特集
カテゴリー
タグ
メディア

MacとiPhoneの美しき連携機能10選

  • カテゴリー:
  • TOOL
MacとiPhoneの美しき連携機能10選
Image: Hadrian/Shutterstock.com

MacOSとiOSは美しく連携します。あなたが使っているデスクトップパソコンとスマートフォンが両方ともAppleの製品だとしたら、たくさんの便利な連携機能をすぐに使いはじめることができます。

それでは、MacとiOSを並べて使えるベストな連携機能を見ていきましょう。

1. コンテンツをコピー&ペーストする

20190913-maciphone01
Image: MakeUseOf

Appleの「連携機能」を使えば、デバイス間をシームレスに行き来することができます。MacとiPhoneの間でクリップボードのコンテンツを共有できる「ユニバーサルクリップボード」機能もそのうちの1つです。

2つのデバイス間でテキスト、画像、写真、ビデオをコピー&ペーストするには、それぞれのデバイスで以下の設定を行なう必要があります。

  • 各デバイスに同じApple IDを使ってiCloud にサインインする。
  • 各デバイスでBluetooth がオンする。
  • 各デバイスでHandoffを有効にする。macOSなら、[システム環境設定]>[一般]で[この MacとiCloudデバイス間でのHandoffを許可]にチェックを入れる。iOSなら、[設定]>[一般]>[Handoff]でHandoffをオンにする。

以上の設定が完了すれば、MacでコピーしたコンテンツをiPhoneにペースト(またはその逆)できるようになります。

2. 作業を引き継ぐ

20190913-maciphone02
Image: MakeUseOf

上のセクションで解説した設定を完了したら、片方のデバイスで行なっていた作業を、もう片方のデバイスで引き継ぐことが可能となります。

たとえば、iPhoneのメモアプリで入力しはじめたメモの続きを、Macのメモアプリで引き継ぐことができます。

iPhoneでメモアプリがアクティブになると、MacのDockの一番左に特別なアイコンが表示されます(メモアイコンに小さなスマホのマークがついている)。

このアイコンをクリックすれば、iPhoneで入力していたメモの続きを引き継ぐことができます。

逆に、Macで書いていたメモをiPhoneで引き継ぎたい場合は、iPhoneのマルチタスク画面の下部に表示されるメモアプリのバナーをタップします。マルチタスク画面を表示するには、iPhoneのホームボタンをダブルクリックしてください。

Handoff機能はメモ以外にも、メール、Safari、リマインダー、Pagesなどさまざまなアプリで使うことができます。

3. ファイルやウェブページを共有する

20190913-maciphone03
Image: MakeUseOf

MacとiPhone間でファイルを共有するには、Apple標準のファイル転送ユーティリティ『AirDrop』を使うことができます。

それぞれのデバイスでWi-FiとBluetoothを有効にし、お互いを検出できたら、あとの作業は簡単です(それぞれのデバイスが同じネットワークに接続されている必要はありません)。

MacからiPhoneにファイルを送るには、送りたいファイルやフォルダを右クリックして、[共有]>[AirDrop]と選択します。[共有]ダイヤログが表示されたら、送り先のデバイスを選択しましょう。

iPhoneからMacにファイルを送る場合は、まず、送りたいものを選択します。それから[共有]ボタンをタップし、[共有]メニューで[AirDrop]オプションを表示します。

20190913-maciphone04
Image: MakeUseOf

ファイルやフォルダだけでなく、AirDropを使って、ウェブページ、メモ、連絡先、写真などを転送することもできます。

ただし、AirDropは時々動作が不安定になることがあります。問題が発生した場合は、こちらのトラブルシューティングを参考にしてください。

4. 音楽、映画、TV番組を再生する

20190913-maciphone05
Image: MakeUseOf

Lightning USBケーブルを使えば、iPhoneの音楽をMacで再生することができます。

また、AppleのAirPlay機能を使えば、MacやiPhoneのコンテンツをワイヤレスでストリーミングすることが可能です。残念ながら、どちらのデバイスもAirPlayの受信機になることはできません。Apple TVを使いましょう。Apple TVは149ドルから購入できます。

そこまでの投資はできないという人は、『Reflector』(15ドル)などのアプリを入手してもいいでしょう。こうしたアプリは、AirPlay受信機をシミュレートし、iPhoneからMacにコンテンツをストリーミングすることができます。

逆にMacからiPhoneにコンテンツをストリーミングするには、『StreamtoMe』が使えます。

こちらの、AirPlayの初心者に向けたガイドで、MacとiPhoneのストリーミングとミラーリングについて理解しておくべきことをすべて解説しています。

5. インターネット接続を共有する

20190913-maciphone06
Image: MakeUseOf

Macのインターネット接続をWi-Fiホットスポットに変えるには、少しだけ設定が必要です。[システム環境設定]>[共有]の順に進み、[インターネット共有]のチェックボックスをオンにしてください。確認画面が表示されたら[開始]ボタンをクリックします。

MacからiPhoneのインターネット接続(テザリングと呼ばれる)を利用するには、iPhoneの[設定][インターネット共有]オプションを有効にしてください。すると、Macのネットワークリストに、iPhoneが表示され、接続できるようになります。

Wi-Fiの代わりに、BluetoothやUSBケーブルを使ってテザリングをすることもできます。iPhoneのインターネット共有機能の詳細については、こちらのガイドを参考にしてください。

