特集
カテゴリー
タグ
メディア

インテル Core i3 vs. i5 vs. i7:どれを選ぶのが正解?

  • カテゴリー:
  • TOOL
インテル Core i3 vs. i5 vs. i7:どれを選ぶのが正解?
Image: Dragon Images/Shutterstock.com

プロセッサーはコンピューターの頭脳ですが、各プロセッサー間の違いを理解するためには、あなた自身の頭脳をフル回転させる必要があります。

インテルはわかりにくい命名規則を採用しており、MakeUseOfでも、たくさんの人から次のような質問を受けています。

i3、i5、i7プロセッサーでは何が違うのですか? どのプロセッサーを買うべきでしょうか?

いまこそ、この謎を解こうではありませんか。なお、この記事では、Pentiumシリーズ、ノートPC用の新しいCore Mシリーズなどインテルのそのほかのプロセッサーについては扱わないことにします。こうしたプロセッサーもそれぞれに優れていますが、今回は最も人気があり、そしてもっともわかりずらいプロセッサーでもあるCoreシリーズにフォーカスしたいと思います。

Core i7、Core i5、Core i3の違い

20181010-intel01
Image: MakeUseOf

インテル Core i7はCore i5より優れており、Core i5はCore i3よりも優れています。難しいのは、それぞれのシリーズが何を意味するかということです。事態は少し複雑になります。

まず、i7はコアが7つあるプロセッサーという意味ではありません! この数字は、相対的な性能の違いを表しているにすぎません。

基本的に、Core i3シリーズにはデュアルコアのプロセッサーしかなく、Core i5とCore i7シリーズには、デュアルコアプロセッサーとクアッドコアプロセッサーの両方が含まれています。クアッドコアは通常、デュアルコアよりも優れていますが、ここではその問題には立ち入りません。

インテルは、チップセットを「ファミリー」という単位でリリースします。これは世代とも呼ばれます。(10月4日現在で)最新のチップセットは「Kaby Lake Refresh」と呼ばれる第8世代シリーズのファミリーです。それぞれのファミリーが、それぞれ固有のCore i3、Core i5、Core i7シリーズのプロセッサーを有しています。

そのプロセッサーがどの世代に属しているかは、4桁の型番の最初の1桁を見ればわかります。たとえば、インテル Core i3-8250は、第8世代に属しています。

この型番のおおまかなルールを理解しておくと便利です。型番の残りの3桁は、インテルがそのプロセッサーを、そのラインのほかのプロセッサーと比較してどう評価しているかを表しています。たとえば、 Core i3-8145Uは、Core i3-8109Uよりも優れていることがわかります。145は109よりも大きな数字だからです。

インテルの型番の意味:U vs. Q vs. H vs. K

20181010-intel02
Image: MakeUseOf

上の画像のとおり、型番の数字の後には通常、U、Y、T、Q、H、G、Kなどのアルファベットが1つ、あるいは2つ以上組み合わせたものがついています。

  • U:超低消費電力。Uというレーティングは、ノートPC用のプロセッサのみ適用されます。消費電力が少なく、バッテリーに優しいプロセッサーです。
  • Y:低消費電力。 通常、ノートPCおよびモバイル用の古い世代のプロセッサーに適用されています。
  • T:消費電力を重視した、デスクトップ用プロセッサーです。
  • Q:クアッドコア。Qというレーティングは、4つの物理コアを持つプロセッサーのみに適用されます。
  • H:ハイパフォーマンス・グラフィックス。 このチップセットには、インテルの高性能グラフィックス・ユニットが搭載されています。
  • G:ディスクリート・グラフィックスを含む。通常はノートPCに搭載されています。Gは、プロセッサーに専用のGPUが搭載されていることを表します。
  • K:アンロック対応。 そのプロセッサーを定格を超えてオーバークロックすることができることを表します。

こうしたアルファベットや数字の仕組みを理解すれば、型番を見ただけで、詳細仕様を確認しなくても、そのプロセッサーがどんなものかがわかるようになります。

そのほかのアルファベットの意味については、インテルのプロセッサー・ナンバーに関するガイドラインを参照してください。

インテル Core i7 vs. i5 vs. i3:ハイパースレッディング

Image: MakeUseOf

物理コアにより、プロセッサーの速度はおおむね決定されます。 しかし、最近のプロセッサーは、ハイパースレッディング・テクノロジーと呼ばれるシステムを用いて、論理コアを実現し、処理速度を向上させることができます。

平たくいえば、ハイパースレッディングは、1つの物理コアを2つの論理コアとして動作させることで、2つめの物理コアをアクティブにする(さらなるシステムパワーが要求される)ことなく、複数のタスクを同時に処理することができるようにする技術です。

2つのプロセッサーがアクティブで、かつハイパースレッディングを使用していれば、論理コアが4つあることになり、処理速度はさらに向上します。ただし、物理コアのほうが論理コアよりも高速であることにはかわりません。クワッドコアCPUは、ハイパースレッディングを使ったディアルコアCPUより、はるかに優れた性能を発揮するでしょう。

インテル Core i3シリーズにはハイパースレッディング機能が搭載されています。インテル Core i7シリーズもハイパースレッディングをサポートしています。一方、インテル Core i5シリーズはこのテクノロジーをサポートしていません

しかし、最近の報道で、インテルが、最速のCore i9シリーズを除いて、すべてのプロセッサーにハイパースレッディング機能を搭載する可能性があると指摘されています。

