特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

シャンプーの詰め替え用に直接ポンプとフックをつければ「節約」「省スペース」「手間なし」の三拍子【今日のライフハックツール】

  • カテゴリー:
  • TOOL
シャンプーの詰め替え用に直接ポンプとフックをつければ「節約」「省スペース」「手間なし」の三拍子【今日のライフハックツール】
Photo: 藤加祐子

シャンプー、コンディショナー、ボディーソープなど、ポンプ型の容器は浴室内では場所を取るものです。必需品だけに、いちいち持ち込むのも面倒。

詰め替えパック直接ポンプが付けられたらどうでしょうか。さらに置かずにぶら下げられたら、かなり省スペース化になるはず。しかも詰め替えパックを買うと割安です。

詰め替えそのまま mini 』はネーミング通り、シャンプーなどの詰め替えパックに取り付ける、ポンプフックのセットです。

詰め替えパックの上部をカットする

181028_sonomama_02
Photo:藤加祐子

まず、詰め替えパックの上部を1.5~2cmカットします。最近では注ぎ口が内蔵されたタイプの詰め替えパックも出回っていますが、注ぎ口は使わず平らな部分をカットしましょう。

ポンプは差し込んで、ストッパーを下げるだけ

181028_sonomama_03
Photo:藤加祐子

ポンプの両脇にあるストッパーを開き、挿入口を詰め替えパックにしっかりと差し込みます。ストッパーをしっかり下げて閉じてセット完了です。

普通に容器に詰め替えるときのような、こぼれる心配もありません。

フックを取り付けるポイント

181028_sonomama_04
Photo: 藤加祐子

フックにあるロゴマークを前方に引っ張ると、大きく隙間が空きます。ここに、詰め替えパッケージの端を挟み、ロゴマークの部品を押し込んで固定します。

フックはポンプと対角線上にセットすると、バランスよく使えます。

ワンプッシュで1回分が出てくる

181028_sonomama_05
Photo: 藤加祐子

最初の数回はポンプを空押しして空気を出します。ポンプを1回プニッと押すと、1回分のシャンプーが出てくる仕様です。

また、出てくる口が下になる形で吊るすので、中身が重力で下に集まり、残り少なくなっても出しにくくならなそうです。

場所をとらないので置きたいものが置ける

181028_sonomama_01
Photo: 藤加祐子

実際に浴室でぶら下げてみたところ、大して邪魔に感じなかったので、脇にタオルもかけられそう。なにより、今まで置いていたボトルが撤去できたので、防水スピーカーが余裕で置けようになりました。

また、ボトルを置くと、底面に汚れがたまりやすいので、掃除も楽になりそうです。

3色セットで使うのも便利

181028_sonomama_06
Photo: 藤加祐子

『詰め替えそのままmini』は、オレンジグリーンイエローホワイトの4色展開。下のような3色セットも販売されています。

省スペースで置け、色分けで分かりやすいので、家族で別のシャンプーを使っている場合や1人暮らしの狭いユニットバスでも、シャンプー、リンス、ボディーソープ用にと重宝しそうです。

あわせて読みたい:

ポーチドエッグ作りの最良の方法か。レンジでチンしてスルリと盛るだけ【今日のライフハックツール】

コンパクトにたためるシリコン漏斗は詰め替えだけでなく、プロテインみたいな粉を入れるのにも便利【今日のライフハックツール】


Photo: 藤加祐子

Source: Sanki

Reference: Amazon

藤加祐子

swiper-button-prev
swiper-button-next