特集
カテゴリー
タグ
メディア

夏休みを取れなかった幸運な人たちへ。秋旅行をすすめる4つの理由

夏休みを取れなかった幸運な人たちへ。秋旅行をすすめる4つの理由
Image: Maridav/Shutterstock.com

まだどこにも行ってないのに気付いたらもう8月下旬…。

なんて人もいるのではないでしょうか。

しかし、がっかりする必要なんてありません。秋は旅行にもいい季節なんです。

お盆を過ぎたら夏はもう終わったも同然ですから、航空券からイベントのチケットまでほぼすべてが安くなる秋の旅行を楽しみましょう。

Creditcards.com」では、ほかの人が仕事に戻り始める夏休み明けに旅行に行くと、節約できる方法がたくさんあるとすすめています。

それに、秋に休みを取って旅行に行くのは、お金の節約以上におすすめの理由がほかにもあります。

「最高に生産的な休暇」を過ごすための秘訣

1. 気候

先月、私はアメリカ国内を北から南まだ縦断する旅をしました。私が行った場所はどこも地獄のように暑かったです。

蒸し暑いところもあれば、乾燥して暑いところもありました。

暑いのにエアコンのない建物があるところもありました。気候変動は悪夢のように恐ろしいです。ただ、ありがたいことに季節が変われば気温も下がりはじめます(そう願います)。

なにも季節の変化を楽しむために、紅葉狩りに出かける必要はありません。10月に気温が10度ほど下がる、高地や高原にハイキングに行ってもいいでしょう。

アウトドアのレジャーを楽しみたいなら、10度の気温差は大違いです。カヤックのレンタルなども、寒すぎてやっていないということもないので完璧です。

2. 混雑

ほとんどの人は、計画した旅行を終わらせるために暑い中ノロノロと歩き回ります。子どもがいる人は、子どもの学校の夏休みの間に、旅行をしなければならないでしょう。

しかし、子ども連れの場合は、秋の週末に旅行に行くのも楽しいです。観光地の人気スポットで写真を撮るときも、人が少ないので競争率は低め。

子どもがいない人は最高です!

ほとんど混雑しておらず、ホテルもレストランも、特別なアトラクションも余裕があります。おまけに、のんびりくつろげるだけでなく価格も安いです。

3. 目的地

秋になると旅行者が減るとわかっているので、お客さんを惹きつけるために価格を下げる場所はたくさんあります。「Fodor」の編集ディレクターDouglsa Stallingsによると、ディズニーワールドは入場料金は同じですが、周辺のホテルの宿泊料金が30%割引になっていることがよくあるそうです。

またStallingsは、ヨーロッパは秋になると全体的に価格が下がるとすすめています。

ヨーロッパは季節毎に変わることが多いので、レイバーデー(アメリカの祝日で9月第1月曜)以降は価格が下がります。40%も下がるものもあります。だからStallingsは、秋と早春にヨーロッパを旅するのがお気に入りです。

ただし、10月中旬以降の北欧は雨が多かったり、寒くなったりするので、現地の気候はチェックしましょう。

イタリア、ギリシャ、クロアチアのような南欧の国は、気候が温暖でビーチを楽しめるところもあり、とてもよさそうです。

4. 航空券

また、航空会社も秋の旅行をすすめています。秋の旅行はあまり人気がないので、混雑していないフライトも多く、航空券も安いです。航空会社のマイルが貯まっている人は、特典航空券が取りやすい時期なので、マイルを使うのもいいでしょう。特典航空券に必要なマイル数も少ないです。

ここまで読んで、秋の旅行を予約しようという気になった人には、気をつけてほしいことがあります。

秋は台風やハリケーンの季節なので、旅行保険をかけたり、台風などの影響を受けにくい目的地を選ぶようにしましょう。

また、ドイツのオクトーバーフェストのように、秋から年末にかけてお祭りをやっているところも多いので、混雑を避けたい人は事前に調べておきましょう。

お祭りを目当てに旅行したい人もいるかもしれませんが、その場合は散財する可能性も忘れずに。

機内持ち込みスーツケースの底には、薄くて大型の「非常時用バッグ」を敷いておこう


数日の海外旅行にぴったり。週末の直行便に特化した比較サイト「WeekendFlights」


Image: Maridav/Shutterstock.com

Source: Creditcards.com, Fodor

Aimée Lutkin - Lifehacker US[原文

訳:的野裕子

swiper-button-prev
swiper-button-next