特集
カテゴリー
タグ
メディア

理系進学には活躍する自分がイメージできる「機会」こそ重要。女子学生にSTEM教育を広める運動

MugendaiMugendai

理系進学には活躍する自分がイメージできる「機会」こそ重要。女子学生にSTEM教育を広める運動
Image: Mugendai(無限大)

AIやロボット、ブロックチェーンなど、テクノロジー分野の発展は日々加速し続けています。それにともなって注目されているのが、「STEM教育」という言葉。これは、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)の頭文字からとったもので、主に理系の教育分野を指します。

このSTEM教育を女子学生に広めようという取り組みが、IBMのWebメディアMugendai(無限大)で取り上げられていました。

女の子に理系に関心を持ってもらうためには

Microsoftが行った調査によれば、女の子は11歳前後でSTEM系科目に関心を示すものの、15歳頃を境として興味を失ってしまうのだそう。理由はさまざまだそうですが、STEM分野で活躍する女性像が見えないことが一因だといいます。

そこで、アメリカの公共広告の協議会・Ad Councilは、GE、Google、IBM、Microsoftといったテクノロジー企業と共同で「She Can STEM」というキャンペーンを開始しました。

これは、STEM系科目に関心を持ち始める10~12歳前後の女子学生を対象に、STEM分野で活躍する女性のロールモデルを示し、親しんでもらおうというもの。

幼い頃にSTEM分野で活躍する女性と触れ合うことが大事

キャンペーンでは、実際にロケットの設計・開発者や天文学者といった最先端の現場で働く女性と触れ合えるのですが、女の子たちは一様に目を輝かせているといいます。

たとえば、火星有人飛行のロケット開発に携わるエンジニア、ティエラ・フレッチャー氏に「将来、宇宙飛行士になりたい人は?」と聞かれ、はにかみつつ手を挙げる女の子たち。

また、天文学者のルシアンヌ・ワルコウィッチ氏からプラネタリウムに招かれ、「ただ星に魅せられていた少女だった私が今、こうして宇宙の秘密を探ることを仕事としている――この中に科学者になりたい子はいる?」と聞かれ、「はい」と答えている女の子もいます。

一説には、女子学生は幼い頃にSTEM分野で活躍する女性と接点を持つと、自身も同じ分野へと進む傾向があるそうで、こういった機会こそが重要なのですね。

Mugendai(無限大)では、このほかの事例も確認することができます。日本でも同じようなモデルが生まれることを期待しつつ、お楽しみください。


Image: Mugendai(無限大)

Source: Mugendai(無限大)

渡邊徹則

swiper-button-prev
swiper-button-next