特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

繰り返し使えて経済的。ソファなど軽くこすって絡みつくペットの抜け毛をまとめてポイ【今日のライフハックツール】

  • カテゴリー:
  • TOOL
繰り返し使えて経済的。ソファなど軽くこすって絡みつくペットの抜け毛をまとめてポイ【今日のライフハックツール】
Photo: 藤加祐子

ペットは可愛い。でも、抜け毛の掃除は大変です。特にソファや車のシートなど、が付きやすく掃除しにくい場所はたくさん。ハンディー掃除機や粘着シートを駆使しても、けっこうな手間ですし、キレイに取るのは困難です。

一毛打尽』は、布製品に入り込んだペットの抜け毛を一網打尽にするというツール。電気も紙も使用しないので経済的です。今回、実際に使用してみました。

ペットの抜け毛が簡単にまとまる

Video: 藤加祐子

『一毛打尽』で毛のつきやすいものをこするとペットの毛を一か所にまとめられ、そのままつまんでポイっと捨てられます。『一毛打尽』の本体には毛が付着しないので、本体の手入れも必要ありません。

ちなみに『一毛打尽』は、強くこすっても弱くこすっても毛の取れ方には差がありません。

表面の摩擦力が強いと感じたので、むしろ軽くササッと撫でるように使ったほうが効果的です。

しっかり握れて広めのソファも軽くこするだけ

181015_ichimoudajin_02
Photo: 藤加祐子

『一毛打尽』のサイズは、9.7×2×9.7cm)。手のひらほどの表面積で厚さもあるので、軽い雑巾がけをイメージして使うとスムーズに掃除ができます。

手に収まるサイズですから、ペットをに乗せる人はダッシュボードに常備しておくのも良さそうです。

ただし、衣服への使用は傷める可能性があるので避けてください。

高密度の発泡ゴムが毛を絡めとる

181015_ichimoudajin_03
Photo: 藤加祐子

本体の表面には溝もブラシも付いていません。どうやってペットの毛が取れるのかが不思議なくらい、触った感じもなめらかです。

毛が取れる秘密は、素材である高密度の発泡ゴム。目には見えない細かな溝と気泡によって、布の奥に入り込んだ毛を抜き出す仕組みです。

表面が劣化してもこすると復活。何度も使えてコスパよし

乾燥する冬の季節は、掃除する場所を霧吹きで少し湿らせると効果的に掃除ができます。また、長時間使わずに放置して表面がガサガサになった場合は、コンクリートなどでこすると元通りになります。

ソファに限らず、複雑な構造のキャットタワーなど、掃除がしにくい家具はほかにもあります。手のひらサイズの『一毛打尽』で、毎日手軽にお掃除しておきたいですね。

あわせて読みたい

可愛いペットには「循環式給水器」でいつも清潔な水を~外出先でもアプリで水質チェック可能【今日のライフハックツール】


Photo: 藤加祐子

Source: Realize

Reference: Amazon

藤加祐子

swiper-button-prev
swiper-button-next