特集
カテゴリー
タグ
メディア

「Apple Watch Series 4」はどんな製品? わかっていることすべて

GIZMODO

  • カテゴリー:
  • TOOL
「Apple Watch Series 4」はどんな製品? わかっていることすべて
Image: Apple

見た目以上のアップデートが!

無数のリーク情報を見てきた我々にはサプライズでもなんでもなくなっちゃったんですが、ともあれApple(アップル)が第4世代となるApple Watchを発表しました。

四角いフェイスのミニマルなデザインの枠組みはほぼそのままで、ちょっとだけ大きくなったディスプレイにますます多くの情報を詰め込みつつ、心電図計測機能も噂通り追加されました。

Apple Watch Series 4(以下Series 4)で一番魅力的なのはその有機ELディスプレイです。サイズが今までより微妙に大きくなるとともにベゼルはより細くなり、一方ケースはほんの少し薄くなっています。

これまでのApple Watchはみんな38mmか42mmでしたが、Series 4は微妙に大きく、40mmまたは44mmというラインナップになりました。スペースが広がった分、文字盤に表示できるコンプリケーション(天気とかカレンダーとか、時計と同じ画面で動的に表示されるウィジェット的なもの)も最大8つになります。

そしてそのウィジェットから、友だちとか家族といった人に素早く電話したりもできるようになります。あとは水とか火とかの動く文字盤もいくつか追加されて、会議中なんかの手慰みとしてはすごく役立ちそうです。

竜頭がアップデート

180912_applewatchsfour2-1
Image: Apple

デジタルクラウンも新しくなり、回すと微妙にカチカチというフィードバックを返すようになりました。スピーカーもアップグレードされ、周りがうるさくてもSiriとか電話の声を聞き取りやすくなります。

ジャイロスコープや加速度計も刷新され、エクササイズのトラッキング精度も改善されました。さらには転倒して動けなくなった場合にもその検知が可能になり、実際その状況になったら自動で救急連絡してくれるそうです。

180912_applewatchsfour3
Image: Apple

裏側のフィットネス機能も向上

また背面には、フィットネス/健康系の大きなアップグレードがあります。そもそもたいていのスマートウォッチとかフィットネストラッカーとかApple Watchとかに入ってる従来の心拍計機能は、そこまで正確じゃありませんでした

それはLEDと光センサーで皮膚の下の血管を流れる血液の流れ具合を測る、というものでした。でも運動中に腕を動かせば腕の中の血液の流れがすぐに変わり、そのせいでスマートウォッチとかフィットネストラッカーが認識する心拍数は不正確なものになっていました。Appleは「Apple WatchはただのiPhoneの付属物じゃないよ」「健康ツールなんだよ」という見せ方を続けています。

今回Series 4に心電図(ECG)計測機能を搭載したのも、その流れだと考えると納得できます。ちなみに心電図計測が可能になったのは今回全Series 4の背面がセラミックになったからで、背面セラミックなのはSeries 3ではGPSオンリーのモデルのみでした。

180912_applewatchsfour4
Image: Apple

Series 4が計測するのは血液の流れじゃなく、装着した人の「心臓の電気的活動」なるものです。これによって、激しい運動をしているときでも今までよりはるかに正確な心拍数が図れます。ECGでは心拍の異常とかコレステロールの蓄積といった症状も検知でき、突然心臓発作が起きたりする前に不調に気づくことができるというわけです。

米国食品医薬品局からの承認も、もうしっかり済んでるそうです。ちなみに心電図は心拍数みたいに自動的に記録されるんじゃなく、デジタルクラウンにタッチすることで記録されるっていうオンデマンド方式です。そのデータはiOSのHealthアプリに保存され、お医者さんに見せたいときはPDFでもエクスポートが可能です。

180912_applewatchsfour5
Image: Apple

ソフトも値段もアプデ

あとは外観からはわからないような、中身の改善もあります。今回Apple Watchとしては初めて、OSが64bitに、プロセッサはデュアルコアのS4になり、Appleいわく従来の2倍の速さを実現。これでアプリの立ち上げとか切り替えがもっと素早くなるんじゃないかと期待されます。

しかもバッテリーライフも犠牲になってなく、フル充電してから18時間保つとのことです

180912_applewatchsfour7
Image: Apple

Series 4はGPSオンリー版が399ドル(日本価格4万5800円)、セルラー版が499ドル(日本価格5万6800円)からですが、Series 3は前者が329ドル、後者が399ドルだったのでまあまあの値上げですね。

プレオーダーは今週金曜日9月14日から、出荷は9月21日です。Image: AppleちなみにApple Watch Series 3もなくなるわけじゃなくて、GPSオンリー版が279ドル(日本価格3万1800円)に値下げとなり、引き続き販売されてます。


GIZMODOより転載(2018.09.13公開記事)

あわせて読みたい

寝てた人もこれだけみれば大丈夫。iPhone XS / XS Max / XR、Apple Watch Series 4の発表イベントまとめ

Image: Apple

Source: Apple(1, 2

Andrew Liszewski - Gizmodo US [原文

福田ミホ

swiper-button-prev
swiper-button-next