lifehacker

特集
カテゴリー
タグ
メディア

HOW I WORK

米Lifehackerのフードエディターが趣味を仕事にした方法

米Lifehackerのフードエディターが趣味を仕事にした方法
Image: Lifehacker US

敏腕クリエイターやビジネスパーソンに学ぶ仕事術「HOW I WORK」シリーズ。今回は米Lifehackerフードエディターのクレア・ローワー(Claire Lower)さんの仕事術です。

居住地:オレゴン州ポートランド

現在の職業:米Lifehackerのフードエディター(Skillet担当)

現在の携帯端末:iPhone 7

現在のPC:MacBook Pro

仕事の仕方を一言で言うと:心配性

── まず、略歴と現在の仕事に至るまでの経緯を教えていただけますか?

私のバックグランドは、もともと料理や文章とは関係ありません。

フロリダ大学で化学を勉強してDupont社でインターンとして有機発光ダイオードの仕事をした後、Honeywell社の研究室でフルタイムの仕事に就きました。朝から晩まで分光計を稼働させる仕事だったので、好きではありませんでした。

趣味でブログをはじめて、女性のライフスタイルタイル情報サイトxoJaneに飛び込みで、料理や食べ物について書かせてほしいと売り込みました。当時、このサイトに掲載される食べ物関連の記事のほとんどは、ダイエットか食べ物にまつわるメンタルヘルスの問題についてでした。

それで、「食べ物はおいしい!」という視点で書いてもいいか聞いてみると、嬉しいことに、答えは「YES」でした。私の最初の記事はピーナッツバターとピクルスのサンドイッチについてでした。

数年間フリーランスでxoJaneの記事を書きながら、他にもあちこちに寄稿していたのですが、やはりフリーランスで米Lifehackerの記事を書きはじめ、Skilletを引き継ぎました。

結局xoJaneはなくなりましたが、当時の米Lifehacker編集長(Alan Henry)から仕事の量を増やしてもらえたのはラッキーでした。2017年2月にスタッフライターになり、遂に長年夢に見ていた仕事に就きました。

20180918clair2
Photo: Claire Lowe

──最近の1日の流れを教えてください

仕事の日はほとんど似たような感じで、違うとところは、どんな料理を作るかです。

先週の月曜日(8月27日)は、起きてすぐに「桃のカプレーゼサラダ」を作って(写真を撮ってから)食べたので、かなり楽しかったです。

それを記事にしてサイトにアップし、さっさと火曜日の記事を書いてしまいました。その後、食料品店に行きシュリンプカクテルの材料を買って、シュリンプカクテルを作り、写真を撮ってから食べました。

その日に使った皿を全部洗い(山ほどありました)、キッチンを雑巾がけしました。

── 「これがないと生きられない」というアプリ・ソフト・ツールは?

カメラ(Canon Rebel SL1)がないと仕事ができません。あと、よく使うキッチンガジェットは、2台の真空調理機(JouleAnova)、インスタントポットハンドミキサーです。

アプリはそれほど使っていません。TwitterやInstagramのような一般的なソーシャルメディアのアプリ、Netflix、Hulu、YouTube、Spotifyなどの視聴アプリを使っています。

仕事の流れを革新するアプリをおすすめできたらいいのですが、残念ながらそういうものはありません。私はたぶん米Lifehackerで一番テクノロジーに疎いと思います。

20180918clair3
Photo: Claire Lower

── 仕事場はどんな感じですか?

私はスタジオに住んでいるので、アパート全体が私のオフィスみたいな感じで、絶妙なワークライフバランスになっています。

幸いにも私は本当にこのアパートが気に入っています。自然光がたっぷり入り、室内装飾は私の好みにしてあり、猫もいます。キッチンはたぶん普通のキッチンと同じセットアップです。

イマ―ジョンサーキュレーター、インスタントポット、真空シーラーがまとめて1つのコーナーに置いてあります。基本的にキッチンテーブルが写真撮影の場所です。

私が食事するときは、コーヒーテーブルを使っていて、執筆もほとんどコーヒーテーブルで座り心地の悪いヴィンテージのソファーに座っています。

── お気に入りの時間節約術やライフハックは何ですか?

サラダドレッシングを作るときは常にメイソンの広口瓶を使うことです。高価な "乳化ボトル"はたくさんありますが、材料を全部1つの広口瓶に放り込み、密封して、ドレッシングが乳化するまで瓶をシェイクする方が簡単です。

ドレッシングが余ったら、瓶に蓋をして冷蔵庫に入れられます。

──仕事場で採用しているプロセスで、興味深いもの、珍しいもの、こだわりがあるものがあれば教えてください

私の場合は、家で文章を書くときは、完全な沈黙が必要です。

写真の編集や料理をするときは、音楽があっても大丈夫ですが、執筆するときは音があるとほとんど書けません。

以前は、何万回も聞いた曲ばかり入ったこのプレイリストを聞きながら書けましたが、今はそれもできません。

でも、不思議なことに、バーでなら音楽が流れていても執筆できるんです。あらゆる種類の音が融合してひとつの大きなホワイトノイズ的なものになるからかもしれません。

私の脳はどうなっているのか自分でも謎です。

20180918clair4
Photo: Claire Lower

── どんな人たちからどのように仕事を助けてもらっていますか?

