連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

最高のパフォーマンスを発揮するための最強の休息法まとめ

最高のパフォーマンスを発揮するための最強の休息法まとめ
Image: Sann von Mai/shutterstock.com

どんなにタフでも、休むことなしに結果が出るはずがありません

肉体だけでなく脳も休ませる必要があることは、もはや常識。では、正しい休み方にはどのようなものがあるのでしょうか?今回はライフハッカーの記事より「最強の休息法」をまとめてみました。

心身の疲労は、どれくらいパフォーマンスに影響を与える?

疲労が思考と肉体のパフォーマンスに及ぼす影響

1.じっとしているだけが休息ではない

「積極的休息」で効果的に心身の疲労を回復。疲れているからこそ有酸素運動を

2.筋肉同様、脳にも回復の時間が必要

情報時代だからこそ、脳には休息時間が必要

3.ちょっとした食習慣が脳の疲労に効果あり

朝は「チョコレートアイス」がいい? 脳の疲れをとる「食習慣」

4.研究結果に基づく、最高の休息法

科学が語る、本当に効果がある休憩のとり方

5.仕事がデキる人は、休み方も超一流

休みの前日、「超一流」の人が仕事をあえて残して帰るのはなぜ?

日本人は休息下手だと言われます。よく働くことは素晴らしいのですが、休み足りずに生産性が低くては元も子もありません

休息は、積極的に!

「寝ていない自慢」ではなく「休息できた自慢」へシフトしていきましょう。

Image: Sann von Mai /Shutterstock

ライフハッカー [日本版] 露原

swiper-button-prev
swiper-button-next