特集
カテゴリー
タグ
メディア

ノマドワーカーが教える、旅しながら仕事のモチベーションを保つポイント4つ

ノマドワーカーが教える、旅しながら仕事のモチベーションを保つポイント4つ
Photo: 早瀧正治

ライフハッカー[日本版]ゲストライターで、ノマドワーカーの早瀧正治です。1年のうち300日以上、海外旅行をしながらリモートワークしています。

この記事では、旅と仕事を両立する上で、もっとも重要なことの一つ、ノマドワークで旅をしながら「オンとオフとの切り替え」と「仕事のモチベーション維持」をする方法を紹介します。

1. 外部からの誘惑とノイズを断つ

誘惑は集中の敵。しかし、それ以外にも敵はいます。それは、「Distraction(気が散る原因)」です。

オフィスだと集中できるけど、家やカフェ、旅先だと集中できない原因の一つは、余計な情報が目や耳から飛び込んでるくるのが、原因のひとつ。

例えば、カフェで仕事をしているとき、パソコンの横にメニューがあったら、イヤでも視界に入り、それが集中の妨げになります。

パソコンしかない真っ白な部屋で働いたり、家の仕事用デスクにパーティションを取り付けたりすると、外部からのノイズをなくせますが、旅先でそれを実行するのは非現実的です。

旅先のホテル、ホステル、カフェで仕事を集中したいとき。

例えば、ノイズになりうるものは、ディスプレイの後ろにおいて視界から隠したり、前に人がいない席を選んだり、人の動きが多い入り口やトイレの近く以外の席を選ぶと良いでしょう。

目や耳から入るノイズを減らし、静的な環境を整えると集中の妨げが減ります。

2. 人の目を意識する

集中の妨げを減らしたいなら、窓際のカウンター席に座るのは最悪です。通行人や、美しい外の席という誘惑があるから。

しかし、窓際のカウンター席にもメリットはあります。それは、あなたがパソコンで何をしているか、他のお客さんに丸見えなこと。

他人の目があると、やる気や仕事の効率があがることを心理学では「見物効果(観客効果)」と言います。また、他人の目があると、なんとなくパソコンで漫画を読んだり、Facebookで女の子にムフフなやりとりをしづらくなりますよね。

もちろん、人の目があると逆に集中できない人や、窓際だと外の景色が気になりすぎる人もいるので、まずは自分に見物効果が生まれるか、実験してみましょう。

3. 前日にめっちゃ歩いて、肉体を疲れさせる

肉体的に疲れていると、観光する気力がなくなり、家やカフェでだらだらしたくなりますよね。そういうときこそ、仕事です。

月曜は観光、火曜は仕事、水曜は観光、木曜は仕事のように、体を使う日と、頭を使う日を切り替えると、効率的に仕事も旅も進められます。

4. 雨や曇りの日に働く

月曜は観光し、火曜は仕事するなど、旅と仕事のスケジュールを立てるときは天気予報を確認しましょう。雨の日に観光し、晴れの日に仕事なんて最悪です。曇りの日も、景色が映えないので、仕事におすすめです。

また、スコールのように、一日のうち数時間だけ雨が降る地域を旅する場合は、パソコンやKindleをもって観光し、避難先のカフェで2時間だけ仕事をするのもおすすめです。

メール対応、勉強、会計など、2時間以内にできる仕事って、意外とたくさんあります。

おまけ:カフェの探し方

自宅の近くならともかく、旅先で仕事しやすいカフェを見つけるのは困難。良さそうだと思って入っても、ネットが遅かったり、机が安定しなかったり…。

一番確実な方法は、nomadlist.comworkfrom.cofoursquare.com、Googleマップや、検索エンジンで地名を入れて「best working and studying place in Istanbul」、「coworking space Istanbul」などと検索をし、その上で、実際のそのカフェに入ってチェックしてみることです。

他にもパソコンを持ち込んでいるお客さんがたくさんいれば、まず間違いないでしょう。ただし、念のため電源は確認してください。

ちなみに、一番無難で、そして最高につまらない方法は、スターバックスやマクドナルドなどを利用すること。とはいえ、トイレはきれいだし、防犯カメラはあるし、Wi-Fiはそこそこなので、まず間違いないです。

早瀧正治

海外を旅しながら働くノマドワーカー。フリーランスのオンラインマーケターとして、海外企業の日本のプロモーションする。趣味は写真(Instagram:masaharuh)。旅程と現在地はこちら。仕事のサイトはこちら

あわせて読みたい

海外「旅行」じゃない。年間9カ月海外で過ごすノマドワーカーの持ち物

仕事がはかどる、片付く、生産性が向上する。7つの殿堂入りタスク管理術


swiper-button-prev
swiper-button-next