特集
カテゴリー
タグ
メディア

「いい」お皿を割らないように洗うには

「いい」お皿を割らないように洗うには
Image: Alexander Varbenov

クリスマス休暇はもうすぐです。つまり、「いい」お皿を棚から出すときが近づいています。どんなお皿が「いい」お皿なのかは家庭によって異なりますが、ひとつだけ変わらないことがあります。「いいお皿は絶対に割りたくはないということです。休暇中はそうした危険をいかに減らすかを考えなければなりません。

お皿が割れるのを防ぐには、硬いもの(シンクや床)にぶつけないようにすることが最も重要ですが、どんなもので擦り洗いするのかどんな洗剤をつけて洗うのかにも注意を払う必要があります。

シンクの底に緩衝材を置く

シンクをより安全にするには、シンクの底ラバーマット洗い桶厚手のタオルを敷くようにします。タオルをシンクの底に沈めるのは気持ち悪いと感じるかもしれませんが、少なくとも、皿を落としたときに割れるのを防ぐ効果は期待できます。とにかくお皿が割れないようにするのが最重要です。

水に浸け、柔らかいもので擦り洗いをする

ごしごしと皿を擦り洗いするかわりに、しばらく水に浸して頑固な汚れを落ちやすくしてから、柔らかいスポンジ(ナイロンたわしや金属たわしではなく)で洗い流してください。このとき洗い桶があるとさらに便利です。

桶をシンクの外に出し、シンクの中でふだん使いのお皿(それと鍋やフライパン)を洗っているあいだに、「いい」お皿を水に浸け置きましょう。ただし水に浸けているときに、お皿を積み重ねてはいけません。積み重ねると崩れる危険があり、崩れれば悲劇へとつながります。

床にクッションを敷く

完璧な世界では、いい皿であれ、そうでない皿であれ、誰も床に落とすようなことはありません。しかし、あなたもご承知のとおり、この世界は完璧ではありません。お皿を落とす可能性は常に存在します。

多くのキッチンがそうであるように、あなたの家のキッチンも床が硬いとしたら、皿を落とすと割れる可能性が高いということです。ですので、床を柔らかくしておくのは良いアイデアです。ホームストアに行けば、ラバー製のキッチンマットを買うことができます。あるいは、「いい」お皿を洗うときだけ、厚手のタオルを床に敷いておくこともできます。

漂白剤や柑橘系の洗剤は避ける

最後に、あなたの「いい」お皿が磁器でできているなら、柑橘系の匂いのしない、漂白剤の入っていないマイルドな洗剤を選んでください。個人的には柑橘系の洗剤の匂いが大好きなのですが、そうした洗剤は酸が入っており、酸が磁器を傷つける可能性があります。

洗うときは温かい石鹸水に浸けたあと、ゆすいで、空気乾燥させ、ほかのものが縁に当たらないように気をつけてください。さらに念のため、乾燥ラックの下の床厚手のタオルを敷いておきましょう。宇宙はカオスと不注意に満ちています。いくら気をつけても、気をつけすぎることはありません。

あわせて読みたい

汚れた食器や鍋を、水に浸けてシンクに置きっぱなしにしていませんか?

食器洗いで「洗い桶」を使う人が得をする理由


Image: Alexander Varbenov / Shutterstock.com

Claire Lower - Lifehacker US[原文

訳:伊藤貴之

swiper-button-prev
swiper-button-next