lifehacker

特集
カテゴリー
タグ
メディア

「Gmail」は送信メールに有効期限を設定できる

  • カテゴリー:
  • TOOL
「Gmail」は送信メールに有効期限を設定できる
Image: Bloomicon/Shutterstock.com

Googleは2018年4月、デスクトップ版のGmailに、新しい「情報保護モード」を導入しました。

メールに有効期限を設定することができ、それを過ぎると自動的に読めなくできるのです。

つまり、Gmailで極秘情報を送る場合(率直に言って、すごく安全な方法とは言えませんが)、情報保護モードを使えば、ほんの少し安全性が高まります。

Gmailの情報保護モードでできること

このモードを使うと、一定期間後(たとえば1週間後や1カ月後)にメッセージの有効期限が切れるように設定が可能。

送信者は、送ったメールへのアクセス権をいつでも取り消せます。また、メールをパスワードで保護することもできます。その場合、受信者がメールを開くには、SMSで送られたコードが必要になります。

「XDA Developers」によれば、Googleはこの機能をモバイル版『Gmail』アプリにも追加したようです。

情報保護モードの使い方

試してみたいですか?

それではさっそく、モバイル版の使い方をご紹介しましょう。AndroidでもiOSでも、やり方は同じです。

Gmailアプリを開いて、新規メッセージを入力します。右上にある「その他」アイコン(縦に並んだ3つのドット)をタップし、次に「情報保護モード」タップします。

jnrpvw8i9vtiekaceydh
Image: E.Price / Lifehacker US

情報保護モードを選ぶとメニューページが開くので、メッセージの有効期限を選んだり、パスコード(SNSパスコードを使用するか、しないか)を設定したりできます。気が変わった場合も、このページで情報保護モードをオフにできます。

これだけです。

送信したメールへのアクセス権をあとから取り消したい場合は、Gmailアプリを開き、ページ左上のメニューアイコンをタップして「送信」を選びます。

アクセス権を取り消したいメールを見つけて開いたら、ページの下のほうにある「アクセス権を取り消す」を選びます。

Gmailの受信メールからGoogleカレンダーに予定を入れる方法

Gmailのバックアップ方法と「.MBOX」ファイルの確認法


Image: Bloomicon/Shutterstock.com

Source: XDA Developers

Emily Price - Lifehacker US[原文

訳:阪本博希/ガリレオ

swiper-button-prev
swiper-button-next