lifehacker

特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

「通常のナイロンの7倍の強度」機動力とタフさを求める人必見のバックパック【今日のライフハックツール】

  • カテゴリー:
  • TOOL
「通常のナイロンの7倍の強度」機動力とタフさを求める人必見のバックパック【今日のライフハックツール】
Photo: 田中宏和

最初に書いておきますが、今回ご紹介する『Braasi Wicker』は、価格が4万円を超えるバックパックです。実物を見ずに買うとなると、迷ってしまう価格かもしれません。

はたして、その価値はあるのか。今回2週間ほど試用する機会をご提供いただけましたので、使ってみた感想を良い面も悪い面も洗いざらいレビューしてみたいと思います。

素材も制作もチェコ製のハンドメイド

Video: Šimon Brabec / YouTube

『Braasi Wicker』はチェコのプラハにある工房でハンドメイドされています。使われている素材もほとんどがチェコ製。

特徴をひと言で言うなら「丈夫な素材を使って耐水性がある、ユニークなウェビングネットを備えたロールトップタイプのバックパック」というところでしょう。

通常のナイロンの7倍の強度、防水性も

20180814_wicker_10
Photo: 田中宏和

メイン素材には、通常のナイロンと比べて7倍の強度がある「コーデュラナイロン1100D」を使用。しっかりとした生地の質感を、手にした瞬間に感じ取ることができます。

また、ロールトップタイプのバックパックは、収容量を増やしたいときに融通が効くというメリットがありますし、単純ながら防水性にも優れる仕組み。バケツを引っくり返したような豪雨に長時間さらされるほどでなければ、雨で中身を濡らしてしまう不安はありません。

縫製がしっかりしている

20180814_wicker_12
Photo: 田中宏和

縫製もきちんとした仕上げがされており、丈夫で質が高いというのが第一印象です。

あまり深く考えず、ものをドンドン放り込むように使いたい人にとっては、理想に近いバックパックだと思います。

デザインや機能性は?

メイン収納部以外には、小物用の内部ポケット2つ、標準的なタブレット端末を入れられる上部ポケット1つ、ノートPCなどを格納できる背面スリーブ、そして特徴的なウェビングネットが用意されています。

20180814_wicker_04
Photo: 田中宏和

ポケット類は、街中での使用を前提にしたバックパックに比べると、それぞれサイズが大きめになっています。ロールトップを最後まで締めた状態で28リットルある容量もあわせて、収容力の大きさが印象的。その割に重量は約1.2kgと重くありません。

20180814_wicker_03
Photo: 田中宏和

長年の使用に耐えるウェビングネット

ウェビングネットに関して言えば、ヘルメットやU字ロック、三脚、シューズなどを持ち運ぶためのネットを装備しているバックパックは他にもあるのですが、類似品の場合ゴム素材を使っていることがほとんど。

20180814_wicker_01
Photo: 田中宏和

一方『Braasi Wicker』は、伸び縮みしないストラップを網状に縫い付けたものとなっています。左右3カ所ずつと、天側ストラップ2カ所でDカンに通してあり、ストラップを引っ張って固定する仕組み。

20180814_wicker_05
Photo: 田中宏和

これは見た目の意匠にも一役買っているのですが、ゴムと違って、長く使っていても伸びてしまうことがなく、三脚など長くて重いものでもしっかり保持できるというのがメリット。

カラビナを使って、いろいろなものをぶら下げておくという使い方にも対応できます。

背中のムレ対策も

20180814_wicker_06
Photo: 田中宏和

また、使用していた期間はずっと35℃前後の猛暑を記録していましたが、メッシュ地のパッドは、背中のムレを軽減してくれていました。ただしスポーツタイプのバックパックのように、背骨に沿った通気用の溝などはありませんので、激しいスポーツでの利用は視野に入っていないと思われます。

気になるポイントは?

20180814_wicker_07
Photo: 田中宏和

もし「『Braasi Wicker』を敬遠するなら、その理由は何か」と聞かれれば、答えはひとつ。価格です。もしこの製品が「Made in China」なら、製品に多少難があったとしても、もっと価格は下がったでしょう。あまり持ち物に執着心がなく、使えればそれでいいというタイプの人には、あまり響かないかもしれません。

良いものを長く使いたい人にはオススメ

20180814_wicker_00
Image: BRAASI

逆に言えば、仕事やプライベートでバッグに機動力とタフさを求めており、気に入ったものを長く使いたいという人にとって、『Braasi Wicker』は良き相棒になってくれることでしょう。

『Braasi Wicker』は、サイクリストでもある建築家の夫婦によってデザインされ、Made in Prague(プラハ)にこだわり、ひとつひとつハンドメイド。手のかけ具合に妥協のないバッグだからです。

質実剛健さとルックスが両立

20180814_wicker_20
Photo: 田中宏和

また、「Urban Essentials(都会での必需品)」をテーマにした製品として、質実剛健さとルックスを兼ね備えていますので、通勤などの日常使いはもちろん、旅行、サイクリング、トレッキングなどに本格的なカメラを持参して撮影を楽しみたい人まで、要チェックのバッグだと思います。


Photo: 田中宏和

Image: BRAASI

Source: BRAASI, Šimon Brabec / YouTube

田中宏和

swiper-button-prev
swiper-button-next