特集
カテゴリー
タグ
メディア

脳科学が教えてくれる、脳を喜ばせ生産性を高める5つの法則

脳科学が教えてくれる、脳を喜ばせ生産性を高める5つの法則
Image: Lightspring/Shutterstock.com

世の中は、生産性に関する記事で溢れています。オフィスの組織体制から、役に立つポッドキャスト、モチベーション戦略、生産的な習慣づくりにいたるまで、ネタが尽きることはありません。

しかし、こうした記事の多くが、チェーンの最初の輪となる重要な要素を見逃しています。あなたの脳です。

ほかの何よりも先に、脳が生産的になる準備ができていなければなりません。ではどうすれば、あなたの脳を、生産性を最大化できる状態にもっていくことができるでしょうか?

以下に、脳科学の成果が導く、いくつかのアドバイスを紹介します。

1. 報酬系を確立する

私たちが報酬を受け取ったと感じる時、脳内で神経伝達物質であるドーパミンが放出されます。これは、喜びを感じるときに放出されるのと同じ化学物質です。ドーパミンは、食べること、愛すること、リスクをとること、セックスすることなどに関連しています。

また、ドーパミンは、依存性やうつ病といった問題にも関連があります。興味深いことに、この化学物質は、報酬を受取る前から重要な仕事をしています。モチベーションを高めるという役割です。

ドーパミンとモチベーションの結びつきをうまく利用すれば、生産性を効果的に高めることができます。ふだんから、ドーパミンを放出するような、報酬系を含むシステムを使うようにしてください。

たとえば、ポモドーロテクニックはその完璧な一例です。25分間タスクに集中すれば、5分間の休憩という報酬が与えられます。たった5分の休憩では、脳を十分に休めることはできませんが、報酬としては十分に機能します。

報酬は大きなものでなくてもかまいません。プロジェクトを達成したからといって、ゴルフクラブセットを自分に買い与える必要はありません。たとえば、ToDoリストに完了チェックを1つつけたら、タスク管理アプリからピンポンと音が鳴る、というだけでもOKです。

先日、心理学者のLeslie Sherlin氏がFast Companyで、タスクを達成できたときに、「完了」とひとこと口に出して言うだけでも、脳に変化を知らせる信号が送られ、次のタスクに移りやすくなると語っていました。

ですので、タスクを小さなチャンク(かたまり)に分割し、チャンクを完了するごとに小さな報酬を与えるようにしてください。

Facebookをチェックする(ただし脱線しすぎないように!)、散歩にでかける、お菓子を食べる、あるいは「完了!」と小さくガッツボーズするだけでも、小さな報酬になります。

2. リストをつくる

MakeUseOfでも、古典的なものから新規性のあるものまで、さまざまなリストの作り方を紹介してきました。

リストを使うべき心理学的な理由もわかっています。脳には、短期的に情報を保管しておくための「ワーキングメモリ」があり、タスクの達に非常に重要な役割を果たします。

ところが、ワーキングメモリにいちどに保管できる情報の数は限られており、許容量を超えた情報を保持しようとすると、脳のパフォーマンスが低下します。

これが、リストを作成すべき理由です。情報を書き出すことで、ワーキングメモリに保持しておく必要がなくなり、空いたスペースを、目の前のタスクのために使うことができます。

20181109-brainhack01
Image: MakeUseOf

あなたは「とにかく何でもリストにしたがる人たち」の1人ではないかもしれませんが、リストづくりを習慣に取り入れるだけの価値は絶対にあります!

たとえば、ミニマルなリストアプリに、覚えておくべき情報を書き留めるだけでも、ワーキングメモリをより有効に活用することができます。また、Evernoteのようなアプリに、生活に関するあらゆる情報を記録するのも、優れたアイデアです。

