特集
カテゴリー
タグ
メディア

コスパと暖かさヒートテック超え? ベルメゾンの発熱インナー

roomie

コスパと暖かさヒートテック超え? ベルメゾンの発熱インナー

ROOMIEより転載:そろそろヒートテックなどの防寒インナーを着始めた方も多いのではないでしょうか。

でも化学繊維の服って乾燥で肌が荒れたり、不愉快に感じたりしませんか?

ヒートテックよりも着心地のよさそうなインナー、見つけちゃいました!

綿95%で肌にやさしい

2

ヒートテックはレーヨンやポリエステルなどの化学繊維がメイン。

一方ベルメゾンのホットコットシリーズは、綿95%、ポリウレタン5%でできているから着心地バツグン!

実際に着てみると、そのフィット感と肌触りの良さに驚きました。

こちらはヒートテック。

3

こちらはホットコット。

4

比べてみると、ホットコットの方がフィット感がありますね。

静電気も起きにくく、汗をかいても蒸れにくい仕組みになっているんです。

なにより化学繊維100%と比較すると約+0.7℃も暖かいんだそう!

5

引っ張ってみると、かなり伸縮性があります。

これなら動きやすそう!

タグのかわりに直接プリント

6

首元や腰についてる洗濯ネームタグ、地味にちくちくして気になりますよね…。

ホットコットはどこにもネームタグがありません!

直接布にプリントしてあるから、敏感肌でも大丈夫。

残念なところ:実店舗がない…

7

ベルメゾンはカタログ販売やオンラインでの販売がメインになっています。

そのため実際に見たり着たりできないのがちょっと残念。

はじめての方なら送料無料ですので、ぜひそれを活用してみてください!

バリエーション豊富

8

ホットコットはTシャツタイプだけではありません。

襟ぐり深め、袖が見えない9分袖、腹巻き、靴下、綿100%プレミアムホットコットまで…。

襟ぐりが深いタイプを試してみましたが、トップスを伸ばしてもインナーが見えません!

レギンスもおすすめ

9

乾燥してかゆくなりがちなレギンスも、綿95%なので痒くなりづらいように感じます。

10

こちらは、男性用レギンスの上からスーツを着用したところ。

暖かくても特に分厚いというわけではないので、全く違和感なく着用することができそうです。

お値段もお財布に優しく、790円(税込)から買えちゃいます。

この冬は、肌に優しいホットコットで気持ちも優しく過ごしませんか?

Image: 長谷野杏奈

Source: ホットコット, ベルメゾン

あわせて読みたい

本格エスプレッソをたった3分で!持ち運べるコンパクトマシン「Leverpresso」

もう手放せないな… 350円のワークマンのインナーソックスは、最高の冷え性対策だよ~│マイ定番スタイル | ROOMIE(ルーミー)

ワークマンなら2900円で防水透湿のレインウェアが買えちゃうよ!これはコスパ高すぎ…│マイ定番スタイル | ROOMIE(ルーミー)

長谷野杏奈

swiper-button-prev
swiper-button-next