特集
カテゴリー
タグ
メディア

筋トレの効果を感じない…。スランプに陥っても、モチベーションを保つ方法

筋トレの効果を感じない…。スランプに陥っても、モチベーションを保つ方法
Image: Dmitri Ma/Shutterstock.com

たいていの人は、フィットネスプログラムをはじめてしばらくするとスランプに陥ります。

はじめたばかりのころは興奮しているので大丈夫ですが、何週間かするころにスランプがやってきます。

筋肉が強くなったことを実感するのに6週間ほどかかりますが、それまでの期間を希望を失わずに乗り越えるにはどうすればいいでしょうか?

1. 持ち上げる重量を増やしてみる

20180728-fitness01
Image: Visual Hunt

長く重量挙げに取り組んでいる人は、わずか1ポンド、2ポンドの重量を増やすのにも大変な苦労をします。

デッドリフトなどのムーブで試してみるとよくわかるでしょう。

僅かな重量を増やすだけでも進歩を感じられるはずです(当然ながら、正しいフォームでできているという確信がないかぎり、急に重量を増やすのはやめてください)。

2. 時間に挑戦する

反復回数が決まっていて、所要時間は自由に変えられるワークアウトをベンチマークとして1つ選んでください。

Nike Training Clubアプリでは、さまざまなレベルのベンチマークトレーニングがあらかじめセットされていますが、自分で作ってもかまいません。

懸垂に取り組んでいる人は、フレックスド・アームハングを試してみてください。ほんのわずかでもキープ時間を伸ばせればしめたものです。

3. より遠くまで走る

数マイルも走れば、走行スピードは頭打ちになります。それでOKです。速く走ろうとするかわりに、より遠くまで走れるかチェレンジしてみてください。

いつもは3マイルのところを、3マイル半走ってみます。

それを1週間つづけたら4マイルにします。その次は5マイルにしてみましょう。新しい走行距離をフィニッシュするたびに、「今までで一番遠くまで走ったぞ!」と喜びましょう。

4. スキルが必要なエクササイズに挑戦する

カヤックのパドリングや、ロープ・クライミングに挑戦したことはありますか? 音楽に合わせてバレエ・エクササイズをしたことは?

自分には少し難しそうなエクササイズを1つ選んで挑戦してみましょう。最初はうまくできなくても、繰り返しトライしてみてください。

5. 最近やっていないトレーニングをしてみる

しばらく1つの種類のトレーニングを集中的にやったあと、昔やっていたトレーニングが急に簡単になっていることに気づくかもしれません。

たとえば、重量挙げに数週間、あるいは数カ月取り組んだあと、短距離が以前より速く走れるようになっているかもしれません。

どんな短期目標も動機づけに使うことはできますが、他人や気象条件など自分ではコントロールできないものに依存するものには注意が必要です。

本当は速くなっているのに、暑さのせいでスローダウンしてしまっている可能性もあります。

自分に厳しすぎてはいけません。ただ、諦めずに続けていれば、そのうち成果を感じられるようになるはずです。


Image: Visual Hunt, Dmitri Ma/Shutterstock.com

Beth Skwarecki - Lifehacker US[原文

訳:伊藤貴之

swiper-button-prev
swiper-button-next