特集
カテゴリー
タグ
メディア

Macのバックアップサイズを削減して、スペースを節約する6つの方法

  • カテゴリー:
  • TOOL
Macのバックアップサイズを削減して、スペースを節約する6つの方法
Image: Thanaphat Kingkaew/Shutterstock.com

Macを定期的にバックアップしていると、データを保存している外付けドライブの空き容量がいずれはゼロになる日がやってきます。

データをクラウドに保存している場合は、データ量の増加とともに追加料金がかかるようになります。

また、インターネットの速度が十分でなければ、大容量データのバックアップに時間がかかりすぎて、苦痛を感じるようになるでしょう。

こうした問題の解決策の1つは、バックアップするデータの総量を減らすことです。

今回は、バックアップデータのサイズを削減し、重要なファイルだけをバックアップするようにする、簡単な手順を紹介します。

1. ストレージを最適化する

MacOS Sierra以降では「ストレージを最適化」機能を使うことができます。

めったに使わないファイルをiCloudに保存し、必要に応じて使えるようにすることで、ストレージスペースを節約するという機能です。この機能を使うには、Appleメニューから[このMacについて]>[ストレージ]を開き、[管理]をクリックしてください。

20181111-macbackup01
Image: MakeUseOf

左パネルのリストで、[おすすめ]をクリックすると、右パネルに4つのオプションが表示されます。このうち3つを以下で扱います。

20181111-macbackup02
Image: MakeUseOf

iCloudに保存する

[iCloudに保存]ボタンをクリックすると、iCloudにすべてのファイル、写真、メッセージが保存され、必要なファイルが自動でMacに保管されるようになります。

オプションで[デスクトップと書類]にチェックを入れると、「デスクトップ」フォルダと「書類」フォルダの中にあるデータがiCloud Driveに保存され、ほかのデバイスからも利用できるようになります。

同じように、オプションで[写真]にチェックを入れると、フル解像度の写真がiCloudフォトライブラリに保存され、最適化されたバージョンがMacに残されるようになります。

ただし、iCloudストレージやインターネット通信量の上限を超えないよう、これらのフォルダがどれだけの容量を使っているのか、事前に確認してください。

20181111-macbackup03
Image: MakeUseOf

ストレージを最適化する

[最適化]ボタンをクリックして画面の指示に従い、視聴済みのムービーやテレビ番組をMacから削除しましょう。このとき、AppleのMailアプリに[最新の添付ファイルのみをダウンロード]するか、添付ファイルを一切ダウンロードしないようにするかを選択することもできます。

添付ファイルは、必要に応じて後からダウンロードすることも可能です。

20181111-macbackup04
Image: MakeUseOf

これらの機能を有効にすると、macOSがバックグラウンドで必要なタスクを実行するようになります。これで、ディスク容量が足りなくなる心配もなくなり、バックアップのサイズも大幅に減らすことができます。

ゴミ箱を自動的に空にする

ゴミ箱はMac内の1つのフォルダに過ぎません。ファイルやフォルダをゴミ箱に移動しても、完全に削除されたわけではありません。

ゴミ箱の中のファイルは依然としてスペースを占有し、バックアップにかかる時間にも影響を及ぼします。ゴミ箱アイコンを右クリックして、[ゴミ箱を空にする]を選ぶと、ゴミ箱の中のファイルを手動で削除できます。

この作業を自動で行うには、[ゴミ箱を自動的に空にする]オプションを有効にします。すると、ゴミ箱に入れてから30日が過ぎた項目が自動で消去されるようになります。

20181111-macbackup05
Image: MakeUseOf

2. 不要なアプリケーションをアンインストールする

何十ものアプリをインストールしていると、バックアップにも時間がかかるようになります。それだけのアプリがあれば、最後にいつ開いたのかを思い出せないアプリもあるはずです。ありがたいことに、この問題にも解決策があります。

Finderのサイドバーにある[アプリケーション]のショートカットをクリックします。列ヘッダーを右クリックし、[最後に開いた日]をクリックしてください。すると、アプリ名の横に日付と時刻が表示されているのが見えるはずです。

20181111-macbackup06
Image: MakeUseOf

リストビューで、[表示]をクリックし、[並び順序]>[最後に開いた日]を選択しましょう。これで、アプリが開いた日付の降順で並び替えられます。

どのアプリは日常的に使用し、どのアプリは削除してもかまわないのか、確かめてください。念のために、Macにインストールされているアプリの一覧を作成してから作業を進めましょう。

