特集
カテゴリー
タグ
メディア

トレーニングは、仲間と一緒にするとグッと楽しく幸せになれる

トレーニングは、仲間と一緒にするとグッと楽しく幸せになれる

エクササイズすると、うつ病不安症の症状が緩和するなど、精神衛生にも良いことがわかっています。でも、最高の気分になれるワークアウトがしたいなら、グループで行うことをおすすめします。

このコンセプトには科学的裏付けがありますが、グループでワークアウトをしたことがある人なら、「その通りだ」と思うはず。

孤独なトレーニングより、仲間と一緒の方が楽しめる

私はコーチンググループと一緒にマラソンのトレーニングをした際、毎週土曜日に長距離走を一緒にする仲間がいました。辛いところに差しかかると、みんなでぶつぶつ言い合い、ランニングの後は、お互いのFacebookに「いいね」をつけ合いました。

翌年も同じことをしようとしたら、仲間はみんなばらばらの方角に走ることにしたようでした。毎回一緒に私と同じペースで走ってくれる仲間はもう誰もいなくなり、しばらくして私はドロップアウトしてしまいました。

チームでワークアウトするということは、単にワークアウト中に励まし合う以上のものがあります。私はローラーダービーをしていた頃、ジムには難なく行けました。

それというのも、チームメイトたちが私を人数に数えていて、私が行かないと困るから。それに、ローラーダービーの練習の日は、みんなで一緒に練習以外のこともして素晴らしいチームの絆を強めていました。

サッカーチームだろうが陶芸教室だろうが、同じことに興味を持つ人たちに囲まれているのは楽しいものです。何をするにしても仲間がいると一層楽しくなりますよね。

仲間とトレーニングすると幸せになれる

今年発表された研究で次のことがわかっています。

世帯収入に25000ドル以上の差があっても、人気の団体スポーツに参加した人たちと全くエクササイズをしない人たちの精神的な負荷は、ほとんど同じでした。

ですから、お金で幸せは買えるかもしれませんが、チームやグループでトレーニングすると、同じような幸せがはるかに安く手に入ります。

あわせて読みたい

短期間で効率的にカロリー消費できるトレーニング10

強い体は下半身から。10分でできる太ももトレーニング


Source: THE LANCET

Beth Skwarecki – Lifehacker US[原文

Photo: Pexels

訳:春野ユリ

swiper-button-prev
swiper-button-next