lifehacker

特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

暑いとき毎日でも食べたいアイスバーを簡単に作る方法【今日のライフハックツール】

  • カテゴリー:
  • TOOL
暑いとき毎日でも食べたいアイスバーを簡単に作る方法【今日のライフハックツール】
Photo: 藤加祐子

暑いときに食べるアイスバーは格別です。この季節は毎日でも食べたいけど、気になるのはコストやカロリー。そこで、手軽に手作りできるツールをご紹介します。

BRUNOアイスバー・メッセージ Happy』はシリコン製のアイスバー用製氷器。いつも飲んでいるジュースで簡単にアイスバーを作ることができます。

ジュースが手軽においしいアイスバーに

180814_brunoicebar_02
Photo: 藤加祐子

まず、容器の凸にバーの凹をしっかりはめ込みます。 次に、容器内側の線までジュースを注ぎます。それから蓋をして冷凍庫で冷やし固めます。

ジュースを内側の線より多く注ぐと、バーと容器の隙間から漏れてしまい、冷凍庫内部で固まってしまうので気をつけてください。

いろいろアレンジしてみよう

180814_brunoicebar_03
Photo: 藤加祐子

今回は、冷凍のブルーベリーとパックジュース『フルーツ&紫野菜ミックス』を使いました。200mlの紙パックジュースだと一口分あまります。

簡単に取り出せる

180814_brunoicebar_04
Photo: 藤加祐子

冷凍庫で約8時間冷やせば、アイスバーの完成。容器本体はシリコン製で、簡単に取り出せます。

ジュース選びのポイントとしては、日ごろ飲んでいて「ちょっと甘いかな…」と感じるくらいの味がベスト。凍らせても味が薄く感じることはないでしょう。

豆乳が苦手な人も食べられるかも?

180814_brunoicebar_05
Photo: 藤加祐子

さまざまなフレーバー豆乳も、アイスバーにすることで、豆乳の独特な匂いを気にせずに食べられます。

キッコーマンのチョコミント豆乳を使ったところ、大豆の香りが軽くなり、口当たりの良いアイスバーができました。

子どもと一緒に作っても楽しそう

180814_brunoicebar_06
Image: Amazon

アイスバー・メッセージ』にはHappyEnjoySmileの3種類があります。単体でも3種セットでも購入可能です。

夏休み中のお子さんと一緒に作るのも盛り上がりそう。楽しくおしゃべりしながらアイスバーを作れば、素敵な思い出になりますね。


Photo: 藤加祐子, Amazon

Source: BRUNO

藤加祐子

swiper-button-prev
swiper-button-next