lifehacker

特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

コンパクトなスマホ用カメラグリップで、もう落とさない、シャッターチャンスを逃さない【今日のライフハックツール】

  • カテゴリー:
  • TOOL
コンパクトなスマホ用カメラグリップで、もう落とさない、シャッターチャンスを逃さない【今日のライフハックツール】
Image: Just Mobile

一眼レフやそれに準ずる高価なカメラは、確かに「真のカメラ」と呼ぶに相応しい機能性を持っています。しかし、もはやスマホカメラがあれば十分という場面が少なくないのも事実ですし、その守備範囲は広がる一方です。

今はプロカメラマンでさえ、スマホカメラで仕事を完結してしまうことがあるほどです。とはいえ、2つもレンズを搭載し、カメラとしての性能をどんなに磨いたとしても、スマホカメラは構造的にどうしても避けられない欠点があります。

薄い板のようなスマホは、撮影時にとても持ちづらいのです。シャッターチャンスを逃すまいと慌ててかまえたり、無理な持ち方で撮影したりしようとして、スマホを落としてしまったことがある人は、決して少なくないでしょう。

コンパクトなスマホ用カメラグリップ

180718_shuttergrip_01
Image: Just Mobile

ShutterGrip』は、そんな欠点を補ってくれるスマホ用カメラグリップBluetooth接続のシャッターボタンも装備されていますので、使い勝手は、まるで本格的なカメラのようです。

スマホケースとして作られている多くの類似品と違って、取り外したときにコンパクトなのがポイント。また、スマホの天地をひっくり返して左側にグリップが来るように取り付ければ、左利きの人にとってもベストなグリップとなる点も見逃せないところでしょう。

対応機種は?

iOS 9以降、Android 5.0以降のスマートフォンに対応していますが、HTC U11、HTC U11+、OPPO R11、OPPO R9s、Mi Redmi Note 4Xなど、一部機種では利用できません。国産機種に対する言及がありませんので、国産Android端末をご利用の方は、注意が必要です。ただし、SONY Xperia Z5については、動作実績があるということです。

充電なしでボタン電池でも長時間使える

また、ボタン電池(CR2032)で動くところも、好印象。約180日間のロングライフですから、最近のガジェットにありがちな充電の煩わしさがありません。絶対に電池切れを起こしたくないという人は、予備電池を財布にでも忍ばせておけば、鬼に金棒でしょう。

Bluetoothシャッターにありがちな動作遅延が気になるかもしれませんが、三脚にセットすることもできますし、スマホカメラの実用性が上がることは間違いないと思います。

どこで買えるの?

現在は公式サイトで予約販売を受け付けており、2018年7月末から出荷が開始されているとのこと。本体価格は39.95ドル(約4500円)で、送料は20ドル(約2300円)です。


見た目はカラビナ型キーホルダー。紙幣やチケット、錠剤などを隠して持ち歩ける『Travel Stash』【今日のライフハックツール】


夜道を歩くのに安全なバッテリー不要なセーフティーライト【今日のライフハックツール】


Image: Just Mobile

Source: Just Mobile

田中宏和

swiper-button-prev
swiper-button-next