い分けを試してみてはいかがでしょうか?

あわせて読みたい

あの本もう読んだ? 今年話題になった書評人気ランキングTOP10

ハリウッド女優リース・ウィザースプーンの読書術:朝と夜で本のジャンルを変える

Image: Gettyimages

鷲見雄馬

swiper-button-prev
swiper-button-next