特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

走っているとき手首をひねらずそのまま見れる。ランニングウォッチの見づらさを解決する時計バンド【今日のライフハックツール】

  • カテゴリー:
  • TOOL
走っているとき手首をひねらずそのまま見れる。ランニングウォッチの見づらさを解決する時計バンド【今日のライフハックツール】
Image: EdgeGear

マラソン大会で上位を狙っているような、本格的にラントレーニングをしている人にとっても、積極的に運動習慣を維持している一般ランナーにとっても、欠かせないアイテムとなっているランニングウォッチ

GARMINは、この業界でデファクトスタンダードと言える地位を確立していますが、Apple Watchも、もう少しライトな層までカバーしていて利用者の多いガジェットです。

この2者の専用バンドとしてリリースされている『EdgeGear SHIFT』は、ランニングするときに誰もが感じていたけれど、当たり前だと受け入れていた不便さを解決してくれました。

「かゆいところ」に手が届く腕時計バンド

Video: EdgeGear / YouTube

ランニングウォッチをお使いの人なら、上の動画を見るだけでそのメリットに気が付くでしょう。

EdgeGear SHIFT』は、走っているときの手首(腕)の角度が自然なままで、ウォッチフェイスを確認できるバンドなのです。

ランニング中に腕をひねらなくていい

20181028_edgegearshift_01
Image: EdgeGear

普段の生活では特に気にならない腕をひねる動作は、ランニング中だとなかなかのストレスになります。ランニングを習慣としている方なら、なおさらのこと。

サブフォー、サブスリーを目指すマラソンランナーだけでなく、健康維持のためにランニングを楽しむ一般ランナーも要チェックのバンドでしょう。

右利きでも左利きでも。手の大きさにも合わせられる

左右どちらにも装着可能で、輪ゴムのサイズも手の大きさ身長に合わせて選択可能。

39.99ドル(約4500円)で、送料無料となっています。

あわせて読みたい

浄水したての水をゴクゴク直飲みできる水筒『fill&go Active』は手軽でコスパよし【今日のライフハックツール】

どこでもノートパソコンを仕事しやすい位置にして、快適な仕事環境を持ち歩こう【今日のライフハックツール】


Image: EdgeGear

Source: EdgeGear

田中宏和

swiper-button-prev
swiper-button-next