特集
カテゴリー
タグ
メディア

夏休み中でも体がなまるのを防ぐ方法

夏休み中でも体がなまるのを防ぐ方法
Image: Dragan Grkic/Shutterstock.com

夏は、体を鍛えるのに最適な季節です。

寒さに震えることはないし、日は長いし、仕事によっては、自由に使える時間が多い人もいるかもしれません。でも、いざ夏休みになると、体を鍛えるという目標は、ひとまず保留になってしまいがちです。そんなあなたに、体がなまってしまわないようにする方法をお教えしましょう。

先を読んで計画を立てる

計画に従ってエクササイズをする場合、私はいつも、いくらか余分な時間を夏休みのために確保します。たとえば、12週間マラソンをする計画を立てたとすると、1~2週間早めにスタートするのです。そうすれば、1週間夏休みを取っても、その分のトレーニングをサボることにはなりません。

私はさらに、夏休みでどこかに出かける前に、余分にエクササイズするようにしています。たとえば出発前に、その月の「Classpass」(定額で複数のジムに通えるサービス)のクレジットを使い切ってしまいます。

もっと長い夏休みを取ろうと計画している人は、どのような影響があるのかをきちんと把握しておきましょう。2週間休んでも、筋力トレーニングに著しく響くことはありませんが、心肺機能はそれより早く低下してしまいます。

それを覚えておいて、夏休みの旅行中に、少しでも運動するかどうかを考えましょう。

夏休み中もアクティブに過ごす

xqkuuskgwtopzajl1tgs
Image: VisualHunt

これは人によります。計画的にエクササイズしていたり、何かスポーツをしていたりする人は、旅行先で時間を割いてワークアウトするよりも、休むほうがストレスになるかもしれません。

でも、体を動かさないと、という義務感から解放されるのを心から楽しめる人は、トレーニングウェアは置いていってもいいでしょう。旅行から戻ってきたら、またはじめればいいのです。

私はこの2つの中間を取り、旅行中は、家にいるときほどではありませんが、少しだけ汗を流すようにしています。

それでは、旅行中にエクササイズを行う方法をご紹介しましょう。

  • 『Sworkit』や『Nike Training Club』などのアプリを利用しましょう。器具を使わずに、短い時間でもエクササイズができます。
  • トレーニングチューブサスペンショントレーナーのような器具を持っていけば、ホテルの部屋でもエクササイズできます。
  • ランニングシューズを持っていって、旅行先を探検しましょう。
  • 旅行先で提供されているアクティビティを活用しましょう。水泳やレンタサイクル、ハイキングを楽しんだり、サーフィンやパドルボードに挑戦したりするのも良いですね。ビーチで景色を眺めながらのジョギングや、ヨガのセッションもおすすめです。

ウォーキングのパワーも侮ってはなりません。

知らない街を探検しながらだと、気づいたら、いつもよりずっとたくさん歩いていた…なんてこともあるかもしれませんよ。フィットネストラッカーや携帯アプリでチェックしてみてください。

家に帰ったら元のエクササイズを

家に帰ったら、体の状態が旅行前と同じ状態ということは期待できません。最初は、いつものエクササイズが少しきついと感じるかもしれませんが、それでいいのです。すぐに、いつものトレーニングができるようになるでしょう。

時差ボケが残っているからといって、翌日まで伸ばすのはやめましょう。翌日が週末になり、「2週間もすれば、また旅行に行くのだからいいや」になってしまいますから。

最初は少し時間がかかるかもしれませんが、いつもの習慣に戻りましょう。家に帰ったら、最初の数回のエクササイズは無理をせず、自分のフィットネスレベルに変化があったかどうかを確認する程度にとどめておきます。

そして、それに応じて調整しながら、休まずに続けていきます。自分でも気づかないうちに、きっと元に戻っていると思いますよ。


Image: VisualHunt, Dragan Grkic/Shutterstock.com

Beth Skwarecki - Lifehacker US[原文

訳:浅野美抄子/ガリレオ

swiper-button-prev
swiper-button-next