特集
カテゴリー
タグ
メディア

収納力抜群のフィットネスボトル「ISOSHAKER」が合理的な理由

machi-ya

  • カテゴリー:
  • TOOL
収納力抜群のフィットネスボトル「ISOSHAKER」が合理的な理由
Photo: 島津健吾

最近は飲む人も増えてきたプロテイン

元々は筋肉をつけるために飲むことが多かったものの、最近は食事で不足しがちなタンパク質を摂取したりと、健康のために飲む人も増えてきました。そんな人にぴったりのフィットネスボトル「ISOSHAKER」が、現在machi-yaでクラウドファンディング中です。

4本の容器をドッキングした「ISO SHAKER」

IMG_1471
Photo: 島津健吾

自宅でプロテインを飲むのに不便はしないのですが、外出先で飲む場合はちょっと状況が異なります。

計量したものを持ち歩く必要がありますし、小分けしたケースとボトルを別々に管理しないといけません。ISOSHAKERは、この煩わしさをなくしてくれたボトルなんです。

その理由の1つが、小分けできる4つのケース。水とプロテインを入れてシェイクする部分とは別に、3つの専用ケースがあり、ボトルの底にも薬や鍵などを入れておけるスペースがあります。

IMG_0076
Photo: 島津健吾

特にこの3つのケースがとっても合理的。自宅から出る時点で、3つのケースにプロテインを分けて入れておけば、出先でわざわざ計量する必要もありません。

さらにボトルに取り付けておけるので、なくす心配もなければ、スペースも極力取らないので、持ち運びも非常に楽です。日常生活でプロテインを複数回飲むとい人は、持ち運びがもっと楽になるはずですよ。

プロテインがこぼれない仕掛け

IMG_0074
Photo: 島津健吾

ISOSHAKERには、専用の漏斗(じょうご)が付いています。

漏斗とは、粉を入れるときにこぼれないようにするサポーターのようなもの。プロテインは粉なので、ケースに入れるときにこぼれて掃除がめんどくさいことがあります。そんな問題を解決してくれるのが、この付属の漏斗というわけです。

さらに手で押すと小さく圧縮することができるということ。

IMG_0069
Photo: 島津健吾
IMG_0067
Photo: 島津健吾

使わないときは折りたたみ、使うときは拡張する。そんな使い方ができるのが、魅力でもあります。ちなみに、ISOSHAKERのボトルの底にスペースがあるので、そこに入れておけばなくすこともありませんよ。

ボトルには目盛り線も

IMG_1455
Photo: 島津健吾

当然ですが、ボトルには目盛り線もあります。プロテインを容器に入れて水の量も調整できるので、わざわざ計量カップも持ち歩かなくてOK。水さえ確保できれば、いつでもどこでもプロテインを補給できてしまいます。

また、私が使っているプロテインでシェイクをしてみましたが、特にダマになるといったこともありませんでした。その辺は特に普通のプロテインシェイカーとは同じです。

つまりは、ISOSHAKERは、プロテインの持ち運びから補給までワンストップできるボトルというわけです。色はシーフォームグリーンとブラックの2色。金額は今なら35%で、3,333円です。この金額で購入できるのは今しかありませんよ。

今までケースやボトルなど複数のものを持ち歩いていた人は、ISOSHAKERでまとめて管理してみてはいかがでしょうか?

>>プロテイン3回分を1台に収納!4つの容器が格納できる収納力抜群のフィットネスボトル「ISOSHAKER」の詳細はこちら

Photo: 島津健吾

Source: machi-ya, YouTube

島津健吾

swiper-button-prev
swiper-button-next