lifehacker

特集
カテゴリー
タグ
メディア

まだ毎日1万歩にこだわってるの?

まだ毎日1万歩にこだわってるの?
Photo: Nubia Navarro/Pexels

運動は、しないよりもしたほうがいいのは間違いありません。

でも「1日1万歩」なんて基準は、いったい誰が決めたのでしょう?

なぜ歩く基準は、1日1万歩なのか?

その起源は、1960年代に日本で流行った「万歩計」にあると考えられます。

キャッチーなネーミングとして採用されただけですが、人によって1万歩というのは適度な目標だったため、今でもその名残があるのです。

距離に換算すると、1万歩は、およそ8キロ。

忙しい1日に組み込むのは、チャレンジングながら不可能ではないレベルといえます。

やがてこの数字が独り歩きを始め、運動や健康の研究における共通のベンチマークとなりました。

1万という数字には確かにスペシャルな感じがありますが、Guardianの記事も指摘しているように、妥当に大きな数字であれば1万にこだわる必要はないのではないでしょうか。

そもそも、1日の本当に必要な歩数はどのくらい?

アメリカ心臓協会が推奨する1日の運動量をすべて徒歩で達成するには、20分から30分歩けばいいことになります。平均的な1日の歩数にそれを加えると、およそ7500歩となります。

では、本当に必要な歩数は、いったいどれくらいなのでしょう。

都会に住んでいていつも歩きで移動しているなら、1万歩はすぐに達成できるかもしれません。それでも十分ですが、もっとできるならそれに越したことはありません。15000歩を目指せそう? だったらそれを目指しましょう!

でも、1万歩がなかなか達成できないと思っているあなた。無理にそれを目指す必要はありません。

歩数計アプリを開いて、目標値を下げましょう。それは、怠けとは違います。

目標は、手に届く範囲でなければモチベーションにつながらないのです。

これを機に、誰かが半世紀前に決めた”それっぽい”数字(1万歩)などは忘れて、あなたに最適な目標を見つけてください。

あわせて読みたい

引き締まったお腹を手に入れる。脂肪を燃やすトレーニング7選

1日に4000歩の人が、1万歩を達成するための具体的なシミュレーション

Beth Skwarecki - Lifehacker US[原文

Photo: Nubia Navarro/Pexels

swiper-button-prev
swiper-button-next