特集
カテゴリー
タグ
メディア

手帳とノートのいいとこ取り。カスタムして自由に使える「クリップブック」

  • カテゴリー:
  • TOOL
手帳とノートのいいとこ取り。カスタムして自由に使える「クリップブック」
Image: Amazon.co.jp

「今回こそは手帳を活用する」と意気込んでも、いつのまにか使わなくなってしまいます。結局自分に合った手帳を選んだとしても、カスタマイズできる幅が狭く、使いづらさを感じているのが原因かもしれません。

そんな「自分好みにカスタマイズできたら…」というモヤモヤを解決してくれるのが、自分だけの手帳を作れる「クリップブック」。最近、Instagramでカスタマイズした手帳の写真をあげるがブームになっているので、知っている人もいるのではないでしょうか。

この手帳、ビジネスにも応用でき、スケジュール管理が苦手な人でも使いづけることできそうです。

システム手帳「クリップブック」とは?

Image: Amazon.co.jp
Image: Amazon.co.jp

クリップブックは海外のメーカー品。手帳の管理のしやすさと、ノートの自由さを1つにしたシステム手帳なんです。

Image: Amazon.co.jp

タスク管理用のリフィルや白紙のリフィルなど、手帳に追加できるリフィルが豊富。中にはオリジナルでリフィルを作成したり、市販のものを使ったりしている人もいます。

Image: Amazon.co.jp

日付なしダイアリー、月間予定表、年間予定表、罫線ノート、方眼ノートなどが最初からセットされています。こうしたさまざまなリフィルを追加していくことで、「ノート部分がもっと欲しい」といった従来の手帳では拡張できなかった問題も解決。

正直手帳のノートは枚数が少なく、使うタイミングがよくわかりませんでしたが、こうして追加できるのであれば、ノートと手帳を別で持つ必要もなくなりそうですね。

ノートのカラーも19種類と豊富なことも人気の秘密。表紙をカスタマイズして、自分だけのオリジナル手帳も作成できますよ。

なお、以下の表示価格は執筆現在のもの。変更の可能性もありますので販売ページご確認ください。

オリジナルリフィルを作るなら、パンチがあると便利ですよ!

Image: Amazon(1, 2, 3

Source: Amazon(1, 2, 3

島津健吾

swiper-button-prev
swiper-button-next