特集
カテゴリー
タグ
メディア

ユニクロVS無印良品。秋冬ダウンベストを徹底比較

roomie

ユニクロVS無印良品。秋冬ダウンベストを徹底比較

ROOMIEより転載:あまりにも似ている…。

ユニクロの「ウルトラライトダウンベスト」(写真左)と、無印の「スタンドカラーベスト」(写真右)。

はてさて、秋冬にはどっちがいいんでしょうか?

パッと見、ほぼ一緒だけど…

こちらは、メンズのLサイズ(黒)。色味は無印(写真右)の方が若干、深い黒です。

3

表記価格は、ともに3,990円。

ダウン90%、フェザー10%という中わたの比率も一緒。両者とも手洗いOKです。

収納性はユニクロ

4-1

ユニクロは収納袋が別ですが、無印は内ポケットが収納袋に

袋をなくす不安がない点では、無印はいいですね。

5

ただし、折りたたむとユニクロよりかさみます。収納性はユニクロでしょうか。

無印の方がフィット感がある

6

重ねてみると、無印のほうが、ひとまわり小さく、フィットした作り。

襟意外の着丈はともに66cmなんですけどね。

インナーではなくアウターとして着るなら、無印の方がスタイリッシュにキマるかも。

無印の方が襟がソフト

7

さらに、スタンドカラーの高さも異なりますね。

ユニクロのほうが高く、またハリ感もあります。

無印の方が、襟はソフトで自然な感じです。

無印は場所によって中わたのボリュームに差が

8

厚みを見ると、無印のダウンベスト(写真右)は、ふっくら。特に肩回りに厚みがあります。

それに対して、ユニクロのほうは、均一な厚み。薄いです。

インナーはユニクロ。アウターは無印

9

結論、インナーダウンとしては、もこもこしないユニクロの方がオススメ。持ち運びも、無印よりコンパクトです。

薄さ、軽さを追求してペッタリしているのに、ちゃんとダウンとして空気の暖かさを感じます。

対してアウターとしてなら、無印の方がオススメ。

ソフトな襟や、場所ごとにボリュームが調整された中わた、フィットしたサイズ感で、キレイなシルエットを作れます。

実は無印の方がちょっと安い

10

最後に、同じ3,990円の表記価格ですが、実はユニクロは税別で、無印は税込価格。

無印の方が312円分、お得になっています。

秋冬のダウンを購入する際、ぜひ参考にしてくださいね〜。

Image: 栗山佳子

Source: ウルトラライトダウンベスト, ユニクロ/ スタンドカラーベスト, 無印良品

あわせて読みたい

仕事用からプライベートまでこれ1つでOKなスマートなデザインのバッグ【今日のライフハックツール】

Uniqlo Uの「サコッシュ」で大荷物から卒業できた!そのワケは…|マイ定番スタイル | ROOMIE(ルーミー)

さすがモンベル!軽くて防寒性バツグンの「シャミース」があれば、秋冬も心強いな〜|マイ定番スタイル | ROOMIE(ルーミー)

栗山佳子

swiper-button-prev
swiper-button-next