特集
カテゴリー
タグ
メディア

書評

あえて鈍感になって「スルーできる人」になれば、複雑な人間関係も円滑になる

あえて鈍感になって「スルーできる人」になれば、複雑な人間関係も円滑になる

やりたいことを自由にやれている人は、批判されてもひどいことを言われても「スルー」できてしまうもの。つまり、人の不快な言動を、いつも聞いているようで受け流すことができる。

カウンセラーである『スルースキル “あえて鈍感"になって人生をラクにする方法』(大嶋信頼著、ワニブックス)の著者は、そう指摘しています。

そういう人は、ちゃんと自分に必要なアドバイスだけ拾って、どんどんヴァージョンアップしていきます。他人から批判されても聞いてないので、どんどん自由になっていくのです。(「はじめに」より)

また、「スルーできる人」は批判を気にしないからなのか、まわりの人の感情にも流されないのだといいます。まわりの人がどうであったとしても、スルーしてしまうから淡々とやりたいことを続けられるということ。

そればかりか、自由で楽しそうに生きる「スルーできる人」に周囲も引きずられることになるため、まわりの人もいつしか不安や怒り、困難から解放されていくというのです。

加えて「スルーできる人」は、いい意味で「鈍感」。「しなくてもいいこと」をスルーできるため、時間を無駄にすることもないのだといいます。

実は著者自身、いろんなことに敏感で、ちょっとしたことでもすぐ気になってしまうタイプだったのだそうです。

しかし、そんななかで「スルーできる人」のように鈍感になれば、物事が効率よく運び、スルーした不快なことまでがいつの間にか解決してしまっているということに気づいたのだといいます。

そして、カウンセリングにいらしてくださる「敏感すぎる仲間たち」が、いつの間にか鈍感になってスルーできるようになった時に「あ! これまでと違った美味しい人生を生きられるようになっている!」と嬉しくなるんです。

さらに、同じように私も鈍感になっていて、「あ! 人生ってこんなに楽に生きられるものなんだ!」と、これまで体験したことがなかった不思議な感覚を感じることができたんです。(「はじめに」より)

つまり本書は、そんな著者自身の体験に基づいて書かれているということ。第3章「周囲からの小言を自分の中でスルーする」から、いくつかのトピックスを抜き出してみましょう。

真に受けないことの大切さを知る

新人時代の著者は、誰かが怒っていたら「自分が悪いから相手を怒らせてしまったんだ」と相手の怒りを真に受けていたのだそうです。

そればかりか、「自分がダメ人間だから、相手が私を正しい方向に導いてくれようとしているんだ」とも思い込んでいたというのです。

つまりは言われたことを真正面から真剣に受け止め、「自分を修正しなければいけない」「そうしないと本当にダメ人間になってしまう」と本気で信じていたということ。

しかしそんななか、「怒られたのは、たまたま上司の機嫌が悪かったから」だということに気づいたのだそう。そして、以後はいろんな情報が入ってくると「上司の怒りのパターン」が見えてくるようになったのだといいますそのため、「お前はなにをやってるんだ!」と怒られたとしても、「自分が悪いんだ!」と真に受けなくなったというのです。その結果、自分の変化にも気づくことに。

真に受けないでスルーできるようになったら「あれ? 真に受けていた時よりも自信が持てるようになっている!」と自分が変わってきます。

真摯に受け止めて反省し「上司が望んでいるようないい仕事をしよう!」としていた時は、定期的に失敗をして怒られていたのですが、真に受けなくなった、上司の怒りをスルーできるようになったら「いい仕事ができているかも」と思えるようになり、ミスもいつの間にか減少し、どんどん仕事が楽しくなっていったんです。(85ページより)

とはいえもちろん、著者は「上司の言うことなんかすべて無視しろ」と言っているわけではありません。しかし、上司の言っていることすべてを無条件で真に受け、「自分が悪いんだ」と自分のことを責めたとしても、あとには苦しみしか残らないということ。

結果、その苦しみでどんどん弱り、自信がなくなっていくのはある意味で当然だというのです。

人の話を冷静に、客観的に聞く姿勢は求められるべきでしょう。しかし、その重要性を踏まえたうえで、「ここが悪い!」と言われたことのすべてを真に受けず、自分を必要以上に傷つけないように心がける。

そうすれば、元気を取り戻すことができるというのです。

事実、その頃の著者が一緒に仕事をしていた先輩や同僚を見ていると、真に受けていない人のほうがどんどん仕事ができるようになっていったのだといいます。(82ページより)

表面上は耳を傾けても心の中でサラッと流す

「自分の話の聞き方が悪いから」とか「自分の態度が悪いから」相手が怒っているのだと反省してしまうと、どんどん相手からの責めをスルーできなくなってしまうものだと著者は主張しています。

こちらがダメージを受ければ受けるほど、相手からの攻撃がひどくなっていくというのです。

人間も動物なので、他の動物と同じように「弱い者は淘汰する」という本能を持っているもの。しかしその本能が働いていたとしても、人間の場合、小言を言っている本人のなかには「相手のためを思って言ってあげている」と“善意でやっている”という感覚があるというのです。

そのため、相手の言ったことでダメージを受けてビビったり、固まったりするということ。しかし感情的になって弱みを出せば出すほど、相手の本能の部分が発揮され、攻撃が止まらなくなってしまうのだといいます。

だったら動物のように、攻撃してくる相手を毅然とした態度で無視すればいいということになるでしょう。ただし人間の場合、本能の部分を、意識が勝手に「善意でやっている」と解釈してしまうもの。

そのため「私の善意を拒否した!」ということになり、それが「私自身が拒否された!」という思考に結びついてさらに怒りがヒートアップしてしまうことに。

そこで重要なのが、「相手の善意の部分を私は受け取っていますよ」という態度をとること。そうすれば、簡単に収まったりするものだというのです。

つまり「怒りの本質」は、たとえばプライベートでの奥さんとの喧嘩だったり、痛風の痛みからくる苛立ちだったり、まったく違うところにあるということ。

それが強い立場のところから弱い立場のところへと流れるのが「動物的な本能」だというのです。

それを真に受けてしまうと、言われている側はどんどん弱い立場になるため、相手からの攻撃が止まらなくなります。

しかし、ただの「動物的な本能」だと思ってスルーしてしまえば、簡単に怒りが収まるというのです。

ここで重要となるのが「善意を受け取っているフリをする」という仕草をすることです。 本質的な怒りには意味がありません。

そのため「善意を受け取っているフリ」でもまったく問題ありません。 むしろ、そのフリだけをして相手の怒りをスルーすることでダメージを受けなくなるので、「弱い立場」に陥れられることがなくなります。

すると、強い立場から怒りを垂れ流されなくなるので、今度は自分がどんどん強くなり、いつの間にか立場を逆転させることが可能になるのです。(89ページより)

これが、著者の考え方です。(87ページより)




たしかに「鈍感」になれれば、日常のさまざまなストレスを回避しながら快適に過ごすことができそうです。

ナーバスで「敏感すぎる」という自覚のある方は、本書を参考にして「鈍感力」をつけてみてはいかがでしょうか。

Photo: 印南敦史

印南敦史

swiper-button-prev
swiper-button-next