特集
カテゴリー
タグ
メディア

iPhoneユーザーのみなさん、「手前に傾けてスリープ解除」を無効にできていますか?

  • カテゴリー:
  • TOOL
iPhoneユーザーのみなさん、「手前に傾けてスリープ解除」を無効にできていますか?
Image: Neirfy/Shutterstock.com

通知を減らし、SNSのアプリを削除するのは、間違いなくスマホに気を取られる可能性を減らします。

しかし「Quartz」では、iPhoneユーザーが気づいていない可能性がある、無効にできる設定をもうひとつ教えてくれていました。

「手前に傾けてスリープ解除」を無効にする方法

手前に傾けてスリープ解除」という設定。普通、iPhoneが“起きて”いたり、手前に傾けたりすると、通知をロック画面に表示します。この通知の表示が気になってしまうことがあるのです。

この設定を無効にする方法は以下の通りです。

設定 > 画面表示と明るさ > 手前に傾けてスリープ解除のトグルをオフにする。

この設定を無効にすることによって、たまたまスマホを突いてしまったり、テーブルの違う場所に移動させただけで、ニューヨーク・タイムズのニュースや「Bumble(出会い系アプリ)」が新しくマッチする人がいたと知らせるような通知を、チェックしたくなりにくくなります。

またQuartzは、アプリを使用頻度順や探しやすいような順番に並べるのではなく、アルファベット順(もしくは五十音順)に並べるのもすすめています。

しかし、スマホに気を取られたくない人は、まずは「手前に傾けてスリープ解除」をオフにしてください。より集中しやすくなるはずです。

あわせて読みたい

iPhone 5sも「iOS 12」にアップデートして大丈夫。 でも容量には気をつけて!

iOSの「ショートカットの自動更新」に使えるサイト「RoutineHub」

Image: Neirfy/Shutterstock.com

Source: Psychology Today, Quartz

Alicia Adamczyk - Lifehacker US[原文

訳:的野裕子

swiper-button-prev
swiper-button-next