lifehacker

特集
カテゴリー
タグ
メディア

米国眼科学会「ブルーライトは失明させない。PC用メガネも推奨しない」

米国眼科学会「ブルーライトは失明させない。PC用メガネも推奨しない」
Image: HQuality/Shutterstock.com

スマートフォンのスクリーンから出るブルーライトが目に害を及ぼすかのような、広告やヘッドラインを見かけることがありますが、果たしてこれは真実でしょうか。

ブルーライトと失明に関連性はない

実のところ、ブルーライトは睡眠の妨げにはなっても、目を傷めるという科学的根拠はありません。

眼細胞が自然に含有する化学物質とブルーライトが結合すると、細胞を傷つける可能性があるとする研究が今夏発表されたことを受けて、最近、米国眼科学会(AAO)は「スマートフォンのブルーライトは失明させない(目を傷めない)」とはっきり宣言しました。

問題の研究では、人間の眼から採取した細胞が使用されたわけではなく、人間の眼はまさにこの種のダメージを防ぐ力が備わっているからです(ですから、眼の健康とは無関係な問題を研究していたことになります。この実験ついては、情報サイトVergeに詳しく掲載されています)。

昨年、別の研究のタイトルに「スマートフォン失明」という言葉が登場しました。

しかし、これは片方の眼を閉じながら、もう片方の眼でスクリーンを見続けると、一時的に発生する状態でしかありません。

「失明の世界的流行」を示唆するようなおどろおどろしい見出しをつけた研究もありますが、それは極端な量の光を投射したラットが実験対象でした。結局のところ、目の健康の専門家が心配していないなら、私も心配しません。

ブルーライトカットのメガネの副作用は不透明

AAOはブルーライトをブロックする眼鏡やフィルターの推奨もしていません。なぜなら、効果が実証されておらず、長期的にはどのような副作用があるのかもわからないからです。

ブルーライトは睡眠の質を低下させるため、携帯電話を寝室の外に置くことと、ドライアイになる可能性があるため、長時間携帯電話を凝視しないことは推奨しています。

あわせて読みたい

1日たった3分で目を強化できる「目に効く」フィットネス3つ

肩・首・腰をほぐす。デスクで手軽に実践できるストレッチ3選

本当は不健康な、健康習慣7つ

※米国眼科学会(AAO)の宣言の一部とタイトルを加筆修正しました(2018.10.3)

Image: HQuality/Shutterstock.com

Source: The Verge, AAO, NCBI, PLOS

Beth Skwarecki – Lifehacker US[原文

訳:春野ユリ

swiper-button-prev
swiper-button-next