また、アプリをゴミ箱にドラッグして削除しただけでは、関連ファイルが残る場合があります。残ったファイルはディスクスペースを消費し、バックアップ時間にも影響を与えます。

AppCleanerを使えば、アプリケーションをアンインストールすると同時に関連ファイルも削除することができます。

3. フォトライブラリを分割する

Macの写真アプリは複数のフォトライブラリを作成することができます。プライベート用、仕事用の写真を別々のフォトライブラリに保存すれば、iCloudスペースを節約し、バックアップサイズを削減できます。

この作業を開始するには、まず、写真アプリを終了してください。 次に、[Option]キーを長押ししながら写真アプリを再起動します。[ライブラリを選択]画面が表示されたら、[新規作成]ボタンをクリックしましょう。つづいて、ライブラリ名を入力し、保存場所を選択します(外付けハードドライブが望ましい)。

20181111-macbackup07
Image: MakeUseOf

すると、写真アプリがもう1つ立ち上がります。ここに、古いアーカイブやスクリーンショット、メインのライブラリに保存したくない写真などをインポートしてください。

ライブラリを切り替えるには、写真アプリを終了し、[Option]キーを押しながら再起動します。[ライブラリを選択]画面が表示されたら、先ほど作成したライブラリを選び、[ライブラリを選択]ボタンを押してください。

20181111-macbackup08
Image: MakeUseOf

注意点もあります。写真アプリでは、システムフォトライブラリを1つしか選ぶことができません。iCloudやiOSデバイスと同期できるのはシステムフォトライブラリのみとなります。そのほかのライブラリもバックアップしたい場合は、Googleフォトの使用を検討してください。

4. 重複したファイルを削除する

Macに同じファイルが2つ以上あるとしたら、オリジナルの1つ以外はすべて無駄です。適切なツールを使えば、バックアップサイズを肥大化させる重複ファイルをすばやく見つけて削除することができます。

PhotoSweeper

20181111-macbackup09
Image: MakeUseOf

PhotoSweeperは、高速かつ詳細、効率的に、重複写真や類似写真を見つけ出すことができるアプリです。写真アプリやLightroomの中にある写真をはじめ、ハードドライブに散らばっている写真をすべて対象とすることができます。まず、ツールバーの[Media Browser]をクリックしてフォトライブラリーを追加してください。

すると、フォトライブラリの写真がフォトリストに追加されます。[Compare](比較)ボタンをクリックし、[Similar Photos](類似の写真)モードを選んでください。必要に応じて[Time Gap](タイムギャップ)と[Matching Level](マッチングレベル)を調整しましょう。

ダウンロード:PhotoSweeper(無料トライアル、10ドル)

Gemini 2

20181111-macbackup10
Image: MakeUseOf

Gemini 2を使うと、写真アプリ、iTunes、外付けドライブなどから、重複や類似したファイルを見つけることができます。使いやすいインターフェースとスマートな選択アルゴリズムにより、あっと言う間にファイルをクリーンアップできます。

作業を開始するには、検査したいフォルダをウィンドウにドラッグ&ドロップしてください。スキャンが完了したら、結果を確認して[スマートクリーンアップ]をクリックすれば、重複ファイルがゴミ箱に移動します。

ダウンロード:Gemini 2無料、20ドルのプレミアムバージョンが利用可能)

5. デスクトップとダウンロードフォルダをクリーンアップする

「デスクトップ」「ダウンロード」フォルダには、大量のファイルが溜まりがちです。これらのフォルダはすぐに手に負えなくなり、放置しているとバックアップにかかる時間が伸びてしまいます。以下のトリックやMacに標準搭載のツールを利用することで、ディスクスペースを節約して、バックアップ時間を短縮できます。

ファイルのダウンロード先を毎回指定する

20181111-macbackup11
Image: MakeUseOf

ファイルをいつも同じ場所にダウンロードするかわりに、ダウンロード先をその都度確認するように、ブラウザを設定することができます。Safariで[環境設定]>[一般]を開き、[ファイルのダウンロード先][ダウンロードごとに確認]を選択してください。

ダウンロード先を毎回指定するのは面倒ですが、Default Folder Xを使えば、保存先をすばやく指定できるようになります。ホットキーで特定のフォルダにファイルをすばやく保存することも可能です。

ダウンロードフォルダをクリーンに保つ

多くのファイルは、[ダウンロード]フォルダに溜まったままになります。Automatorを使えば、一定の日数(たとえば90日)が経過したファイルを自動でゴミ箱に移動させられます。