また、リストに完了のチェックをつけるとき、脳の報酬系にシグナルが送られるのは言うまでもありません。

3. 説明責任を課す

Cerebral Cortex社会的促進と呼ばれるプロセスに注目した興味深い研究が報告されていました。

社会的促進とは、そばに他者がいるほうが仕事のパフォーマンスが向上するという現象のことです。

そばにいる他者は仕事にまったく無関係でもよく、顔見知りである必要もありません。

もちろん、わざわざ人を呼んできて自分の仕事ぶりを監視してもらう必要などありません。社会的促進を利用する方法はたくさんあります。

20181109-brainhack02
Image: MakeUseOf

シェアオフィスやコワーキングスペースで働くのが嫌いではないという人は、そうした場所で多くの時間を過ごすことをお勧めします。あなたは(意識的、あるいは無意識的に)、そばにいる他者から生産的な人間だと見られたいと感じ、目の前のタスクにより集中するようになります。

同様に、ほかの人に、仕事の進み具合を聞いてもらうのも有効です。定期的にメンターに会って、仕事の進み具体を報告し、チェックしてもらうとよいでしょう。

あるいは、友人や同僚たちと一緒に、1日に達成した仕事を報告しあい、お互いにチェックするのもひとつの方法です。他者に対する説明責任を自分に課すことで、モチベーションと集中力を維持することができます。

4. 趣味に時間を使う

少し意外に思えるかもしれませんが、趣味や関心事に時間を費やすと、仕事の生産性が高まることがわかっています。 iNform Healthに、生産性における扁桃体の役割について興味深い記事が掲載されていました。

扁桃体は、感情反応とそれに続く生理的状態を自動的に決める装置のようなものです。扁桃体は外的要因によって刺激されると、刺激の性質に応じてあらかじめ決められた一連の化学信号を発火させ、全体的な気分を作り出します。

私たちは生活が忙しくなると、他者を幸福にするために、自分の趣味を犠牲にします。それは、さまざまな形で起こります。その結果、同じような刺激を受け、同じような内的反応を繰り返すようになります。

この内的反応が、ストレスや悲しみ、疲労などであるとき、私たちは、それを感じなくてすむように、ますます忙しく働くように自分を仕向けます。

iNform Healthはまた、好きなことに時間を使えば、ストレスのパターンを混乱させることができます。

意識的、無意識的なフォーカスがずれることで、支配され自動化された状態のなかに、いくらかの空隙を作り出すことができる。

また、「自動操縦装置のなかに、それまでとは違った感情や気分を送り込むことができる」と書いています。

脳にこうした多様性を与えることで、現代の生産性至上主義の社会がもたらす、ストレスを誘発し、むしろ生産性を低下させる状態から、自分を切り離すことができます。

ですので、電気工作やプログラミング、木工など、好きなことに時間を使ってください。その効果はさまざまな形で現れます!

5. 空想にふける

趣味に時間を使うことで、脳が最大限に生産的になろうとしているときの感覚を、直感的に獲得することができます。しかし、空想は? 空想はどのような形で役に立つのでしょうか?

マーク・トウェイン、リチャード・ファインマン、JK ローリング、そして(おそらく)アルバート・アインシュタインを含む多くの著名人が、その最も偉大なアイデアを脳が休んでいるときに獲得しています。

また、脳は、リラックスしているときに、かけ離れたアイデアや思考を結びつけることを示す証拠もあります。真に創造的で革新的なアイデアを生み出すのは、そうした通常ではない結びつけなのです。

生産性に人生を奪われないようにしてください。趣味の時間を確保するだけでなく、静かに座って心を解放する時間もつくるようにします。たとえそれが陽気のいい日曜日の公園でのたったの20分間なのだとしても、決められたゴールを持たず自由に空想する時間を過ごすことは、生産性に良い効果をもたらします(精神の健康に良いのは言うまでもありません)。

脳を活用しよう!

テクノロジーを駆使すれば、およそどんなシステムやルーチンをつくることもできます。しかし、心理学や脳科学の基礎を無視すれば、生産性を最大限に発揮することはできません。

上記の戦略をうまく使って、心と脳を適切な状態に保ち、より多くのことを達成してください。

あわせて読みたい

副業フリーランスから、専業フリーランスになるタイミングの見極め方

脳の潜在能力を思うがままに引き出す「ブレインハック」実践法

Image: Lightspring/Shutterstock.com

Source: Fast Company, Oxford Academic, Inform

Original Article: Hack Your Brain: 5 Ways to Use Neuroscience to Be More Productive by MakeUseOf

訳:伊藤貴之

swiper-button-prev
swiper-button-next