特集
カテゴリー
タグ
メディア

どっちが正解? お金の損得問題を解決する方法

どっちが正解? お金の損得問題を解決する方法
Image: toranosuke/Shutterstock.com

こんにちは。家計再生コンサルタントの横山光昭です。

生活の中では「どっちが得かな」と迷う場面がいろいろあります。そんな「損か得か」を考えるために、今までは自分が得てきた常識や感覚などが大きく影響してきたと思います。

しかし、ライフスタイルや社会の変化により、この「損か得か」を考えるために必要な基準が変わってきています。

たとえば、昔に比べて、お金を支払う決済方法が多様化しています。

すると、「キャッシュレス払いと現金払いのどちらが得だろう」と考えたり、金利が低いと聞けば「住宅ローンは変動と固定、どっちの金利が得なんだろう」と思うことがありますよね。

そういった損得の考え方を、今の時代にどのように合わせるべきか、ライフステージやライフシーンを想定しながらご紹介します。

横山光昭(よこやま・みつあき)

kakei_yokoyama_prof

家計再生コンサルタント、株式会社マイエフピー代表。お金の使い方そのものを改善する独自の家計再生プログラムで、これまで1万人以上の赤字家計を再生。書籍・雑誌への執筆、講演も多数。著書は55万部を超える『はじめての人のための3000円投資生活』や『年収200万円からの貯金生活宣言』を代表作とし、著作は累計270万部となる。また、お金の悩みが相談できる店舗を展開するmirai talk株式会社の取締役共同代表も務める。

独身と結婚、どっちがお得?

1810_kakei_01
Image: toranosuke/Shutterstock.com

最近は、生涯独身という人も珍しくない時代となりました。となれば、2人で生活するよりも、1人暮らしを続けたほうが金銭的には楽なのではないかと考える人もいます。

昔のように、夫が働き、妻が家を守るような暮らし方が主流の時代であれば、男性はそう思うかもしれません。

ですが、今は共働き世帯が多い一方で、収入はそれほど多くない時代です。

年収300万円で1人暮らしをするよりも、年収300万円を夫婦それぞれが稼いで、総年収600万円世帯にして2人で暮らすほうが楽なはずです。

生活費は、生活者が2人以上になったからと言って、単純に支出が2倍になるものではありません。

総務省「平成26年 全国消費実態調査」をみると、単身者の平均消費支出は16~17万円程度。2人以上の平均消費支出は、30歳未満が約24万円,30歳代が約27万円,40歳代が約31万円です。

2人暮らし以上の方が、1人あたりの負担が軽いことがわかりますよね。何かあったときに助け合えるということも、結婚をしている人の強み。

お金の面では、結婚していたほうが得なことが多いのです。

住宅ローンの固定と変動、どっちの金利がお得?

1810_kakei_02
mage: toranosuke/Shutterstock.com

住宅ローンを組むとき、「固定金利がよいのか、変動金利がよいのか」と悩むのは、多くの人が通る道。どっちが得かは、その時の市場によるので、難しいものです。将来を予測することなので、断言することは無理です。

これまでは比較的、変動金利も固定金利も同程度利用されていました。ですが、ここ数年は変動金利を好む人が多くなり、その変動のリスクをヘッジしたいと考える人が、固定と変動の金利を組み合わせたミックス型のローンを選ぶことも多いようです。

最近は借り換えもしやすくなっているので、当初は金利が低い変動金利を選び、金利が上がりはじめたら、金利の低いものを再検討して借り換えようとする人もいます。

金利の変動をチェックして対応できる人は変動金利、金利の変動は気にしたくないという人は、金利が低いときに固定金利を選ぶという借り方が、よいのではないでしょうか。

クレジットカード払いと現金払いのどっちがお得?

1810_kakei_03
Image: toranosuke , A Aleksii/Shutterstock.com

クレジットカード払いと現金払いを比べたとき、圧倒的にクレジットカードで払ったほうがお得だと思いますよね。ポイントが付与され、現金や商品に交換することができたり、割引を受けられたりと、多彩なサービス特典があるからです。

ですが、デメリットはお金の流れを把握しづらいこと。

お金が減っている感覚が薄れてしまうと、すぐ上限まで使い切ってしまったり、支払いが困難になることも。そうなると、得どころか、無理な支払いや、ときには自分の信用に関わることもあり、損につながっていく可能性があります。

そういう場合は、チャージをして使う「プリペイド型」のカードや、「デビットカード」にクレジットカードの国際ブランドが付いたものを利用するとお得です。

現金と同じ感覚で即時決済ができるうえ、利用するたびにポイントが付くので、利便性もお得度もいうことなしです。クレジットカードの管理が苦手という人は、こういったカードの利用もよいでしょう。

最後に損得を決めるのは、あなたの価値観

1810_kakei_04
Image: toranosuke/Shutterstock.com

損得を究極に極めたお金の使い方、暮らし方、生き方は、さまざまな情報を金額と照らし合わせていかなくてはならず、おもしろみのない人生になってしまいがちです。

それであれば、人間らしく、感性豊かに暮らしていきたいと思うのですが、そのなかで「損得」を決めていくには、自分の価値観が影響します。

借入金利を追う労力をかけ、決断して行動に移していけるか。2人で生きていくには「自分」を頑なに主張していてはうまくいかず、協力して思いやることが必要。

お得な決済方法を利用するには、自分のお金管理能力が必須、というように、すべては「自分がよいと思うか、生活習慣として行動できるか」という点によります。そこで大切なのは、自分軸を持つことです。

自分の価値観や基軸をもとにして得だと思えたら、それは「得」でよいのです。これ以外のことも、自分の価値観を大切にして、「得」となるように選択していきましょう。


あわせて読みたい

メタボ家計から脱出! 「1日500円の家計再生法」とは?

お金を貯めている人がやっている「買い物」「保険」「投資」の新習慣


Image: toranosuke(1 , 2 ,3 , 4) , A Aleksii/Shutterstock.com

横山光昭

swiper-button-prev
swiper-button-next