特集
カテゴリー
タグ
メディア

まず片足の靴を脱いで後部座席におく。幼い子どもを車内に置き去りにしない方法

  • カテゴリー:
  • TOOL
まず片足の靴を脱いで後部座席におく。幼い子どもを車内に置き去りにしない方法
Image: Halfpoint/Shutterstock.com

高温の車内に幼い子どもをうっかり置き去りにしてしまう。

こうした悲惨な間違いは、実は誰にでも起こり得ます

ストレスや多忙のなかで、ついうっかり、幼い子どもが車中にいることを忘れてしまうことがあるのです。

アメリカでは毎年37人が死亡している

こうした悲劇の第一の原因は、私たちの脳が完全ではないということです(Gene Weingarten氏が2009年に米紙『ワシントン・ポスト』で子どものこうした死亡事故について取り上げています。

親である私たちが、自分も例外ではないということをちゃんと認識すれば、アメリカ国内で毎年、平均37人の子どもが高温の車内で死亡しているという痛ましい現状が、少しでも改善されていくはずです。

今年の夏は要注意! 熱中症や熱疲労の危険な兆候と、発症したときの対処法

うっかりでは済まされない。対策は?

p4cobubmsxersfzh49va
Image: Lifehacker US

今、この問題に対する技術的な解決策が次々と登場しています。

日産自動車は、後部座席に同乗者がいないか確認するようドライバーに促す警告システムを発表しました。GMC(ゼネラルモーターズが北米等で展開している商用車およびライトトラックブランド)と現代自動車も、チャイルドリマインダー機能を開発しました。

子どもを守るために開発されたデバイスアプリセンサー内蔵のチャイルドシートもあります。

誰でもできる簡単な予防策は、まず片足の靴を脱ぐこと

その一方で、お金をかけずに実践できる予防策もあります。

ソーシャルメディアでは何年か前から話題になっていて、ばかにする声も聞かれますが、賢い方法だと私は思います。

その予防策をご紹介しましょう。

子どもをチャイルドシートに固定したら、左の靴を脱ぎ、それを後部座席の適当な場所において車を運転するのです。

車を停めて外へ出ようとしたとき、片方が裸足であれば必ず気がつきます。そこで子どものことも、必ず思い出すというわけです(もちろん、靴のほうが子どもよりも大切というわけではありません。単なる脳の仕組みの問題です)。

少しばかばかしいような気がするかもしれませんが、思いも寄らない事故の防止に、きっと役立ってくれると思います。

暑い部屋では生産性が10%も落ちる。作業が最もはかどる室温は?

枕がひんやりでぐっすり。今年の夏は冷感マットで熟睡してみない?


Image: Halfpoint/Shutterstock.com

Source: The Washington Post, CNN, WHNT, Huffington Post, Kars4Kids, Amazon

Michelle Woo - Lifehacker US[原文

訳:阪本博希/ガリレオ

swiper-button-prev
swiper-button-next