lifehacker

特集
カテゴリー
タグ
メディア

iOS 12でパスワードの自動入力がもっと便利になった

  • カテゴリー:
  • TOOL
iOS 12でパスワードの自動入力がもっと便利になった
Image: Lifehacker US

iOS 12にはたくさんの楽しい新機能があります。

そして、もしあなたがセキュリティを重視しているなら(誰だってそうですよね!)、Appleが最新のモバイルOSに搭載したパスワード関連機能に大喜びすることでしょう。

すぐに実感できるものとしては、SMSで送られてくるセキュリティコードを自動入力できる機能や、強力でユニークなパスワード(iCloud経由で共有できる)を自動生成する機能などがあげられます。

また、iCloudのかわりに、LastPass、1Password、Dashlaneなどのサードパーティアプリでパスワードを管理している人も、iOS 12でパスワードの自動入力がどれほど楽になったかがわかれば、歓喜の声をあげるはずです。

ユーザー名やパスワードを入力しようとするたびに、パスワード管理アプリを起動して、コピー&ペーストする必要はもうありません。

ユーザー名やパスワードの入力欄をタップすると、自動入力を促すプロンプトが現れます。プロンプトをタップすると、iOS 12が、パスワード管理アプリに保存されている認証情報を自動で入力してくれます。

自動入力を設定する方法

もちろん、事前に設定が必要ですが、手順はとても簡単です。まず、『LastPass』『1Password』『Dashlane』アプリが、iPhoneまたはiPadにインストールされていることを確認し、アカウントの設定を済ませてください。

それから、設定アプリをタップして、[パスワードとアカウント]という項目までスクロールし、タップしましょう。

20180921-autofill02
Image: Lifehacker US

続いて、[パスワードを自動入力]をタップしてください。

20180921-autofill03
Image: Lifehacker US

次の画面で、自動入力に使うパスワード管理アプリを選択します。 iCloudキーチェーンにパスワードを保存していない場合は、iCloudキーチェーンを無効にしてもかまいません。少なくともLastPassはそうすることを推奨しています。

20180921-autofill04
Image: Lifehacker US

ここまでの設定が完了すると、ウェブサイトやアプリにユーザー名やパスワードを入力しようとするたびに、自動入力を促す小さなプロンプトが表示されるようになります。

20180921-autofill05
Image: Lifehacker US

プロンプトをタップすると、パスワード管理アプリが起動し、認証を求めてきます。パスワード管理アプリでTouch IDかFace IDを使うように設定してあれば、認証作業はあっという間に完了します。

ひとつ難を言えば、ログイン画面でユーザー名とパスワードを自動入力するために、それぞれの入力欄を個別にタップしなければならないのが少し面倒です。

とはいえ、パスワード管理アプリとの間を行ったり来たりするのに比べれば、はるかに楽になったと言えるでしょう。

あわせて読みたい

iOS 12からiPhoneのデフォルトアプリを削除できるようになりました


Image: Lifehacker US

Source: Apple(1, 2

David Murphy - Lifehacker US[原文

訳:伊藤貴之

swiper-button-prev
swiper-button-next