私は家で働いていますが、アイデアに関しては、編集者のフィードバックも大切にしています。Virginiaさん(編集長です)は私のスケジューリングを手伝ってくれていて、とても助かっています。

私自身が前もって計画を立てることが得意でないからです。ビデオ撮影は、ビデオプロデューサーのJoelさんのおかげで集中力を保てています。彼は、褒めてくれて私の気持ちを落ち着かせたり、料理の準備や掃除も手伝ってくれています。

私が担当している3-Ingredient Happy Hourというカクテル紹介サイト用にカクテルのアイデアやレシピを提案してくれるバーテンダーの友人が何人かいて、特にDouble DragonDanさんにはお世話になっています。

彼は私にカクテルを作ってくれると、すぐにそのレシピをきれいに手書きしたコースターを渡してくれるんです。

他には、ボーイフレンドと友人のRyanさんが我が家に来て、私が作ったほとんどの料理を食べてくれることです。

独りで仕事をしていると、自分の料理を試食するのは自分だけになりがちなので、他人から評価をもらえるのはありがたいことです。

──ToDoはどうやってトラッキングしていますか?

紙に書き出します。Uncalendar plannerを使っていますが、ボックスやスペースがたくさんあり、リストをいくらでも書き込める点が気に入っています。

私の場合、リストほど心を静めてくれるものはありません。それから、会議中やレシピの開発中にメモを取るとき、このノートパッドをクリップボード代わりに使っています。

ほかに、毎日のToDoリストを書く小さなノートパッドもあります。

それから、記事のアイデアが浮かんだり、興味深い記事やレシピを見つけると、自分にSlackで送っています。

20180918clair5
Photo: Claire Lower

──どのように充電したり休息していますか?

ボーイフレンドと私は公園や川で読書することが好きで、次に読む本を探してPowell書店やさまざまなコミック書店でかなりの時間を過ごしています。それから、殺人事件のドキュメンタリーを見たり、Last Podcast on the Leftを聞いたりしています。

あとは、私はしょっちゅうお風呂に入ることでしょうか。

最近、キャンドルホルダーが付いたバストレイを買いました。独りの夜は、オシャレなバーで静かにカクテルを1杯か2杯飲むのが好きです。

ドレスを着て口紅をつけて、バーテンダーしかいないバーに座ると(バーテンダーは仕事をしているので、会話の量がちょうどいい感じになります)、心がとても癒されます。

それから、刺繍もはじめました。今はDaniel-Johnstonのテーマのタオルを刺繍しているところです。

──仕事の合間にどんなサイドプロジェクトをするのが好きですか?

以前本を出す話を提案されたのですが、放置しているので、それを本気で見直す必要があると思っています。

私にとって、文章を書くことがサイドプロジェクトだったのですが、今はそれが本業になりました。だから今の私にはサイドプロジェクトは特にないのですが、現状に満足しています。

20180918clair6
Photo: Claire Lower

──今日あなたがされたのと同じ質問をしてみたい相手はいますか?

Mick Jagger(ミュージシャン)、Stephen Merritt(シンガーソングライター)、Noel Fielding(コメディアン)です。

──これまでにもらったアドバイスの中でベストなものを教えてください

「今は誰にとっても2018年」。来年になればみんなが平等に2019年を迎えます。

私は大学卒業に普通より長くかかり、少しパニックになってしまいました。そのとき、父が、「今2010年であることは、誰にとって同じだよ。だから大丈夫だ」と言いました。

確かに大丈夫でした。私が今までに自分で設定したタイムラインや5年計画で、想定通りに運んだものは1つもありません。

ハラハラさせられますが、結局目の前の「今」に集中して生きるしかないと思います。

20180918clair7
Photo: Claire Lower

──改善しようとしていることはありますか

もう少し効率的なタイミングでレシピを作る作業ができたらいいのにと思います

シチューやステーキのような重い料理を朝食で食べることになったり、(今日はマッシュルームでしたが)ディップなどを食間に食べてお腹いっぱいになり、本当の食事が食べられなくなりがちだからです。

でも、これは大した問題ではなく、食事の計画を立てるのが大変になるぐらいです。小型冷蔵庫も悩みの種です。

私はたくさんの料理をランダムに作るので、ヨーロッパスタイルの小型冷蔵庫だと、たいてい中身が良く見えない状態になります。この冷蔵庫が最大の問題で、あとはすべてが快適な生活です。

NYのスタートアップ「Justworks」創業者が、生産的を高めるために意識していることとは?

ほぼ日手帳を愛用。アフリカ系クリエイターに光を当てる『Revision Path』の創設者モーリス・チェリーさんの仕事術


Image: Courtesy of Claire Lower

Source: Amazon(1, 2), ChefSteps, Anova, Instapot, Dobule Dragon, Uncalendar, Milligram, Powell, Instagram

Claire Lower – Lifehacker US[原文

訳:春野ユリ

swiper-button-prev
swiper-button-next