インターネット共有機能の使い方は、携帯キャリアによって異なる場合があります。問題が発生した場合は、こちらの、iPhoneのテザリングに関するトラブルシューティングガイドをご覧ください。

6. Safariのタブを閉じる

20190913-maciphone07

MacとiPhoneでSafariのiCloud同期を有効にすると、片方のデバイスで開いているタブを他方のデバイスから閉じることができます。 同期の設定は:

macOSでは:[システム環境設定]>[iCloud]にアクセスし、[Safari]のチェックボックスをオンにする。

iOSでは:[設定]>[Apple ID]>[iCloud]と選択し、[Safari]のトグルスイッチをオンにする。

この設定が完了すると、iPhoneのSafariで開いているタブが、MacのSafariのタブスイッチャーに表示されるようになります。タブを確認するには、下までスクロールする必要があるかもしれません。

(タブスイッチャーを表示するには、キーボードで[Shift]+[Cmd]+[バックスラッシュ(\)]を押すか、メニューから[表示]>[タブの概要を表示]を選択する)

iCloudタブを閉じるには、タブにカーソルを置いたときに表示される[閉じる]ボタンをクリックします。ツールバーに[iCloudタブ]ボタンを追加しておくと、iCloudタブにすばやくアクセスできて便利です。

こんどはiPhoneを見てみましょう。タブスイッチャーの中に、MacのSafariタブがアクティブタブとしてリストされているはずです。タブスイッチャーを表示するには、右下にある[タブ]ツールバーボタンをタップします。 タブ名を左にスライドさせると、[閉じる]ボタンが表示されます。

7. iPhoneを使ってMacのロックを解除する

20190913-maciphone08

iPhoneのパスコードやTouch IDの指紋認証を使ってMacのロックを解除するには、サードパーティのアプリが必要となります。

Tether』(無料)か、『FingerKey』(3ドル)を試してみてください。かつては『MacID』として知られていた『Unlox』(4ドル)も優れた選択肢です。

Apple Watchを使えば、Macの前に座るだけでロックを解除することができます。これは、Macの自動ロック解除機能を使って行ないます。このほかにも、あなたが知らないApple Watchの機能がまだあるかもしれません。

8. Macのキーボードを使ってiPhoneに入力する

20190913-maciphone09

あなたがよく使うiPhoneアプリにMac版があり、iCloud同期をサポートしているなら、Macで入力した内容をiPhoneに表示(またはその逆)することができます。

そうでない場合でも、MacのキーボードをBluetoothキーボードに変えられるアプリがあれば、同じことができます。

おすすめのアプリは無料で試用できる『Typeeto』(20ドル)です。このアプリの詳しい使い方は、こちらの、MacのキーボードでiPhoneに入力する方法、をご覧ください。

9. Mac上で電話をかける/電話を受ける

20190913-maciphone10
Image: MakeUseOf

iPhoneにかかってきた電話やFaceTimeの着信をMacで受けることができます。そのためには、MacとiPhoneを同じネットワークに接続し、同じiCloudとFaceTimeアカウントでサインインする必要があります。

MacOSなら:[Facetime]>[環境設定]>[設定]>[iPhone から通話]を有効にする。

iOSなら:[設定]>[電話]>[ほかのデバイスでの通話]>[ほかのデバイスでの通話を許可]を有効にする。(同セクションで、着信を受けたいMacのトグルスイッチをオンにする)

これで、iPhoneに着信があると、Macに通知が表示されるようになります。通知画面の中で、着信に応答したり、拒否することができます。

20190913-maciphone11

また、Macから電話をかけるには、任意のアプリ内で電話番号かそのリンクを右クリックします。次に、コンテキストメニューの[iPhoneで<電話番号>に発信]をクリックし、確認画面が表示されたら、[発信]をクリックしてください。

10. MacからSMSを送受信する

Macを使ってiPhoneのSMSを送信するには、iPhoneの[設定]>[メッセージ][SMS/MMS転送]を有効にします。

また、iMessageであなたの電話番号やメールアドレスが、着信可能になっている必要があります。それには、メッセージアプリの設定で、使用する連絡先にチェックマークをつけます。

macOSなら:[メッセージ]>[環境設定]>[アカウント]

iOSなら:[設定]>[メッセージ]>[送受信]

これで、MacからSMSを送信できるようになりました。iMessageで通常どおりチャットを始めますが、今回は、電話番号を選択してメッセージを送信できることを確認しましょう。テキスト転送を使って、送信できるはずです。

Mac とiPhoneは美しく連携する

Macユーザーだからといって、必ずしもiPhoneを買う必要はありません(その逆もしかり)が、2つを並べればとても便利に使うことができます。Apple標準機能とサードパーティのアプリを組み合わせることで、MacとiPhoneの間を簡単に行き来できるようになります。

シームレスな行き来といえば、ぜひこちらの、Macの使い勝手を向上させるiOSアプリ、をチェックしてください。


Image: Hadrian/Shutterstock.com

Source: Squirrels, Zqueue, Hellotether, Finger Key, Unlox, Eltima Software

Original Article: 10 Handy Ways to Use Your Mac and iPhone Together by MakeUseOf

訳:伊藤貴之

swiper-button-prev
swiper-button-next