特集
カテゴリー
タグ
メディア

そりゃ暖かいに決まってるわさ。画期的な「ヒーター付き防寒ウェア」がついに上陸

  • カテゴリー:
  • TOOL
そりゃ暖かいに決まってるわさ。画期的な「ヒーター付き防寒ウェア」がついに上陸
Image: Polar Seal

今年も残り2カ月。

年末に向けて忘年会や年賀状の準備をはじめるころですが、寒さ対策もそろそろはじめたいところ。ダウンやジャケット類など新しく購入する人も多いはず。

そこで一緒に検討したいのが、ボタンを押すだけですぐ暖まる、画期的なヒーター内蔵の防寒ウェア「POLAR SEAL(ポーラーシール)」。昨年にはインナーとして紹介しましたが、今回は新製品としてアウターモデルがクラウドファンディング中。

そこで、今回ラインナップに追加されたベスト、パーカー、フーディーモデルをご紹介します。

「POLAR SEAL(ポーラーシール)」とは?

Video: GENE TV/YouTube

こちらにもあるように、Polar Sealにはヒーターが内蔵されており、袖元のボタンを押すだけでジャケットが温まります。モバイルバッテリーに繋ぐだけですぐ使えるようになります。

ジャケット類の問題点は、着てから温まるまで時間がかかることでしたが、Polar Sealならおよそ10秒で温まります。

3GarmentsWholeCollectionKS2
Image: Polar Seal

アウターモデルで用意されているのは、Hoodie(フーディ)、Vest(ベスト)、Parka(パーカ)の3種類。それぞれデザインが異なるだけで、全てヒーターを搭載しています。

FinalKS3ProductsRotationAnimation
Image: Polar Seal

またヒーターを搭載している部分ですが、首に近い背中とお腹部分の2箇所です。

お腹部分は冷えが辛い部分でもあるので、これはありがたいところ。背中に関しては、ここを温めると身体中がポカポカとするので理にかなっていると言えます。

室内でも活躍する「フーディーモデル」

Side-1
Image: Polar Seal

特にパーカータイプに関しては、屋外着だけではなく室内着としてもぴったり。

夜勉強する時、朝ゴミ出しをする時、朝食を作る時、寒さと戦わなければいけない時はよくあります。そんな時に、寒さに立ち向かう勇気を与えてくれるのが、このパーカータイプ。逆に屋外で使うには少し薄すぎるかも。

fortyfivedegrees-1
Image: Polar Seal

屋内はコタツを使っても上半身が寒いときが多々あるので、Polar Sealで体調管理をしましょう。

室内外で使える「ベストモデル」

Style2-1
Image: Polar Seal

また、ベストタイプも屋内でも使えるスタイリッシュなタイプですね。ベストといってもダウンベストではないので、少し薄めで屋内で着ていてもおかしくありません。スタイリッシュに見えますね。

FortyFiveDegrees(1)-1
Image: Polar Seal

また屋外に行く時には、このままでもいいですし、ダウンジャケットを羽織っていくものあり。室内外で使えるので、重宝しそうです。

実際、この3つのモデルの中で、スーパーアーリバードが売り切れているのは、このベストタイプのみ。人気が高いことが伺えますね。

屋外に適した「パーカーモデル」

FrontOpen-1
Image: Polar Seal

とにかく暖かいダウンジャケットを探している、という人はヒーター付きジャケットが役に立つでしょう。そもそもダウンジャケットだけでも暖かいのに、そこにヒーターがついたら暖かいに決まっています。

とにかく冬が苦手という人や冬でも外に出るという人は、ヒーター付きを試してみる価値はありそう。

今回ご紹介した3つのタイプは、現在姉妹サイトmachi-yaでクラウドファンディング中。詳細は以下のリンクでご確認いただけますよ。

>>電気で瞬時に暖まる革新的な防寒ウェア「POLAR SEAL(ポーラーシール)」の支援はこちら

Image: Polar Seal

Source: machi-ya

島津健吾

swiper-button-prev
swiper-button-next