インテル Core i7 vs. i5 vs. i3:ターボブースト

インテル Core i3シリーズはターボブーストをサポートしていません。Core i5とCore i7シリーズは、ターボブーストを使用してタスクを高速に処理することができます。

ターボブーストは、アプリケーションの要求に応じて、プロセッサの動作周波数をインテリジェントに増加させるインテルの独自技術です。たとえば、ゲームをプレイしていて、システムにさらなるパワーが必要となったとき、ターボブーストがアクティブになり、不足分を補います。

ターボブーストは、動画編集やビデオゲームなどリソースを大量に消費するソフトウェアを実行する人には便利ですが、WebをブラウズしてMicrosoft Officeを使用するだけの人には、あまり恩恵はもたらしません。

インテル Core i7 vs. i5 vs. i3:キャッシュサイズ

20181010-intel03
Image: MakeUseOf

ハイパースレッディングとターボブースト以外で、Coreラインナップ間にある大きな違いはキャッシュサイズです。 キャッシュとはプロセッサ自身が持つメモリで、プライベートRAMのように機能します。キャッシュはコンピューターの速度に関わる、あまり知られていないスペックの1つです。

RAMと同じく、キャッシュサイズは大きいほど優れています。プロセッサが同じ1つのタスクを繰り返し処理する場合、プロセッサはそのタスクをキャッシュに格納します。プライベートメモリにより多くのタスクを格納できるほど、そのタスクを再度処理するときの速度が向上します。

Core i3シリーズは、通常、最大3MBのキャッシュを備えています。Core i5シリーズには、3MBから6MBのキャッシュが搭載されています。 Core i7シリーズには、4MBから8MBのキャッシュが搭載されています。

インテルグラフィックス:HD、UHD、Iris、Iris Pro、Plus

グラフィックスは、プロセッサーに搭載されるようになってから、プロセッサーの購入における重要なポイントとなりました。しかし、ほかの要素と同じく、インテルはグラフィックスのシステムもわかりずらくしています。

現在、3つのレベルのグラフィックスユニットがあります。インテル HDインテル Iris、それからインテル Iris ProIris Plusです。インテル HD 520やインテル Iris Pro 580といった型番を見かけると思いますが、またこれが混乱のタネとなっています。

頭がこんがらがる事例を1つ紹介します。インテル HD 520はベーシックなグラフィックスチップセットです。インテル Iris 550はHD 520より優れていますが、同じくベーシックなものです。

しかし、 インテル HD 530は高性能グラフィックスユニットで、インテル Iris 550より優れています。そして、インテル Iris Pro 580も高性能グラフィックスユニットであり、インテル HD 530よりも優れているのです。

こうした記号を読み解くための最善のアドバイスは?

それは、読み解こうとしないこと、です。そのかわり、インテルの命名規則に注目しましょう。プロセッサーの型番がHで終わっていれば、高いグラフィック性能を持っています。末尾がGなら、インテルのチップではない専用GPUが搭載されていることを意味します。

インテル Cores i3 vs. i5 vs. i7:最適なものを選ぶ

20181010-intel04
Image: MakeUseOf

一般に、それぞれのプロセッサーは、以下のタイプの人に向いていると言えます。

  • インテル Core i3:初級ユーザー向け。価格重視の人。Web閲覧、Microsoft Officeの使用、ビデオ通話、ソーシャルネットワーキングなどの作業に適している。 ゲーマーやプロフェッショナルには向かない。
  • インテル Core i5:中級ユーザー向け。 性能と価格のバランスを取りたい人。 専用グラフィックスプロセッサを搭載したGプロセッサーまたはQプロセッサーならゲームにも適している。
  • インテル Core i7:パワーユーザー向け。 複数のウィンドウを同時に開いた状態でマルチタスクを実行したり、大きなマシンパワーを必要とするアプリケーションを実行したり、ロード時間をできるだけ短くしたい人。

どうやって選ぶか?

Image: Techquickie/YouTube

この記事では、新しいインテルのプロセッサーを購入しようとする、あらゆる人のための基本的なガイドを提供しましたが、おわかりのように、Core i3、i5、i7の違いはかなり複雑です。そして、たとえその違いのすべてを理解できたとしても、いざ購入しようとするときには、価格が同じである、異なる世代のプロセッサーを比較する必要が出てくるでしょう。

こうした比較を行う際に、私が提供しうる最善のヒントは、「CPU Boss」を開いて、2つのプロセッサーを比較し、詳しい分析と評価を確認することです。専門用語がわからないときは、評価と基本的なアドバイスを参考にしましょう。専門用語が理解できる人は、CPU Bossで詳しい情報をくまなく把握することができます。

注:ほとんどの人にはインテルCore i9は必要ない

インテルには、インテル Core i9と呼ばれるハイエンドのプロセッサーがあります。通常、これらは多くのコア(デスクトップ用なら10〜18)を持ち、かなり高速です。とはいえ、ほとんどの人にとっては、そこまでの性能は必要ありません。

Core i9は、ライブストリーミングをするハードコアゲーマーや、複数のタスクを処理する動画編集者などにのみ恩恵をもたらします。

他のすべての人にとって、インテル Core i7で十分であり、おそらくインテル Core i5でも不足はないはずです。興味があれば、こちらの「Intel Core i9、Core i7、Core i5から選ぶときに理解しておくべきこと(英語)」をチェックしてください。


Image: Dragon Images/Shutterstock.com

Source: Intel ,YouTube

Original Article: Intel Core i3 vs. i5 vs. i7: Which One Do You Really Need? by MakeUseOf

訳:伊藤貴之

swiper-button-prev
swiper-button-next