Automatorを開いて、新しい書類を作成し、[フォルダアクション]を選んでください。

20181111-macbackup12
Image: MakeUseOf

[フォルダの選択]で、[ダウンロード]フォルダを指定します。

左ペインで、[ファイルとフォルダ]をクリックし、[Finder項目を検索]アクションを右ペインにドラッグしてください。[オプション]タブをクリックして、[このアクションの入力を無視]にチェックを入れます。ここにチェックを入れないと、ダウンロードしたばかりのファイルが削除されてしまいます。

20181111-macbackup13
Image: MakeUseOf

[検索]フォルダを[ダウンロード]に変更し、[最後に変更した日]オプションで好きな条件を指定します。[結果]タブをクリックして、[実行]をクリックし、思ったとおりの動作をするか確かめてください。

つづいて[Finder項目をゴミ箱に入れる]アクションを右ペインにドラッグしましょう。最後に作成したAutomatorアクションを保存すれば設定は完了です。

20181111-macbackup14
Image: MakeUseOf

Hazel:ファイルを自動でソートしたり削除したりする

20181111-macbackup15
Image: MakeUseOf

Hazelは、フォルダを監視するMac用自動化アプリです。設定したルールに基づいて、決められたアクションを実行します。1つのワークフローに複雑なルールを設定して、ファイルをソートしたり削除することができます。

ダウンロード:Hazel(無料トライアル、32ドル)

6. クラウドストレージサービスでファイルをアーカイブする

バックアップとアーカイブは異なる作業を意味しますが、よく混同して使われています。アーカイブとは、めったに使わないファイルを、2次的なストレージに保管しておくことを言います。バックアップとは、重要で失いたくないファイルのコピーを保存することです。

残念ながら、多くの人はどのファイルをバックアップして、どのファイルをアーカイブすべきか、きちんと区別していません。その結果、バックアップのサイズが肥大化します。

アーカイブに適したファイルがある場合は、専用サービスを活用して、ストレージスペースを大きく節約することができます。

Backblaze B2

20181111-macbackup16
Image: MakeUseOf

Backblaze B2は、ファイルの「コールドストレージ」を専門とするクラウドサービスです。料金は、データ量、使用帯域幅、トランザクション量などによって変わります。基本となる料金プランは、10GBまで無料で、以降、1Gあたり月額0.005ドルです。

使用を開始するにはまず、Backblazeアカウントにサインアップしてください。アカウントが有効になると、アカウント設定でアカウントIDアプリケーションキーを取得できます。クライアントアプリはありませんが、APIで連携するサードパーティアプリを使って、データのアップロードやダウンロードを行うことができます。

Amazon Glacier

Amazon Glacierは、データのアーカイブやバックアップの長期保管に使える、安全かつ堅牢、低コストなクラウドストレージサービスです。ストレージの基本プランは、最初の10GBまでは無料で、それ以降は1GBあたり月額0.004ドルとなっています。 Amazon Glacierには、数分から数時間まで、アーカイブにアクセスする3つのオプションが用意されています。

使用を開始するには、Amazon AWSアカウントを登録して、ログインします。 アプリケーションキーを取得し、Amazon Glacierでボールトを作成しましょう。 S3でもGlacierでも、データのアップロードやダウンロードができる優れたサードパーティアプリがあります。 たとえば、CloudBerry BackupArq BackupDuplicatiを試してみてください。

Macのバックアップをスリムにして幸せになろう!

定期的にバックアップを行えば、データを安全に保つことができます。しかし、注意深くやらないと、あっという間にディスクスペースを使い果たしてしまうでしょう。

上で紹介した手順に従えば、追加の外付けドライブを購入したり、クラウドストレージに追加で課金する必要はなくなります。また、バックアップも短時間で終わります。

Time Machineにこだわる必要はありません。Macのバックアップができる代替ツールもチェックしてみてください。

あわせて読みたい

iPhoneがバッテリー切れ? MacBookを目覚まし時計として使う方法

MacBook ProのTouch Barを自分好みにカスタマイズする方法

Image: Thanaphat Kingkaew/Shutterstock.com

Source: Freemacsoft, Overmacs, MacPaw, stclairsoft, noodlesoft, back blaze, Cloud Berry, Ark Backup, Duplicate

Original Article: 6 Easy Ways to Reduce Mac Backup Sizes and Save Space by MakeUseOf

訳:伊藤貴之

swiper-button-prev
swiper-button-next