特集
カテゴリー
タグ
メディア

正しいフィードバックとは「行動に対して改善策」を伝えること

cafeglobe

正しいフィードバックとは「行動に対して改善策」を伝えること
Image: shutterstock

Netflixの元人事責任者パティ・マッコード氏が考える正しいフィードバック法とは?

性格ではなく、行動に関すること

フィードバックで最も重要なのは、「あなたはぼんやりしている」のような、相手の性格描写ではなく、行動に関するフィードバックを与えることだ。またそれは相手が改善できることでなくてはならない。——パティ・マッコード

飛ぶ鳥を落とす勢いで急成長中の動画配信サービス、Netflixの元人事責任者パティ・マッコード氏の著書『NETFLIXの最強人事戦略 自由と責任の文化を築く』から、職場でのコミュニケーションに関する重要なアドバイスです。

マッコード氏が作成したNetflixカルチャー・デック(同社の企業文化をまとめたスライド)は、ネット上で2,000万回近く閲覧されるなど、注目を集めています。

厳しい内容でも率直に伝えましょう

Netflix社内では活発なコミュニケーションを重視しているそうで、話しにくい厳しい内容であっても、部下を信頼して率直に伝えることが大切だと述べています。

「どうせ言ってもわからないだろう」と最初から諦めてしまっては、良い信頼関係が築けません。

その際、ただ単にズケズケと物を言えばいいという訳ではなく、必ず上記のようなルールを守るべきだとマッコード氏。責するつもりが単なる人格攻撃になってしまっては、やる気を失わせてしまうだけです。

ほとんどの人は仕事で最善を尽くした結果失敗してしまうので、“失敗してしまったその人の性格”を責めるのではなく、“今後どのように改善したらいいか”に焦点を合わせるべきでしょう。

Source: パティ・マッコード『NETFLIXの最強人事戦略 自由と責任の文化を築く』(光文社), Netflixカルチャー・デック

Image: shutterstock

カフェグローブより転載(2018.09.23 )

「特定社労士」が明かす、会社でのトラブル対応策

Netflixの元CTOパティ・マッコードが語る「よい環境で働くためには」

新しく習得したいことがあるなら。独学のプロいわく「まず20時間」

吉野潤子

swiper-button-prev
swiper-button-next